ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「千年に行く映画」を心より長く上げる

☆cine21.com
イムグォンテク監督に101番目の作品であると同時に
初のデジタル映画の<月の光の追加>の話を聞いて
e0109292_21164974.jpg




再びイム・グォンテク監督に会った。 <月の光の追加>についての質問が必要なものが残ったのである。 <千年鶴>(2007)以来、「101回目の映画」という深い響きに答える<月の光の追加>は、その自ら『新人監督の心情的に作った映画』と言われる作品だ。 100という数字を記入し、私は次のパク・チュンフンと呼ばれる俳優とついに遭遇し、何よりも人の巨匠の最初のデジタル映画という点でも、質問したいことは多い。 さらに、数多くの豪華なカメオの面々を見ようとすると、その101番目という記念碑を祝福するの友情の映画のような感じもする。 映画の中であるかどうかとも同様のイム・グォンテク監督との出会いは先週の火曜日(3月8日)深夜の自宅で行われた。 既に試写会を終えた翌日、新しい試みを盛り込んだ独自の新しい作品に注がれた好意的な評価に満足そうな表情だった。 <シネ21>に向けても、"あまりにも後押しするようにこれはならないんいや"と笑いながら彼は静かに茶碗を持って丹念に答えてくれた。 かどうかや映画、フィルムとデジタル、ドキュメンタリーや映画、その境界を行き来しながら、彼は低いが、確信に満ちた声で、自分の映画を話していた。 お決まりのとりとめもありますが、彼は本当にまだ好奇心いっぱいの映画青年だった。

<月の光の追加>は、かどうかを介してイム・グォンテク監督の映画全体を反芻するようにする。 監督の意図したならしないアンアトゴン自然に複数の意味を返り見るようになるのだ。 例えば、ドキュメンタリー監督のサポート(カン・スヨン)は、海外の映画祭で知り合った他の国の監督たちの話をクジプオネンダ。 "中国には伝統の預言があり、日本にも和紙がありますが、韓国には、いったい何があるのか​​"と。 それは、海外の映画祭に出た数々の韓国映画人たちがいつも受ける質問でもあった。 果たして韓国にも中国や日本のようにいくつか覚えているほどの映画の個性と伝統があるのか​​は、好奇心だった。 まさにイム・グォンテク監督の映画はかのようにそのような西側世界の見知らぬ人の好奇心に一人で支え漁船の名前だった。

加えて映画の中でファソンジとしたかの違いを説明するくだりは、まさにイム・グォンテク監督の作家的野心を暗に暴露する。 食べる深く鮮明に吸収されて筆力のない人でも、まるで筆力ているように丈夫な造りはファソンジとは異なり、筆力のない人は、決して勝手に大事にすることができない難しい紙がハンジダ。 しかし、それを自由自在に対処されているときに、その文字や紙は千年に及ぶ。 「千年家は紙」への愛着は、すぐにいつも『千年に行く映画』を心に再確認し、現場を指揮してきたイムグォンテク監督のこだわり、過去時間である。 ただ現実的なレベルに満足して止めても、さっと一本の映画になるようにからかいを与えるファソンジような監督ではなく、すべての面で非常にゴヤンドゥェンレベルの技術と努力がダムギョヤ初めて最高の映画を生み出すかのような監督。 そのように<月の光の追加>は、韓紙の優秀さの絶妙で、成熟したドキュメンタリー - 劇映画であり、イム・グォンテク監督本人の堅牢で繊細な芸術館の誇りでもある。
e0109292_21244244.jpg


映画の中の7級公務員ピルヨン(パク・チュンフン)は、いつもおぼろげな月の光を受けて帰宅する。 車は遠くに立てておいて車が届かない門までしばらく歩く。 加算される話や、特別な効果なしにはとても単純ですが、<月の光の追加>を見せてくれる『是正』を感覚的に盛り出す。 それはまだ映画を心配して、彼に向かって慎重に歩いて入るの青年イム・グォンテクの態度でもある。 そうして彼の101回目の映画であり、最初のデジタル映画に完成した<月の光の追加>は、前の映画との類似性よりもむしろ、新しい試み々光る映画だ。 このように、<月の光の追加>は、『イム・グォンテク監督の101番目の映画』という表現と、大変素敵に照応する映画だ。


