ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[キム・ヨンジンのインディラマ]開始は大河や終わりは微々たる

☆cine21.com
ユンソンヒョン監督の<番人>のよりも冷静な評価
e0109292_22183595.jpg

                         <番人(見張り)>






ユン・ソンケンのデビュー作<番人>は過大評価された。
印象的なデビュー作だが、全会一致の賛辞を受けるのは、ちょっと問題があると思う。 もちろん、既往の批評やエッセイの中で最も印象的なリンクを張って、傷を経て成長するという青春映画のクルリシェを変えたはキム・ヘリの評価や書士の遅れと省略と重複を使ってユニークな構造を作り出したというジャン・ビョンウォンの評価に同意する。 だからといってユン・ソンケンの才能を存分に踊って上げることは、将来、より良い映画を作り上げることが、若い監督にも毒になるかもしれない。

何よりも<番人>は、着々とクライマックスに向かっていく書士、ジャン・ビョンウォンの分析のように、登場人物たちの回想を軸に少しずつ情報を観客に開いてくれるの構成がかなりの圧力を蓄積しますが、その情報が凝縮されてトジョトウルときにこれのためにこのように苦労してワトダンのか、という虚脱感を与える。 高校生の主人公ギテは死んで生き残った彼の友人たちは沈黙する。 ギテの父はギテ生前に親しい子供たちを訪ねて、ギテの死の原因を知りたいが、ついに私たちは理解できない。 ギテの父は、ストーリーをドラッグしていくためのメクゴピンの機能を持つ人物で、彼が接触するヒジュンは、それよりももっと知ってギテの父の頼みでヒジュンが久しぶりに会うドンユンは、事態の顛末を誰よりもよく知っている。 ヒジュンとドンユンの間で共有されているギテの情報の譲渡と同じものではなく、この矛盾が、彼らの友情の破綻の核心だと見ることもできる。 少なくとも観客はそう思っている。

もちろん、彼らが相手の友達の情報をより多く知っているとしてもよりよく理解するという保証はない。 むしろ彼らは、相手に伝えることの少ない貧困内面の所有者だったからのでそれほど難しくしたのかもしれない。 観客が分かるようになる真実は、賑やかな活気で綴られた映画の中高校生の子供たちの内面が、かけがえのないエリコ壊れていたこと、そしてこの子供たちは自分たちの心をチュスルギに汲々としても、相手の友達の内面を感触するにはソツルロトダヌンだ。 この命題自体は新しいものではありませんが、キム・ヘスやジャン・ビョンウォンの指摘のとおり<番人>は、これの基盤そのものを振った。 彼らは成長しておらず、巨大な廃墟の中に投げ込まれた状態となり、その巨大な破局の中身は、表で見るには極めて僅かである。 が僅かであることを前面化させたのが、定型化された傷の枠組みガヅジに穿って売ったのが<番人>の興味深い点だ。 そして、考えてみれば、これは成長期の少年たちだけでなく、大半の人間関係で貫徹されている面もある。

しょしょさしょしょすれば最後まで引いてナガトドラーメン

でも不満は残る。 導入部で提示された主人公ギテの死の原因とそれを探していくの解明の過程で、最終的に残った結論は、ギテが同じ年齢のチャンウロ君臨したが、友人たちを思いのままに治めることができるという、一時的にその権力の位階を楽しむほどの巨大な空間を隠していたそれはギテを除き、周辺の友達みんな知っていたのだ。 ギテは、世の中がすべて分かってくれる有名人は、自分がチェファハン価値ではなく、世俗の価値に自信をウイタクハンままの友達の上に君臨することで、その類似権力の幻想を楽しんだ。 友人であり、上司としての彼は、自分の意のままに友人たちが行動していないときに制裁を加えることにより、垂直的な交友関係を維持しようとする。 彼はそれを友情でヨギョトウナが一方的な施しとしての友情は、友人たちに実際に受け入れられなかった。 内気で小心なヒジュンはギテの一方的で攻撃的な行動を一定期間受け入れられたがガールフレンドの問題としてソモクヘジミョンソを拒否する。 逆に、ギテはヒジュンが好きな女子学生が自分自身を好むときの友達のために彼女の心を受けていないが、母親で住んでいる自分の境遇をヒジュンが嘲笑すると考えてコンヘている。

これがすべての悲劇の始まりであり、悲劇の結末は、前述のように、世の中に有名人に聳え立つことができるという幻想は高校時代だけでも享受しようとしていたギテの権力欲が友達の外面に無惨にこわれながら起こる。 定型化された結論ではないが、これをジャンル映画の出現に喜んで整列させるという点で、若干の問題が生じると私は見た。 しょしょさしょしょすれば最後まで引き付けナガトドなら、映画の中に提示された悲劇の器と同様に対応が可能な結論は出ていないのだ。 私の友人たちに君臨しようとしたが、それが強制されるの友情であることを友人から告白されて挫折するギテの内面的欲求が小学生の頃、国民打者になりたいという欲望のいくつかの他のバージョンということになんか寂しさを感じた。 これで彼の不幸な死を説明することができるのだろうか。

