ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「クィック」ゲームになる!?

☆news.nate.com
ナム・グンフンCJ E&M Games代表"5月の未公開の新作発表"
e0109292_14543646.jpg

☆「クィック」ゲーム化の記事



[デイリーゲーム=グァク・ギョンベ記者]

CJ E&M Gamesが5日、上岩洞CJ E&Mの中心で、ネットマーブル2011年の新作との戦略発表会を持って、今年のサービス予定商品15種を含む新作21種を公開した。 また、買収した開発会社を内部のスタジオに転換させ、着実に開発力を確保し、2013年までに海外売上高比率を30%以上引き上げるという計画を明らかにした。

これらのゲーム以外にも、ナム・グンフンCJ E&M Games代表は、自身が直接海外でソシンハンゲームも近いうちに記者懇談会を通じて公開するという計画も伝えた。 再契約日が来る『サドンアタック』の場合、ネクソンと引き続き交渉しており、『サドンアタック2』は開発が遅れていることを明らかにした。

記者懇談会で出た質問と回答を以下にまとめた。



Qサービススケジュールは、試験サービスの基準である。

Aはい。 上半期と下半期に分け、試験サービスに突入する計画だ。

Q A4の開発はどのように進行しているのか。

Aよく開発している。 A3の続編のように見えるかと思っ多くの部分に力を入れている。 近いうちに公開することができるものと考えられる。

Q 2013年に海外売上高の30%はどう上げるのか。

A国内市場はポファダ。 ゲームメーカーにとって根本的な成長のためには、海外進出が不可欠である。 海外進出したいという気持ちがあってもコンテンツがなかった状況なので、今日紹介してくれたの作品が海外に進出することができる『武器』と思われる。 理想的な財務構造は、事前の企画だけで製作コストを確保して製作するのが正しいと思う。 これが、内部のスタジオの目標だ。

QモバイルとSNSについての説明がなかった。

A、内部的に準備中だ。 E&Mの映画や放送などと統合シナジー効果があると判断している。
本日の発表は、内部のスタジオシステムとゲームのサービスにフォーカスを合わせたので、携帯電話やSNSサービスは省いた。

Qサドンアタック再契約の一つ。

A定番の質問です(笑)。 回答させていただくことができる部分も同じように、本契約の方向性について合意しており、簡単に結論が出そうにはない。 ただしFPSジャンルと関連しては持っていた優越的地位を継続して維持したいと思い、『サドンアタック』のサービス継続したいと思う。

Qサドンアタック2がラインナップから落ちた。

Aゲームのハイとパブリッシング契約になっている。 シンプルだ。 開発会社で、まだ制作中だ。

Q海外での南宮代表がソシンハンゲームは何か。

A 5月中にスケールのように発表しようと大切にしていた。

Q KingdomリーズとハウンジュヌンNEXONやサービスについて、整理ができています。

A契約関係は、ゲームのハイとネクソンが契約になっている。 片付いていないとなった。

Qジャンルの重複が激しいようだ

A同じ月に、同じジャンルのゲームをサービスすることはないだろう。 このようにジャンルの重複を避ける考えだ。

Qプロ野球のタイトルスポンサーをあきらめることに50億ウォンの予算を用意した。 今年のマーケティングに投入されるが。

A両方とも使用したいと思う。 そのようにしようとずっと言っている。

Qグループの相乗効果の部分についての説明をしてほしい。

Aの全部門にわたってシナジーを出したい。 Mnetの音楽、メディアの映画などと合わせて「七鉱区」の映画が出てくる主人公のハ・ジウォンがFPSのキャラクターにしたり、映画『クイック』は、モバイルで開発しやすいIPだ。 このような方法で活用していくのだ。 映画、音楽、放送前の部分にかけてのゲーム部門が先導していくのだ。

Qチャネリングの計画は。

Aドラマとやオンラインを現在している。 良いゲームの場合、無条件にする。 メディア、Webを介してPC部屋の営業力まで提供している。 アリーシャーの場合は、PCルームの営業は、メディアのWebがする。 そうCJ E&M Gamesは、中小開発会社に、ビジネスツールになるようにするのが夢だ。

Q実績がたくさん悪くなった。 どのような計画を立てているのか。

A直接の言及は非常に困難な質問である。 結局、ネットマーブルの発売以来、最も多くのゲームを出す一年になるだろう。

Q費用の負担が大きい。

A昨年の買収過程で、新株発行をたくさんして資金力がまともな方だ。 開発会社側の費用が足りないと言う場合は今のところない。

Qマーケティングに浮かぶがその後壊れたのゲームが多い。

Aゲームの質的な部分を出版社がどのように引き上げるかについての悩みが多い。 広告のみをすることが、パブリッシャーの役割ではない。 ゲーム性を分析するのに時間とボールをたくさん入れている。 これを改善するために力を入れるのだ。

nonny@dailygame.co.kr

デイリーゲーム 原文 記事転送 2011-04-05 16:32
by kazem2 | 2011-04-06 14:59