ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「Naver Let Me Go」シネ21レビュー

☆cine21.com
クローン人間、彼らの生活の中での存在論的な悩みをする
e0109292_1957529.jpg

                        <Naver Let Me Go>



『SFの設定』が必ずしも科学的理論、技術そのものを中心に構成された種類の『ハードSF』だけを意味するわけではない。 一夫石黒の美しい小説<私送らないでください>と彼をベースとしたマークローマネックの映画<Naver Let Me Go>は、SFジャンルの中でどのように広々とした世界観やテーマが可能かどうかを示す例だ。

1952年の医学界では、不治の病の新しい治療方法を発見した。 1962年の人類の平均寿命は100歳を越した。 1978年、イギリスの寄宿学校ヘイルショム。 キャッシュ(キャリー・マリガン)とルース(キラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)は、ここに来たのがいつからなのかもしれないながら一緒に成長する。 外の世界と徹底的に分離された、ここの学生は、臓器提供を目的として人為的に生産されたクローン人間である。 思慮深く物静かなキャッシュには、敏感な少年トミーに好感を感じるが、二人の関係を見守り、嫉妬を感じる国がトミーに先に愛を告白する。 以来、16年の間に三人は、病気の愛と別れを重ねている。

手首に接続されたどのようなマーカーを出入証のように使用するどのシーンを除けば、映画の後半にちょっと登場する『寄贈』の凄惨なイメージを除けば、これらは非常に平凡な青春だ。 自分たちを作り出した存在である'プロバイダー'が果たして誰であろうか気になっていながらも、"私のような存在は麻薬常習者、売春婦、貧民、受刑者から複製されたんだ"とひどい自虐に陥って傷つく。 人生を果たして私は、必要に応じて買うことができるか、私はなぜ生きる価値がないという感じにサロジャプヒルカ、私を人間化することは何だろうか。 キャッシュは、ルース、トミーが絶えず思い浮かべるの質問は、青春の混乱を経て、これらのすべてよく知っている挫折感のある裾である。 ただし、これらが大人に住むことができる時期は、非常に短いので、いつも死を既成事実化する無気力さが顕著だ。

<Naver Let Me Go>はすっごくオクヌルリン情調に一貫している。 人間を脱出させるとする目的のために命を得たので、その目的に適合するように住んでいるのが自分の運命だと受け入れる諦め。 キャッシュとルース、トミーは、まるでギリシャ悲劇の主人公たちのように生きていく。 お互いの本当の愛を見つけられるように、自分の幸福を放棄し、"クローン人間にも魂があるか知りたかった"は、人間の不人情な好奇心に向かって、獣のような叫びに応じることで、彼らは"私たちとあなたたちの違いは何ですか"という必死の抵抗を表するだけだ。 "クローンという素材の魅力は、読者たちに、すぐに『人間という存在が何を意味する'とドゥェムトゲすることができるという点です。 それはドストエフスキー的な質問の世俗的なバージョンでもある。 魂とは何か"(一夫石黒)

どうしても原作との比較を避けることができない。 ほとんどの海外メディアは、<Naver Let Me Go>が一夫石黒の深さを損なわないまま、微妙なニュアンスをよくサルリョトダゴ好評だった。 ただし、最も大きな変化につきましては、ついても渡されることができない。 原作ではヘイルショム寄宿学校の生徒たちがなぜそのように健康を維持するのか、なぜ学校の外に一歩も出ることができないのかについて、常にあいまいな手がかりを流して中盤まで謎のままです。 また、クローン人間の学生たちにとっては、一般的な人間の先生たちの対照的な態度を詳細に記述することで、後半部の主人公たちの葛藤をもっと鮮やかに照明する。 しかし、映画は最初から三人の主人公の三角関係を重要な葛藤に置き換える。 自分の運命にかすかハゲナマ抵抗した自尊心の強い国は、『一人で残されるのが怖くて『愛を奪うの利己的な女の子として描かれる。 自分の『創造力』について、子供の頃から疑問を抱いてきたトミーは、二人の女の子の間であいまいな態度を取ることで運命の葛藤を翻訳する。 クローン人間の悲しい運命を『合理的』受け入れ、苦痛を表に現わさないのキャッシュは、厳密に言えば、彼女を取り巻く映画の設定自体が過度に縮小され、残りの自分が熱望することを観客にきちんと説得することができない。

"私たちの生活が私達が救った人間たちの生活とそのように他のか確信ができないだろう。 私達はすべて、その人生を最後まで生きて出した。 おそらく、私たちの誰も、私達がギョクオネン歳月が何を意味するか理解できなかっただろう。 あるいは誰かは十分に住んでいたと感じてもなかったはずだ。"原作にはなかった映画のエンディングのこの台詞が小説のテーマを優雅に含みながら、観客の心をジョリトハゲ作成しますが、脚色の過程で、その存在論的な苦痛が三角関係の限界を超えて、デバイスを使用してよりよく出てくることを期待する惜しさが残る。 そう思うのなら、この映画は傑作となっただろう。

文: ギム・ヨンオン 2011.04.06
by kazem2 | 2011-04-06 19:58