ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チウンの「最近の臨時の頭の中に入る考えだね」

☆cine21.com
歌手は、オバマ氏ではないんですよ〜
e0109292_20542550.jpg

現職の歌手、国民の多数の要求の前に財布の心配をする




私は実際に話題の番組<私たちの日夜 - サバイバル私は歌手だ>(以下、<私は歌手だ>)を見たことがない。 関心がなくはない。 逆に、非常に関心がある。 番組が始まる前からの記事やインタビューをすべて読んだことはもちろん、起動後には様々な掲示板のレビューはもちろん、公式ホームページ視聴者掲示板にまで入ってみた。 それでも、この放送は見られなかった。 不快感を超えた恐怖似た感情がかかったからだ。 最近のプログラムのルールが変わるの騒動が起きて、インターネットに騒動がナトドラ。 この記事はその記事探して読んでいて、プログラムについての議論はさておいて、自分の仕事に対する人々の定義が私の考えとは大きく異なっていることを悟った。 ああ、私は知らなくても、このように知らなかったとは。 だから今週は<私は歌手だ>ではなく、『代替歌手が何か』についてソボルカている(そのためには見たこともないプログラムの話をしないわけはないだろう。フムフム、申し訳ありません)。

かつて私は、当初からこのプログラムの基本構造を理解することができなかった(私の無理解は時代錯誤のせいすることがありますので、ご理解になるように)。 どのように誰が誰を落として黒、心の柔らかい僕には到底できないみせ、という気持ちは絶対ではない。 私は、リアリティー番組、特にサバイバル系を非常に好む。 おかしくないか。 何かを叶えたいする人々が困難なミッションにフィヅルリミョ右往左往している途中、一日中ついて持ち歩くカメラにヒステリックな反応も見せて、ぜひ一人一人の悪女キャラが混乱を助長し、そうするうちにミッションの評価を受ける瞬間に感じられるのは、その緊張感と切迫とは。 審査員は、空のような存在、そしてその空は、参加者の発展のためという名分の下に(そして、私たちの楽しみのために)どのように残酷なのか。 <挑戦スーパーモデル>は、タイラバンクスのモデル志望生たちを台無しに、<アプローチレンTシャツ>は、ドナルドトランプが会社員の卵たちを台無しに、<偉大なる誕生>は、パンシヒョク歌手志望生たちを台無しに...。

これらのプログラムはさせられる代わりに、志望者たちの名声とお金とチャンスを与えることにそれなりに合理性がある。 ところが、このプログラムでは、何を与えるか、または。 すでに自分のスタイルを確立し、成し遂げた人々が改めて指摘され成長する部分があるのか​​、誰もが知っているヒット曲を持っている人々が改めて得るチャンスがあるのか​​。 すぐ隣のスタジオオーサー撮影するオーディション番組の審査委員の宝石用原石の上に座っても良いこれらを連れてきて...。これは21世紀末の価値の混乱である。 一種のカーニバルですか?

基準のない競演場で心配そうそう

やっぱり納得がいかない。 なぜなら、これはまるで、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ、ソル・ギョング、コ・ヒョンジョンを集めておいて舞台での演技を広げるようにしたし、視聴者の投票で脱落させるのと同じだからだ。 ところが、演技がどんな空中3回転を回せば加算点を受けるスポーツでもなく(そのような能力を持っている演技者なら武道映画のキャスティングに加算点は、確かに受けるが)何を基準に点数​​を付ける​​のかが問題なのに...人工涙で書き、まず最初に涙を落とす人の順。 オヨルハル時デシベル高く、顔が一番シポルゲジヌン人の順。 のようなシナリオでもそうそう涙を流す人いて、トルル涙一滴落とす人いて、その程度の演技鬼なら解析後には『間違いない』ではなく『相違』だけがあるはずなのに何の基準でその人々のいずれかをトルオトゥリンダンのかし...私は、プログラム開始前の数週間前から心配が並大抵ではなかったのだ。 まるで尊敬する先輩が危機に直面することをモンバルチソ見守る後輩になった気分で。

