ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【中島哲也】"原作の難点が新しい映像表現を可能にした"

☆cine21.com
e0109292_20315114.jpg

                    <告白>中島哲也監督




2010年に日本で最も熱い映画<告白>が韓国封切りを控えている。 みなとガーナのベストセラーの原作を映画化した<告白>は原作を忠実に応じながらも原作よりも優れた成果を遂げた、まれな例として挙げられるに値する。 幼い少女の死を取り巻く登場人物たちの一人称の告白とナレーションで構成されたこの作品は、非常に多くの言葉を聞かせてだが、その言葉は(意図していた)相手にガダトジことができずに散らばる。 その哀れな感じは小説よりもはるかに緊張していた。 涼しく熱い映画、<告白>を作成した中島哲也監督に書面でご不明な点を聞いてみた。


- みなとガーナの原作小説を初めて読んだ時の感想を話してくれ。

=原作をすぐに読み、登場人物すべてが孤独で人間的なので面白かった。 その頃、他の小説もたくさん読んで見たが、ストーリーが素晴らしくても、『ああおもしろいね』程度のヌキムマン持って登場人物が頭の中から消されてしまう場合が多かった。 ところが、<告白>の人物たちは頭の中にずっと住んで、次の映画は、それらを撮りたいという思いが自然に与えることを許可した。 登場人物が魅力的でしたが、彼らについてもっと知りたいと思い、会いたいと思った。

- 主人公たちの一人称の独白で構成された原作を映画化しながら、長い独白やボイスオーバー形式を避けてはいない。 それでも、小説と比較したときの印象が大きく変わった。

=原作全体が独白で行われ、圧倒的に大量の言語を持ったというのが難点だったが、難点は、いつも誰も見たことのない新しい映像表現に導く案内者の役割を果たした。 『難点』は、私には『可能性』と同意語だ。 私はいつも映像化は難しいような素材を選択する。

- あなたの原色的な前作とチョンフェセクエ近い色合いのみで構成されているが、全体的な印象は、むしろもっと派手だ。 側面や正面のクローズアップには絶えまなく行き来するリズム感は、ガスヴァンサントの<エレファント>を連想させたりもする。

=映像スタイルは、その作品の内容から出てくるだろうし、作品が違えばスタイルも変わることは当たり前だと思っている。 <告白>はされるように色を消し、涼しい空気感(空气感)を表現するブルーと血のブルウンセクマンドドゥラジドロクコントロールしなければならないと考えた。

- 森口裕子という人物のオクヌルリン怒りをどう表現するかについて、松たか子とどのような相談をしている。

=脚本を書きながら、森口先生は、本当に難しい役になると予測した。 その役をする人は、松たか子しかないと思っていた。 松たか子が主人公をすることが、私はこの映画を撮るの必須条件だった。 もし彼女が承諾しない場合は、この映画は、起動することができなかったのだ。 森口先生は、明らかな感情表現をしていない人物である。 感情の動きは格下だが、それを現していないくらます。 松たか子なら、それを目の中に表わすことができると考えた。 第1章で森口先生は、教室で学生たちに向かって話をしながらも、実際には何も話をせずにいるのだ。 胸の中には揺れているけれど、冷静なふりをする。 この場面を演じる俳優は『隠された演技をしなければならない。 それは本当に難しい演技だ。 実際に現場では、演技のすべてを彼女の判断に委ねた。 森口先生が時々露出される感情の興奮を、目つきで表現してください...この厳しい要求を孝子はやり遂げた。 とてもテクニックが優れており、大変学ぶ。

- 原作では、より中学生たちの性格がはるかに生き生きと感じられる。

=子供たちの場合は、演技経験はほとんどなかったが、最初からシューヤ、直樹、水のような姿を持った子供たちをキャスティングした。 もちろん、殺人を犯すほどの子供ではないが、直感的にキャラクターと一番よく似合うと思われる子供たちをキャスティングした。 そして、撮影に入る前に、子供一人一人と話を交わした。 もし、実際に自分ならどう行動するかを、それぞれ真剣に考えていた。 自分自身だけのつもりで撮るのではなく、一緒に話をして得られた結論を映像でリアルに反映した。 13サルチャリドゥルイ真実だということを映画の中に入れてと思った。

- 映画の中の裕子の最後のセリフが気になる。 小説になかったその台詞をどう解釈するかに応じて、優子の結果は、とてもたくさん変わってくる。

=この映画は全編が独白で構成されている。 登場人物たちがとても熱心に話をする。 本音を吐露しているように見えても真実を話しているという保証はない。 人間の言葉とは必ずしも真実であるとはいえない。 原作を初めて読んだとき、単純に書かれている言葉を額面そのまま受け入れた。 ところが、再び読んでみると'この部分は嘘ではないか』とか『この人物はずっと言い訳​​をしているのね』とか色々な考えをするようになった。 そのような部分を最後まで掘り下げて推理しながら脚本を執筆した。 正解は私も知らない。 結論は出なかった。 <告白>を見ることになる一人一人の登場人物が表現する言語を疑うことで、むしろ登場人物の本当の感情を調べることを願うばかりだ。

- 今後の計画が気になる。

=現在の観客に通じることができる『無声映画』を作りたいと思う。 これが今の私の純粋無垢な夢である。

文: ギム・ヨンオン2011.03.31
Commented at 2011-04-07 21:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-04-07 23:15
☆21:57の非公開ちゃん
こんばんみ~^^

楽しみな映画が見れないのは 悲しいね

自粛?それとも壊れたからかな



映画館のあの空間に居ると落ち着くんだよね


私は何かあると映画館に行ってたような気がするから

今回のような時は絶対に必要な空間だわ

早くオープンするといいね


そうらしいね

夏まで計画停電はないらしいね

よかったね~^^

電気は生活の基本になっているから。

ところで 話は変わるけど タビオの靴下はいいらしいよ
靴下屋というお店で売っているらしい



by kazem2 | 2011-04-07 20:32 | Comments(2)