- 映画製作を具体的に提案を希望する前の、かどうかに対する関心はどの程度でしょうか。

=韓国人なら誰でもお馴染みと祈るよ。 私たち子供のころ時には1年に一度ずつとびらをシュート引っ張ってくると和紙の交換をしました。 映画にも出てくるが、それが本当に不思議だったんです。 内外の空気が循環しながらドアの上には部屋のほこりがたまって外の土は下方にサトイヌンデ、そんな風に空気が浄化される様子を幼いころから見ながら、みんなかどうかについての私なりの考えを持っていたのです。 そして、鉄と、美的に菊の花や、星状体をスノトギドしたがそれがまた本当に美しい。 そうかどうかは私たちの生活の奥深くに位置していました。

- <酔画仙>と<千年鶴>などで、CGは、重要な役割をしていました。 <酔画仙>で、にもかかわらず塊の中に入るジャンスンオプの姿とか<千年鶴>で、海水が出入りするソンハクドンから飛び立つ鶴の姿につきましては、直接『今はCG技術で実現可能なことに撮影をした'とまでいただいたくらいです。 今回の映画ではいかがでしょうか。

=映画の中のドキュメンタリー部分でCG技術を便利に書いていた。 かどうかの内表面がどのように絡み合って入るのか細かく表現する部分に気をソトゴヨ。 その他の部分では、私たちが冬のビジネス環境における主要てしまって近くの枝川目を分散させて置き、その上には、すべてCGにした場面があり、最も気に入っているのはピルヨン(パク・チュンフン)とサポート(カン・スヨン)が夜にライトをオフにしたまま車に乗って金堤平野をジナガミョ月の光を眺める場面ですよね。 昼に撮って月夜に作ったんです。 (笑)

- 脚色を務めたソン・ギルハン作家の故郷が前週、彼の祖父はまた、いわゆる「悪筆」(握笔)法の書道の大家ひと昔前ファンウク先生として知られています。

=たぶんその感慨が新しかったがお薦めです。 それだけではなく、ソン・ハジン前週の市場の父ガンアムソンソンヨン先生も名筆でした。 お二人は、全北地方の書道を代表する立場だったです。 ソンハジン市場も、時と書道に長けている方で、今回の映画に対する理解が深かったんです。

- だから気になるのは<酔画仙>この画家ジャンスンオプの話だったように、<月の光の追加>やはり書家を主人公に立てることもあったようです。 それともかどうかを作る職人を主人公にすることもあって。 同様に、<西便制>や<千年鶴>もそうであるように監督は、いつもの芸術家を主人公に掲げている場合が多かった。 しかし、<月の光の追加>は、どう見て、それに対する観察成長することができる平凡な公務員を主人公に計算をしてくださいました。

=かどうかを中心にすえて、複数の悩みをしました。 かどうかを作る人の紆余曲折で映画をプールするか、それとも商売をする人の話に行くかですね。 ところが、そうすればかどうかの話をするために始めた映画の中で、他の事件が中心に置かれるしかない問題がある。 かどうかに関するいくつかのエピソードがあり、私たちにはなぜしたのが必要で、重要なのかという話が中心だがイドジョもすべて逃すことができるのです。 だから平凡な日常を生きる7級公務員ピルヨンイ<朝鮮王朝実録>ボクボンファ事業を通じてかと会う話に行ってみればどうかという考えをしました。

カン・スヨンが私には"監督これドキュメンタリーですか?"頼むことも

- <月の光の追加>は、監督の以前の映画と異なって劇的な出来事が大幅に排除されています。 ドキュメンタリー監督のサポートとのロマンスやかどうかを製造業者との摩擦もあるが、前面に浮き彫りになるほどで​​はありません。 そして、そのような選択は、監督にとても重要な映画的な決断という気もします。

