ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このコンビを聞けば何かが違う!

☆maxmovie.com
e0109292_118315.jpg




<マックスムービー=ベクジョンヒョン記者>
これらが表示されたら、何が違っても異なっている。 スポーツの試合でライバルの試合がそうであるように、映画でも名前だけで、期待と好奇心を刺激する幻想の組合せがある。 名コンビという名前で別の兄弟という名前で映画版を牛耳る彼らの話を注目してみた。

俳優 - 俳優、団結笑わせる
e0109292_1050126.jpg

演技の神とコメディの達人に会えば、何が? 実は2000年に登場した<ミートペオロンチュ>は、そもそものイベント性の映画それ以上でも以下でもなかったのかもしれない。 1992年に出たの原作は、自国でも歓迎されていなかった作品だったし、職人の技と義理の息子との出会いも大きく興味を引くだけの素材がモトドェトダ。 スティーブンス・ピルバーグ監督が企画し、ロバート・デ・ニーロが製作したので、両方の巨木の愛嬌混じり外道ほどだという判断が下されたということだ。 しかし、そのように公開された映画は、正常に大ヒットを放った。 たいした奴いないようだったオンソ支間のストーリーは、ベンスティラーとロバート・デ・ニーロの表情を借り、私自身ものすごいコンビ劇となったのだ。

ベンスティラーとロバート・デ・ニーロの奥妙な調和は、映画の中でもそのまま​​つながって愉快な瞬間を作り出す。 CIA出身の厳格な職人が粗雑な看護師の義理の息子を精神的な釘当然に考慮され、義理の息子がそのような職人のベベツイスト審査を理解できず、醸し出す騒動劇なのに笑いを我慢するのが容易でない。 強気のロバート・デ・ニーロの演技がコメディでもかなり有効なもののことをのぞくのが楽しく、デニーロに対抗しながらも、自分のマンガであることを遺憾なく見せてくれるベンスティラーの存在感が改めてすごく感じられる。 今回の<ミートペオロンチュ3>が面白いのは、映画に付いたサブタイトルのように』の義理の息子の逆襲』が始まるということだ。 前編でこだわりの強い職人の前で途方に暮れていた義理の息子「グレッグ」はもう堂々と彼の目を見つめながら、警告をし、挙句の果てに殴り合いまでも不滅である。 二人の結末が気になるしかない理由だ。

<ミートペオロンチュ>シリーズの二人が競合しているキャラクターの中で楽しみをドラッグして、出したら<不合理なエイリアン:ポール>の二人は、まさに幻想の呼吸を誇る。 マニアスロプギ極まりない二人の俳優サイモンペグワニックプロストゥダ。 この『不合理』と『熱い』二人の男はバカ気質でいっぱいであり、わいせつペソルを躊躇が、確かに笑わせてくれる。

サイモンとニックはお互いに離しては説明が不可能な俳優だ。 エドガーライトのパロディゾンビ映画<夜明けの不合理な呪い>に伴う出演して初めて世界の注目を集めている作品ごとに代表作となった。 二人の俳優の合計が、肯定的な化学反応を起こすことができる理由は、二人が実際にも親友の間だからだ。 それほど完璧な呼吸を見せてくれたということだ。 イギリスのチャンネル4の人気シチュエーションコメディ<スペース周波数は>で始まり、映画と並んで足を移して<夜明けの不合理な呪い><熱い人たち>を成功に導くだったし、今は名実共に英国の若者たちが最も珍重されるコメディーデュオとなった。

最近、それぞれの分野でも活躍が著しかったサイモンとニック<不合理なエイリアン:ポール>を使って4年ぶりに再会した。 その出会いがどのように展開されるかを期待してアンギラン難しいことだ。 サイモンとニックは今回の映画への愛情に直接脚本にも手を挙げた。 このコメディーデュオのファンを自任している場合の刺激的なトイレのユーモアにも笑顔が出ることができないからだ。 二人は、スピルバーグ監督の新作となる<タンタンの冒険:ユニコーンの秘密>で呼吸を合わせる。

監督 - 監督、兄弟は勇敢だった
e0109292_10505082.jpg

兄弟監督と言えば<ブレードランナー>のリドリースコットとの<塔>のトニースコットがトオルドン時代があった。 傑作と凡作はイトウドゥェ屑はない巨匠の兄弟 白髪がソンソンハン最近も演出悪口がすごい。 結局、いつの頃から兄弟監督という称号は、二人の巨匠の分け前がないのがれたが、まさにコーエン兄弟やウォシャウスキー兄弟の出現後からだ。

こだわり自分だけの演出の世界に対照を成すスコット兄弟とは異なり、コエングァウォシャウスキー兄弟は、ある映画のために完全なのか、コラボレーションするスタイルだ。

コー​​エン兄弟は、ハリウッドでも最も独創的な作家として挙げられる。 巨大資本を借りずにもジャンルのエッセンスを抜き出すことはもちろん、自分たちだけの世界観を示してくれるからだ。

