ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ムービーディック]ひっそりとして、寂しくてなんだか悲しく

☆cine21.com
<Never Let Me Go>の原作者石黒一夫について知りましょう
e0109292_20205047.jpg





Q1。 一夫石黒は、日本の作家です。

A. 生まれたところイルボンイルだけです。 1954年の日本の長崎で生まれ、1960年の海洋学者だった父の仕事のために家族みんなで、英国に移住しながら、ずっとイギリスに住んでいたんですよ。 彼は明らかにイギリスの作家です。 "もし自分の顔写真を載せていないままのペンネームで小説を発表している場合は、誰も僕に『日本的なもの』に頼んでいないのに"今までに<薄いの丘の風景>(1982)、<浮遊する世界の芸術家>(1986) 、<残っている日々>(1989)、
<上に受けることができなかった人々>(1995)、<私たちが孤児だったころ>(2000)、<私に送ってよ>(2005年)などの長編小説6冊の短編集<ノクターン>( 2009)を書きました。 ブコサンの合計四回ノミネートされており、1989年<残っている日々>にブコサンを受賞しました。 2008年<時間>から選んだ'1954年以降で最も偉大なイギリスの作家50人』のうち32位に上がることもしたんです。 このリストには、ジョージオーウェル、ウィリアムゴールディング、ドリスレッシング、JRRトールキン、アンジェラカーター、CSルイス、ジョンルカレなどが名を上げました。

Q2。 なんか名前が顔なじみですよ。 もし一夫石黒の作品の中で映画化されたのがいないんです。

A. はい。 今回公開されるマークローマのネックの<Never Let Me Go>に加えてジェームズアイボリー監督の1993年作<残っている日々>を覚えていますか? 1930年代の激動するヨーロッパ社会を背景に、すべての私的な感情を拒んだまま、主人に忠誠を捧げるの執事スティーブンス(アンソニー・ホプキンス)、スティーブンスを愛していたが、結局他の男と結婚するメイドミスケントン(エマ・トンプソン)をめぐる悔恨を描いたんです。

Q3。 一夫石黒の作品は、どのようなスタイルですか? 他の有名な作家たちと比較してくださることはできますか。

A. 彼のキャラクターたちは、ほとんど『今の自分'をヒョンソンヘオン過去を受け入れるメルランコールをした諦めの貞操をチプニダ。 彼らの魂は辛いこそすれあらゆる明白な解決策や積極的な意志を示すよりも淡々と自らの状況を確認するチョクイジョ。 評論家たちはこれを置いて、日本的な'​​モノノアワレ'正祖(ひっそりして寂しいし、なんとなく悲しい気持ち)の反映だと解釈したりもしたんですが、上にも言ったように作家自身は、日本的な色彩と解釈されることをあまり好きではありません。 谷崎純一郎を除いて、日本の作家から影響を受けたことはないとする彼は、むしろ小津安二郎や成瀬幹夫などの日本映画をよく耳にする方です。 この他にも、英国の作家イアンメキュオンウル置いて、"私の20代に登場した作家の中で最も戦慄を醸し出した人"と表現したりもしたんです。

Q4。 作家も映画を見ましたよね? 心に入ってしたのでしょう。

A. もちろん、どのような作家たちは、自分の小説が映画化されることを最初から防いでしまったり、映画が作られても観覧自体を拒否し、アレルギー反応を見せたりもします。 しかし、一夫石黒はそのくらいに不機嫌な作家ではありません。 かつてのラジオ放送劇作家を夢見たほど、​​彼は文字や映像が全く別の分野ということをよく知っており、小説の本質が破損していないまま残っているという確信を持っているので、開かれた姿勢で映画を接することですよね。 もちろん、彼は<Never Let Me Go>を見ました。 "ニュアンスをうまく生かした俳優たちの解釈のおかげで、私は紙の上で生み出したキャラクターたちを、むしろよりよく分かるようになった"と賞賛していた一夫石黒は、特にキャッシュ役のキャリーマリガンに感嘆を禁じえなかったという裏話です。 "マリガンは、驚くほど静かな信念と、キャッシュのしっかりした禁欲主義をよく伝えている。"

文: ギム・ヨンオン 2011.04.05
by kazem2 | 2011-04-05 20:20