ところが、最初の放送が終わって、各種掲示板には、歌手たちの絶賛をドィドプヨトダ。 音源の販売も増えているとし、低迷している音楽業界の救援投手になってくれるプログラムという話も聞いた。 私は安堵した。 しかし、無料の中に必ず理解できない言葉が一つずつ持っていた。 "とても素敵な舞台でした。 このような舞台をどの位ぶりにTVで見るか"とか"鳥肌バンプができます。 また、どこでこのような舞台をみます。 ありがとう"などなど。 あれれ? TVで頻繁にしたんですが? 他のプログラムでたくさんしたんですが? より良い音響、バンド、環境でより上手ですが? 多くの人々が『今までどこにいたの?』という反応を見せたが、これまでのすぐ目の前で熱心にしていたと思った私は当惑した。 しばらくのリサーチの端に夜明けの音楽番組は、会社員や学生が見るにくく(なるほど)、そのためか、相次いで廃止となり、このような週末の良い時間帯に歌を歌いながら関心を得るには、「お前タルラクイム」カードの程度はコネノトアヤマンする事実を知った。 放送3社のうち残ったのは、<ユヒヨルのスケッチブック>ただ一つ。 控室トジゲトダ。

そして3駐車場にようやく素敵な舞台と絶賛に隠されていたサバイバルというカードが歯を現わした。 厳密に言えば露出が消したというか。 そしたらインターネットに嵐が吹いて近づいた。 歌手は、パニック、PDもパニック、そして視聴者の感情は、主に怒りだった。 今回は、文があまりこぼしなって二日かけてネットサーフィンをした。 様々な意見があり、整理するのが難しいですが、大体の曲がモトジョトゴプログラムが大事だっただけに、視聴者の喪失感がすごく大きい、原理原則が守られない社会のお茶の間にまで見なければならないなんて、すごく侮辱されたギブンイム、彼らは芸能番組に出る姿勢にならない人アクセスします、あんな靭性が少なくなった人の歌は聞きたくないこと、こんな感じだった。 実は私は放送を見ない人としての編集やプログラムのルールと流れ、視聴者との約束、このような部分はよく分からない。 多くの人が『この時間にあんな歌を聞くことができるだけでも幸せだよ』としたので、サバイバルの部分には関心がないと思った。 おそらく製作陣もそうだろうか。 サバイバルプログラムでサバイバルをしないと、理想ですが、製作陣は、その部分を単にデバイスだけ考えてやったかよりも。 そういえば、勝者もなく、確実に賞金やデビューのチャンス(?)を与えることもないからだ。

とにかく私にショックだったのは人々が歌手という職業に要求される事項が非常に多かったという点だ。 歌がお上手だからデリケートな感性が必要にはもちろんのこと、急変する状況に冷静に対処できる理性も求められますし、どのような精神的衝撃にも、落ち着きを失っていないとした心と公職者を超える原理原則を守る姿勢に、 12時間の録画に耐えられる体力と笑顔を絶やさず優しさ、そして続けてあるカメラを相手にする必要があるムドンハムマジョばならなかった。 どんな...大場MEは? 社会生活のさまざまな刺激にムドンヘジギのために努力する過程ならば、音楽の生命は、複数の刺激をより深く感じて抱く、その結果として音楽を出すことだと思っている私としては、この要件に納得することができなかった。 鋭敏な感性パーツ一つ支えるだけでも、毎月の漢方薬の値が数十万ウォンずつ崩れている。 あれもするハンヤクガプ数百万円は割れるだろうから、私は拒否するしかない。 しかも行わ内面昇天するか怖いです。

サバイバルの概念が消えたことをめぐり、視聴者の権限が消えたと考えるならば大きな間違いだ。 歌手が歌をfalseにすると、聞く人よりも、他のことをより重視すれば、どうすればポケットからお金を掻き集め出そうかを考えれば、まさにその時の歌手が視聴者を水で見た瞬間であり、また、視聴者が怒りをしなければならない時である。 芸能人が芸能をおこがましく見るとバッシングされて安い。 歌手が音楽を笑えるように見ると、バッシングされて安い。 ここに出てくる人々は歌手なのか、芸能人なのか。 答えは番組のタイトルに記載されている。 彼らは歌手だ。 番組のタイトルが高さのパラドックスがなかったとすればだ。

文:チウン( ミュージシャン )

イラスト:ガンボナ 2011.04.08
by kazem2 | 2011-04-10 20:54