ユニークなキャラクター、身の毛がよだつ露出した描写、奇抜な物語の手法などは、最近作<より多くのブレイブ>に至るまで続いてきた。 <バトンピンク><掘り><高齢者のための国はない>などでカンヌ映画祭黄金奨励赏、アカデミー監督賞、ゴールデングローブ賞脚本賞などを総なめにした事がある。

脚本は、一緒に、演出は兄ジョエルが、製作は弟のイーサンが務めることで知られているが、現場での彼らの作業を目撃した彼らは、その境界が無意味なものだと証言する。

コー​​エン兄弟よりも一歩遅れて登場したウォシャウスキー兄弟は、<マトリックス>シリーズの巨大な一発で全世界を感嘆させた。 未来と仮想世界を完璧なビジュアルで描かれて出し、その中に、香港アクション映画の武術と日本の漫画的想像力を加味させ、世界中の若者たちを魅了させた。 スリラー<バウンド>で、2008年作<スピードレーサー>に至るまで、作品数は少ないが、特有の感覚的な映像と想像力は、他のフィルムメーカーたちにも少なからぬ影響を及ぼした。

現在のウォシャウスキー兄弟は、<ローララン>のトムトィクベオ監督と一緒に映画<クラウドアトラス>を準備中だ。 他の時間と場所の人々が複雑に絡み合って好みのSF映画というのほか、詳細な情報は公開されていない状況。 しかし、ジェームスメクオボイ、トムハンクス、以下のベリーが出演し、スティーブンスピルバーグとマイケルベイ、ギルイェルモデルトロがプロデューサーとして名をあげたクレディトマン見ても大作の香りがぷんぷん漂う。

監督 - 俳優、オー! 私のペルソナ
e0109292_10513245.jpg

<コケ><グローブ>などで相次いでチョンジェヨンを起用したカン・ウソク監督は言った。 "数多くの俳優の中に一人だけが運転して行くと見えなくなることがたくさん起こる。 ナランマンている俳優のように表示された場合、他の監督たちが憎むこともありますので、俳優の立場でもブルピョンヘジということだ。"演出者と俳優の間には、キャラクターや演出のほか、ましてやこのようなリスクまで存在する。 結局、カンウソク監督は"今までにもならない"と述べた。 監督と俳優の相次ぐ作業は、これらの厚い信頼の中で行われる。

昨年、国内でも成功を収めた<不思議​​の国のアリス>のティム・バートン監督とジョニー・デップの関係が代表的だ。 <ガウィソン>を皮切りに、<エドゥオドゥ><スウィーニートッド:どの残酷な理髪師の物語>など、すべての7本の映画で一緒にした。 ティムバートン監督が、奇抜な想像力で自分の世界をつくっておけばジョニーデップは間違いなく彼が意図したとおりに、新しい人物になってその世界を歩き回った。 監督と彼のペルソナという称号を最も明確に説明することができる間がある。

忠武路では、キム・ジウンとイ・ビョンホンが一番最初に思い付くのに値する。 キム・ジウン監督は、自身ジャンピョンジャク6編のうち、3編でイ・ビョンホンと縁を結んだ。 ノワールアクション<甘い人生>西部活劇<良い奴、悪い奴、変なやつ>ス​​リラー<悪魔を見た>で、キム・ジウン監督は、ジャンルの開拓者という称号を確実にダジョトゴ、イ・ビョンホンは、俳優として生まれ変わったという評価を受けた。

リドリースコットとラッセル・クロウは、およそ10年間で最も印象的な呼吸を見せてくれた監督と俳優のうちの一つだ。 2000年<グラディエーター>を皮切りに、<ある素敵な瞬間><アメリカンギャングスター><ボディオブライズ><ロビンフッド>など5編で力を合わせた。 <グラディエーター>を通っては、アカデミー作品賞と女優賞の喜びを一緒に共有することもした。

もう一つの巨匠マーティン・スコセッシ監督は、しばらくの幼い俳優のレオナルド・ディカプリオとの絶妙なからんでいる。 <ギャングオブニューヨーク>に初めて会った後、<アビーエータ><ディパーテッド><シャッターアイランド>で良い呼吸を見せてくれた。 レオナルド・ディカプリオは、彼と会って美男スターから演技派俳優として生まれ変わる返り監督は、<ディパーテッド>で初めてアカデミー賞の栄誉を抱かれたりもした。 スコセッシ監督は、以前に<<怒りの拳><卑劣な通り><タクシードライバ><善玉>などの傑作を共にしたロバート・デ・ニーロとの密接な関係を維持してきた。 スコセッシ監督とディカプリオは、2013年に封切り予定の<ライズオブルーズベルト>もひとつの船に乗ることになる。

<国内最大の映画ニュースチャンネル! マックスのニュース>
by kazem2 | 2011-04-03 11:02 | kim jee woon