=あのように重苦しくペーパーを作成する人々の間をピルヨンイ説得させるために脅迫してどう出しながら帰ってダニジョ。 それは私たちが一般的に考えて、ドラマチックな物語素材ではないのは明らかだ。 しかし、このような公務員の星の楽しみもないように見える日常をずっとタラガド、かどうか自体が持つ豊富なネタがある場合は、ドラマチックなものを排除しても、力が強くて、楽しく進めることができるという自信があってそうして見たのです。

- そのような楽しみに見ようとするかどうかについての映画は、以前はなかったとしてもかどうかについてのドキュメンタリーは確かにありま​​す。 そして、それは映画を作る前に、すでにご覧になったようだが<月の光の追加>が、そのドキュメンタリーよりの楽しみはもちろん、もっと新しい情報を盛り込まなければならないというプレッシャーはありますおらようです。

=全州MBCで制作した特集ドキュメンタリー<であるかどうか、イチョンニョンの旅>とあります。 とてもよく作られた作品です。 デフォルトでは、そこから引用していると言えるが、そのドキュメンタリー自体が、歴史的な事実であり、考証をとてもまじめにヘネトギエ実際に私は映画の中でどのようなフィクションを介して、その色や事実的な部分を絶対に違って架線ダメだよ。 ちょうどそれは数年前に作成されたドキュメンタリーなので、そこに加えて、現在多く使っているかどうかで作った服や靴下、ネクタイ、そしてアクセサリーにすることなく、付加的なものまでを収容して格納しようとしました。 物語の展開とは無関係に素早く提供することができる部分だから。 ところが、見るからそういう風に駄目でした。 かどうかの歴史的な意味だけでなく、現在の私達の生活にどのように利用されているか実際には今よりも入っている必要がありますそうことができなくて惜しさがあります。

- 映画でピルヨンイ見るTVドキュメンタリー、映画の中でのサポートが作るドキュメンタリー、そして映画の中で、まるでドキュメンタリーのように撮影されたワークフローのビデオなどの映画にはかなりの量のドキュメンタリーが含まれています。 そうしたらドキュメンタリーとフィクションの境界について、心配していないことはできなかったようです。 また、映画の中でかどうかを業者や学者、研究者の中にはプロの演技者でもあり、ない人も一点に混じっています。 フィクションのように見えるようにする演技者と、ドキュメンタリーのように見えるようにする、実際の専門家としての非記者をどういう基準で分けて配置したのか知りたいです。

=映画はピルヨンイ前後にぶつかっていく中であるかどうかについてわかっている内容です。 <朝鮮王朝実録>ボクボンファ作業を企画して、彼を推進するための会議が構成され、専門家や製紙業や教授たちに会い、また、脂質​​を分析する技術者たちもてる。 そして、その技術者が分析した条件に合うようにしてくれという注文もあります。 直接工場も訪ねて。 小規模で零細な作業する業者もあり、大きな工場で、企業のように運営する人たちもいます。 そのようなすべての人々がみなカメオになることがあるという考えで、実際に交わした会話をそのままセリフに書きました。 私は今までどのようなフィクション上の役割やカメオを知人に頼んだことはあっても、それだけでヨンギジ実際のではない。 非専門演技者であるだけであって演技者のようにすることですね。 ところが今回は、実際の製紙業者たちを、その役割をそのまま使いました。 仮に天洋製紙社長は、一頭用の『一注射』と呼びながら演技をしなければならないのに、しばらく自分の話を言ったら『金注射』というんです。 私は驚いて、『なぜな注射を金注射だと思います? して、頼みだから、自分が実際に金を注入という公務員てこんな話をしたとし、それがヨンギインんかもしれないですね。 私はそのような錯覚や混乱がアマチュアの演技者たちが専門家の両粗雑な演技をするよりもよい場合もあると思います。 そんなふうに自分がしていた雰囲気の中に自ら溺れながら、実際かどうかについての話をするんで十分に調整可能だと思うんです。