<番人>は、3人の主人公の食い違いの関係と同じように、彼らが良かった時代の描写も一緒に出てくる。 ギテとドンユンとヒジュンがチンヘトウルとき、彼らは閉鎖された駅の線路で、ボールを持って遊ぶ。 ギテが珍重される、そのボールは大変な事情を抱いているように見えますが、それだけギテの欲求の標識である。 後で別の学校に転校間ヒジュンを訪ねたギテは、自分の気持ちを込めて甘やかしていたボールをヒジュンに与えて去ったときにギテは、おそらく過去の幼稚な欲求を外し出したかもしれない。 といってもこの関係が復元されることはなくて、映画の末尾に私達が持つようになる感情は、とんでもない欲求の対立と誤解が対面するようになった悲劇の実体についての戸惑いである。 彼らの(そして私達の)小型お世話と、その中にガトジャンゲ表示されていない形式で含まれている欲求が期待できないほど揮発性が強いということを、この映画は示しています。

ツール的に機能化された一部の人物たちの描写

<番人>の構造は、再評価される必要があると考える。 じっとしてみると、この西のゆがみは、バランスがよく合わない。 父は、ついに事件の傍観者になって押し出され映画の中でドンユンとギテの友情の破局の決定的な契機として作用するドンユンのガールフレンド洗浄の自殺未遂は、こちらを結ぶわけではない。 多少のツールと​​しての物語に貢献し、この人物たちの境遇は、そのように機能的にしか受け入れるがされているのだろうか。 些細な事の全面化を試みた、この映画が、一部の人物たちのどうしようもない機能化を招いたのはどのように見るべきかの判断がうまく立たない。 使って見ると度が過ぎるという気がしないでもないが、ジャンル慣習の定型化された枠組みと、それを破ろうとする破格の間で<番人>が見事にバランスを合わせているという考えはしない。 大事にしたい内容は些細なものから巨大な破局を見て、触れ出すの形式は、開始はチャンデしたが、先端は微々たるものという感じがするのだ。

バランスが合わないのもう一つのポイントは、登場人物たちが葛藤し、戦いの部分よりも、彼らが楽しくて素晴らしい時間を過ごすの場面の描写が自然ではないという点だ。 これは演技演出とも関係があるが、ギテをはじめとする主人公たちが楽しそうで、遊んでいる際に、映画はどことなくぎこちない。 キャラクターとして出てくる俳優たちが演技をしているという印象を受ける。 それよりも、これらの間の葛藤が前面になったときに俳優たちは、初めて本当の存在感を漂わせ出すように見える。 この部分で<番人>は、従来の他の青春映画が太刀打ちできないすばらしいエネルギーを吹き出す。 内省的でもあるが、実は友人の力に押されて表現を拒否するヒジュンを演じるジョンミンはコンヘていることが示されている苦しいキャラクターで、ある瞬間にコミュニケーションしたいのですがそんなことはない、人間のスタックポイントをぱっと開いて目に見える自然現象の瞬間を明らかに見える。 三人の主人公の中で最も安定した性格に見えるが、いざ自分に近づいた状態を制御するときに無力感を現わすドンユンを演じたソ・ジュンヨウンも陽気な姿を見せるときに沈んでいるときのエネルギーの高低を印象的に捕獲した。 この映画で誰もが同意できるだけの、最も印象的な学習の主人公ギテ役イゼフンである。 ギテは、爆発寸前の恐ろしい目つきを持ったキャラクターが、自分が掲げる攻撃的なオーラが不安の別の顔だったことを自然に観客に納得させる。 映画の後半に、その対応が可能な人物の反転を見守りながら、この学習の今年の大多数の国内映画祭の新人俳優賞を独占しても問題ないという気がした。

監督ユン・サンヒョンは、俳優たちの演技を引き出す、まさにこの才能のおかげで、今後注目すべき映画を着実に作り上げることができるだろう。 映画の外観や構造を組む技量は評論家のとんでもないほどとびきりするかどうか確信がないが、俳優たちとのコミュニケーション能力の面で他の人が持っていないものを持っている。 おそらく、この映画の監督と俳優たちはやがて、より高いレベルにある。 それだけで<番人>は、印象的なデビュー作である。

文:キム・ヨンジン 2011.03.31
by kazem2 | 2011-03-31 22:19