ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[映画を読む] 死は生を発見する

☆cine21.com
多少地味に見える巨匠の新作クリント・イーストウッドの<ヒアアフター>を凝視すること
e0109292_21342884.jpg

                     <ヒアアフター>






確かに前作に比べれば、結末が投げかけるムクジクハムイ少ない。 感情の波を表面に現していない、落ち着いた目線で説得力のように捉えるの腕前は相変わらずだが、<ミリオンダラーベイビー>や<グラントリノ>のように凝縮させて爆発させない。 見るにタラソン退屈している地味なエンディング。 <ヒアアフター>のどこか空いていて密度の低い話は、穏やかな中で、いつもイルロンゴリヌンエネルギーをパクパクハルほど満ちておいた、前作とはかなり異なっている。 ただ呼吸を均等にする巨匠の静かな一歩だから元三亜も良いし、まったく変更されていないピーターモーガン(<クイーン>と<プロストvsニクソン>の作家)脚本の影響のせいにすることもできる。

しかし、ただの雇用監督の位置に忠実にしただけだと思って惜しさをなだめ期には、クリントイーストウッドは、全く堅い。 特有の安定感のある演出力を言うことはない。 この映画は、単純に痛みの克服は、死を通じた人生の肯定的な、希望のメッセージを転送するためにとどまっている場合は、ただの巨匠の凡作を惜しんで軽く失望すれば良いことだ。 しかし、私はこのコジャンコ持ったノインネが生と死の問題をそのようにジョゴンジョゴン吟ずることに満足したという事実をなかなか信じることができない。 地味な結末を目撃した後にもずっと脳裏をメムドルミョ蘇る、どのような印象、物語として完成されている感情の爆発とはまた別の種類のムクジクハムウル様々な信頼は確信に変わった。 サセクジョク演出が際立つ、この映画を何度もゴプシプゴ私は、後になって、前作よりもさらにダンダンヘジン根の先端が少しずつたどっている。 <ヒアアフター>は、高低のないドラマではなく、イーストウッドという巨木の根が向かう方向に注目すべき映画だ。

成長とともに忘却されている死
<ヒアアフター>の世界観は、イーストウッドが認識する世界の延長にあることが明らかで、人間を見つめる彼の暖かくても熟視的な視線も相変わらずだ。 人と人生に対する彼の同情と愛情は、常に死と接している。 死に対する彼の昔の関心は、前作<グラントリノ>も露骨に表れている。 自らの死という十字架を背負いられることで人生を完成させた<グラントリノ>のウォルト(クリントイーストウッド)は質問する。 "死とは何ですか? それは終わりなの、それとも新たな始まりですか? 今までの人生は何ですか?"ここで明らかなのは、生より死の方に近い老将の焦点がいつもの生活に合わせられているという点だ。 彼の視線はいつも生きている人たちを向ける。 山者は、死者の世界を知ることがないにも答えのない問いを繰り返しているのは、死という鏡を使って人生を向き合うことができるだろう。 苦痛も、煩悩も、絶望も、悔恨も、すべての残された者の分け前わけに死が何であるかという質問には当然生が何人ガランこだまに戻ったわけだ。

それでは、ここでの一の疑問。 人生を熟視するさまざまな方法があるにもイーストウッドが、あえて死を使って人生を喚起しようとする理由は何か。 <ヒアアフター>は、この問題について比較的明確に回答する。 それは私たちがいつもの死を無視しているからだ。 幼い頃は誰もが一度は死に対する漠然とした恐怖に夜の眠りをソルチン経験がある。 長い夜、自分があらゆるものから断絶されている離散的な存在であることを自覚して絶望の時間。 しかし、我々は、いわゆる『成長』という言い訳と一緒に死の影を日常で消してしまった。 解決できなかったの宿題は、悪夢のようによみがえって私たちを押しつぶしてありますが、私たちは、その重さすら気付かない。 忘却という名の麻酔薬を打たれ、日常を生きる彼らは死の恐怖から解放される代わりに、現在の生活にも鈍感になる。 自分だけは死からの自由は、根拠のない盲信。