- それでは、以前とはまったく異なる方法で調子を与えられたそのような場面に関心のある方ですか。

=最初は怖いこともしたが、そのようにして見ると、実際にジャルドェトオヨ。 私は、<月の光の追加>を通じて得た勘というものがある場合は、そのようなことですね。 (笑)また、将来的に、私はレバーが大きくなり、ピルヨンイ刑事ハンテ質問される場面あるじゃないですか? それは本物の刑事だよ。 主さんにこのピルヨンイラヌン人が業者さんから約わいろを受けたように濡れ衣同様に書いたが似たりよったりの問題として解決することができるレベルであるが、まあそんな程度の話をしてくれて世話を延期することにしたんです。 私は、セリフを与えたのではなく、その線で、その刑事は、自分の台詞を作成し、そのようにしたんです。 私は今までそんな風に演出したことがない人なんですよ。 そんな風に、後には、ドキュメンタリーの恐怖ではあるんだ。 しまいには、一度は、カン・スヨンが私には"監督これドキュメンタリーなんですか"と聞かれることもしました。 (笑)そんなことがもしで通じれば映画全体をジャプアモクオてしまう危険を冒すことなのに、中では不便なことも多く、そうだったけど、後は自分で驚くほど本物のボールができたんです。
e0109292_21312469.jpg

デジタルで作成すると、私の映画の根本がダルラジルカ
- 映画を作るの心情はこの映画では『責任感』としたかについてのドキュメンタリーを作る支援の心情ないのではないかと思います。 そうしながらのサポートは、取材中であるかどうかの優秀性に対する疑問を提起する役割もあります。

=したのが無条件にいいのか、と疑問を提起するのは私の態度と思います。 実際私もその純粋性、目的性の疑問から出発したのだから。 どのように見ると、私はどのような依頼で、韓紙の優秀性についての映画を作るという場合もありますが、それは芸術家のプライドの問題がかかっていることもね。 考えてみれば私も過去の国策映画を作成した経験者です。 それはあまりにも目的が明らかヨウンファゴ、そんな中でも、監督の自意識を込めて出したらいいのですがそんなことがうまくいかないのがまた国策映画ですよ。 <月の光の追加>は絶対に国策映画ではないが、どのような為政者たちが運転して行こうとする世論形成イラルジているものを目に見えるように露出されれば、観客に不快感を与えることもあります。 だから均衡感という点でドキュメンタリー監督にそのような視線をくれたんで、その渦中にしたかの優秀性が自然に露出されてよ。 実際にしたのが千年に行くということは事実であり、蘇東坡も絶賛され、昔の中国の人々の中には、韓紙で家を壁紙を張ると、それは大きな誇りだったそうです。 もちろんしたのが、すべての画像が両方ともよく描かれる万能の紙ではないよ。 ところが、いずれにしろ、最終的には韓紙の優秀性についての話なので、海外の映画祭では、いくつかの例が不便したこともあります。 それでもする必要がある話だと思います。 ドキュメンタリー監督が絶えず疑問を提起しながらも、自分の責任だとするんですよ。 私もそうです。 ところが、誰がこのような映画を作ろうと頑張ります。 そうするうちに、ふと『私は、映画をどのくらいの時間があるだろう』という考えに躊躇する必要はないと思ったんです。

- ピルヨンウイ妻のヒョギョン(イェ・ジウォン)は、映画では影のようなジョンジェゴ消えていく存在でもあります。 光が入って来韓屋で、常に光の届かないところにありますよね。 映画の中でかどうかを象徴する人物に見えます。

=そうです。 かどうかを象徴する人格体として設定した人物がまさにピルヨンウイアネジョ。 前には、紙の作成、家族の出身だオプシンヨギムを受けたのかもしれませんが、徐々に映画の中心に置かれるように良いです。 事実イェ・ジウォン氏についてはよく知らなかった。 主に陽気な役柄を務めてきたのに私はそれが意外だと思ったんです。 顔もそうできなく病席の妻という役割にとてもよく似合うと思うんですよ。 だから、今まではそう、いつも陽の当たる明るい舞台にいた俳優ならば、今度は光の届かない所に隠してみよう、という思いをしたし本当にジャルヘジュォトです。 本人も、おそらく多くのことを感じたんです。

