ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホン・ジュノ監督 第64回カンヌ映画祭新人監督賞部門の審査員長に!

☆Festival Cannes.com
☆newsen.com
e0109292_8525556.jpg




[ニュースエン=ホン・ジョンウォン記者]

ポン・ジュノ 監督 は、今年のカンヌ映画祭ファングムカメラサン(Camera d' or、新人監督賞)審査委員長に 選ば れた。

映画祭事務局側は7日(現地時間)、ポン・ジュノ監督の第64回カンヌ国際映画祭ファングムカメラサン審査委員長に委嘱したと正式発表した。

審査委員長に委嘱されたポン・ジュノ監督は今回の映画祭で新人監督に贈られるファングムカメラサン審査を統括することになる。 金のカメラ賞は、 コンペティション部門 の注目の視線は、批評家週間、監督週間など、カンヌ映画祭全部門に 招請 された長編を 演出 した新人監督の1人に与えられる賞の審査委員長がカンヌ映画祭閉幕式の日である5月22日本賞 授賞式の ときに直接授賞する。 それだけの権威を認められる賞だ。

一方、カンヌ映画祭側は、すでに 俳優 ロバート・デ・ニーロがコンペティション部門の審査委員長として、エミールクストリッツァ監督が注目に値する視線部門の審査委員長で、ミシェルゴンドリー監督の 短編 映画部門審査委員長に任命した。 また、2009年のカンヌ映画祭の公式コンペティション部門の審査委員を務めていたイ・チャンドン監督は、今年には、 批評家週間 の長編審査委員長に委嘱された。

第64回カンヌ映画祭は、来る5月11日から22日まで 、フランス 南部の リゾート都市カンヌで開かれる。

以下 は、カンヨウンファジェガポン・ジュノ監督を審査委員長に委嘱され、発表された専門家である。


監督兼シナリオ作家であるボン・ジュンホヌン監督になる前の大学で社会学と映画を勉強した。 彼は初の長編映画『フランダースの犬』(2000)で酷評を受けたが、次の作品である『殺人の追憶』(2004年)で、韓国での興行と大衆的な人気を得た。 この映画は、フランスの『コニャックポリスフィルムフェスティバル(Cognac Police Film Festival)に招待され、彼に最優秀監督賞を抱かせた。 彼は2006年のカンヌ国際映画祭監督週間で上映された『グエムル』を使って』のジャンルの映画を芸術的な境地にあげた監督として国際的な名声を得ることになった。

彼は『東京!』(2008)でカンヌ国際映画祭の公式部門(注目に値する視線)に招待された。 この映画は、レオカラクスとミシェルゴンドリー監督が一緒に作った3部作のオムニバス映画だ。
2009年には、注目に値する視線部門に『マザー』を出品した。

ボン・ジュンホヌン審査委員長として、ブルーノデュモン(Bruno Dumont)、アッ​​バスキアロスタミ(Abbas Kiarostami)監督の足跡を付き添われた。

金のカメラ賞は、コンペティション部門の注目の視線は、批評家週間、監督週間など、カンヌ映画祭全部門に招請された長編を演出した新人監督の1人に与えられる賞の審査委員長がカンヌ映画祭閉幕式の日である5月22日の受賞者に直接お届けする。

( 写真 =カン国際映画祭 公式ホームページ )

洪man@newsen.com
情報提供および報道資料newsen@newsen.com
[2011-04-08 03:29:04]
by kazem2 | 2011-04-08 08:53 | Movie