アナウンサーのマリー(セシルドゥフランス)をめぐる放送局の人々がちらりと見せるには、機械的な非人間性はそこに起因する。 私はこの映画は、死に関する衝撃的な現実に適応できない人物が、お互いに会って傷を癒し、希望を発見する話だと思っていない。 津波の死を経験した匹、死者と対話することができるジョージ(マットデイモン)、自分の半分のような双子の兄を失ったマーカス(フランキー、マクラーレン)が死を正面から凝視していてこそ、むしろ肯定的である。 ただ彼らは、死という巨大な真実にしばらくモクモクヘジョいるだけだ。 死を無視したまま生きて行く他の人は、他人の死にも麻酔して「今、ここ」ではなく、来ないかもしれない未来に焦点を合わせる。 しかし、想像もしにくい深淵を凝視してこそ初めて、まともな意味で、次のペースを剥がすことができる。 死から生への連続、または生から死へのリンク。 まさにこの『つながり』こそ、この映画が訴えている重要なポイントの一つである。

人生は死に向かってつながっているように人々はお互いに関係を結び生きていく。 パリの羽が東南アジアでの津波を経て、サンフランシスコのジョージは、死者のために買った人たちとの関係を継続しておらず、ロンドンのマーカスは、型の帽子のおかげで、地下鉄テロを免れることは死を、ある瞬間に、誰にでも平等に広がってていることを想起させる。 死による全地球的に接続。 ボピョンタな絶対的な真実の前で三人はお互いに会い、一人ではないことを自覚する。 一見乾燥してお互いを発見する、この映画のエンディングは、ただそれだけで断絶された世界を回復させる。 そして、その時はドラマを必要としない。 劇的な感動でなめらかに縫合されている時、それはまた極めて『映画的なもの』になっていたので、現実との断絶をインポートだ。

ゴリヅギを介して、カメラの倫理
序盤の津波のシーンは、2011年アカデミーシガクヒョグァサン候補に上がるほど圧倒的な現実感を誇る。 実際に津波に見舞われるような緊張感を呼び起こす、この場面のおかげで、日本では上映が中止されたりした。 ロンドンでのマーカスの双子の兄が、不良少年たちを避けて逃げる交通事故に遭う場面もこの映画の中で最も濃い悲しみの感​​情を伝える。 ドラマ的に見ると<ヒアアフター>の特異な点は、序盤はむしろ映画的に、最も生き生きと活力にあふれているという点だ。 死とは程遠い人物たちが死を認識する領域に入って来たときの映画は、『リアルに』その瞬間を構成していく。 正面から襲う津波のシーンのリアリティは、しばらく前にTVで見ている日本の大地震の津波の映像を、むしろ偽物のように感じるように作ってしまう。 死の瞬間が生々しいほど、それはスクリーンの向こう側でよくジョプハドン快感の領域に留まる。

しかし、イーストウッドは、少なくとも映画が現実のふりを望まない。 が現実よりも現実のような序盤のシーンが過ぎ去った後、映画はこれといった事件をネセオジにこつこつと一定の速度で距離を置いたまま、3人の人物の日常を熟視し始める。 特に、忘却された死を凝視し始める匹とマーカスとは異なり、最初から死の領域に埋没しているジョージは、初登場以来、強力なコントラストと暗い色調を使ってシルエットをシーン化する。 一方の静止画像を見るような退屈なシーンの連続。 構図的に黄金比を合わせて高速なカットで、一定の速度を繰り返している画面は、安定感よりも距離感をかもし出す。 正面から人物の表情を凝視するのではなく、いつも誰かの後ろの席にカメラを留まることにするか、他の映画に比べてほとんど俯瞰シーンが多いのはやはりイーストウッドが世の中を眺める視点がそうだからだ。 が推測される頑固な賢者の目はいつも『今、ここ』に焦点を合わせたまま、暖かく、そして少し離れて、世界を凝視する。

死と死後の世界を素材とする<ヒアアフター>には、死の具体的かつ直接的なイメージを提示しない。 死とは、生きている私たちにはまだ不明だ。 それでは、どのように見せてくれるのだろうか。 単純だ。 言いようのないものについては述べていないこと。 イーストウッドは、それがカメラの倫理的であり、再現のオンダンハン態度だと思っているようだ。 カメラは、画面に何かを設定するにハギボダン空にするためにエスミョ最大限の人物との距離を置いて、観客が没入せずに推測領域を作成します。 そのような生を持続させる人物たちが作りだしたの痕跡は、蓄積されて初めて、普遍的な人生の厚さを込めて出すのだ。 私はこの映画の最後の瞬間を肯定しておきたいのはこのためだ。 もちろん、その豊かさは私達がそれに近づくために映画を反芻する時にのみ、私たちとつながることができる。 生と死。 連続と不連続。 関係とつながる。

文:ソン・ギョンウォン( 映画評論家 )2011.04.07
by kazem2 | 2011-04-09 21:34