- 以前までの100便で何かを終え、再び最初の映画を作るの新人監督のような気持ちだと話ししたことあります。 偶然にも<月の光の追加>は、監督の最初のデジタル映画という点が象徴的です。

=デジタルにしても、自分の映画がどのような本質的によりますか? (笑)デジタルで映画を作りたいという思いをしたことはないです。 ところが、近に来て、画質がかなり良くられたより静か。 そうするうちに店におられる方を一度に会ったことあるけど、今後四、五年ほどは、現像室ドアを閉めるかもしれないと言うんですよ。 漠然とそんな思いをしてきたが、直接そのような話を聞くと、何か後頭部をバタンと叩かれたような気持ちでした。 それで私も一度真剣にゴミンヘブワばならないと気がしたんです。 さまざまな面でのテストをして見たら、画面の深度や色味などが大きな差がないという考えをしました。 照明方式が大きく変わっていないという考えもしたんです。 操作方法は、相当だったんです。 過去のフィルムとワンカットワンカット撮る時はとても緊張して決まったアングルや枠組みの中で外のことを非常にコリョヘトんですよ。 しかし、なぜ最近の若い監督たちがデジタルを好むのか分かります。 テストも自由で、場所やアングルも存分に会話のスパイスがあって。 しかし、数十年の間、体質化されたステレオタイプのためにひたすら自由だけんです。 (笑)以前の映画の現場に比べれば、精神的にハザードになるという気がして。 もちろん、それは私には欠点だが、最近の若い監督たちには欠点がないんです。

若い世代がおもしろくブワジュォヤがあるだろう

- かどうかを作る過程を映画の作成過程で考えてみればどうでしょうか。 'doc'を、フィルムやデジタルというの材料として考えてよいダクグァ良い水、良い空気の中で作られる最高級のかどうか、今まで監督が追求して来た映画に置換することもあるでしょう。

=フィルムをダクイラゴすることはありませんよね。 それは厳然に西洋のものであり、デジタルもそうですよね。 私たちは映画作る人々は基本的に私達のものではない事から出発して、とうとう私達を込めてしようとしたんです。 しかし、かどうか消えていくのフィルムと考えてみることはできると思います。 実際の保存の問題を気を使わなければ、映画では『昔のかどうかの方法で作成すると、生産費を釘引き上げる』と言って方法を変えて生産している人々をデジタルに考えてみることもあるでしょう。 また、価格を1万円程度に設定する場面があるが、誰か昔のようにすれば10万ウォン程度は必要だともね。 ところが、市場での需要は、実際に何千ウォン程度の静けさ。 その乖離はどうしようもない貧しい人々の芸術家のそれですよね。 そうしながらもピルヨンイ話をするように、みんな自分が最高だという声をしている。

- <月の光の追加>を見て、若い観客がどのような思いを抱いて劇場をナソトウと思う心ですか。

=ハリウッド映画が与える興味を映画的な楽しさのすべてを知って育った若い世代がこの映画を見るのが怖いです。 このような映画を見ながらも深く読んでておもしろくブワジュォヤならないでしょう。 (笑)とにかく、我が国のチャムダクウロ作られる紙は、とてもいい紙です。 腰が強く、きめが細かくそれに釘を作るのがないですよね。 そんなダクウイ性質で、この土地を生きてきた人々の心性には、確かにそうダックス疑わしい面があると見ても無理がないです。 映画の中のかどうかとダクウル見ながらそのような考え方をして見ればどうかです。


文: ジュ・ソンチョル
写真: オ・ギェオク
写真: チェ・ソンヨル 2011.03.24
by kazem2 | 2011-03-27 21:16