ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「キングススピーチ」障害を克服した一人の人間劇場

☆cine21.com
吃音の王子で国民の主権者として成長したイギリスのジョージ6世の実話扱った
<キングススピーチ>
e0109292_2020835.jpg




<キングススピーチ>は、さすがにアカデミー賞作品賞を受けるに値する映画である。
不満混じりの声がなくはないが、オスカーが、再び第アイデンティティを見つけたという評価がほとんどである。 英国王ジョージ6世の実話をもとにした映画の<キングススピーチ>は、障害を克服した一人の男の物語であり、二人の身分を超えた友情、そして逆境を乗り越えた英雄の話だ。 <キングススピーチ>の作品賞受賞が不満な人も映画が伝える感情の深さ、そしてコリンファースの演技に異議を申し立てることはできないように見える。 また、オスカーが愛するしかない映画という評価も当然だろう。 英国で最も多くの冗談を迫られた王子が、最も多くの尊敬を受けた王までの事情には、笑いと感動だけでなく、指導者の資質についての質問まで含まれている。

<キングススピーチ>のドアを開けるのは、一台のラジオマイ大きい。 宇宙船を連想させる彼の態度は、見る人を圧倒するほどの大きさに映る。 うがい薬、口内消毒、発音練習、マイクとの距離の回復までに、彼との謁見を控えたのアナウンサーが受ける神聖な儀式も、マイクの権威を現わしている。 しかし、アナウンサーの案内でスピーチをすることになる、今日の主人公が、さらに厳しい立場に置かれたように見える。 彼の唇は、懸命に動いて人々は心配な目つきで彼を見つめる。 いよいよ生放送を知らせる赤いランプが点灯します。 沈黙。 沈黙。 また沈黙。 やっとの人は、かろうじて口を開いています。以内に単語の間で道に迷ってしまう。 演説を待っていた人たちさえ視線を​​避けて、男の顔には絶望感が溢れている。 彼の名前はアルバートプリドゥリクアーサージョージ。 幼いころから重度のどもりを経験している英国王ジョージ5世の息子であり、後に英国で最も尊敬された王の一人であるジョージ6歳になる男だ。 病弱で小心な吃音の王子は、どのように戦争中にも最後まで国民を守る主権者として成長したのだろうか。 <キングススピーチ>は、歴史の裏面に記録された別の男を介して、そのプロセスを再評価する。 彼は、ジョージ6世が生まれて初めて出会った平民だった。 マイクへの彼の恐怖を治療してくれた人であり、何よりも一生を共にした友達だった。

障害を持つ王族の<ロッキー>?

物語の舞台は、ジョージ6世がまだのアルバート王子、デューク公爵あるいは支え(コリンファース)と呼ばれていた1930年代のロンドンである。 父親のジョージ5世(マイケル・ゲムボン)の後に続いて王位を継承する形エドワード8世(ガイ・ピアース)は、アメリカ人のうえに二度の離婚歴を持つウォリスシンプソンと恋に落ちている。 長男を不満に思ったのジョージ5世は、第二子の支えにも王族としての義務を強調する。 支えには、何よりも父に代わって演説をする必要があることが大きいひどい目である。 評判の良い医師に治療を受けるが、発音練習に重点を置いた、彼らの治療法は、支えに侮蔑感を感じさせることだけだ。 夫の苦しみを見かねた妻のエリザベス(ヘレナボナム・カーター)は、うわさをたより終わりに、オーストラリアから来たオタク言語療法士ライオネルローグ(ジェフリー・ラッシュ)を見つける。 彼は在野で評判の言語療法と同時にシェークスピアの戯曲に凝っている舞台俳優志望生である。 王子が対面したライオネルはムオムハゲド同等の位置での治療をしなければならないと言う。 "あなたを支え(王室のみ呼んだ名前)と呼ぶよ。 第宮廷では、第法に従ってください。"英国が世界の58の英連邦を持っていた頃、イギリスの王子と、オーストラリア出身の俳優志望の地位はこの時から逆転される。 粘る王者の自分が一般市民への指導を受けなければならないという屈辱と度重なる治療にもよくしないどもりの症状は、ますます勝手な兄との葛藤の中でより一層深い恐怖に陥る。

障害を克服した一人の男の物語を描くという点で、<キングススピーチ>がアカデミーのウィッシュリストに上がったのはマタンヘようである。 しかし、<ソーシャルネットワーク><ブラックスワン> <ファイター>なども、現実と内面を行き来するの熾烈な成長の塀を描いたアカデミー競争作などと比較すると、<キングススピーチ>は形式と演出的な側面からのぞく映画的な野心は少ない作品だ。 主人公のジョージ6世は受け入れけど拒否することができない運命に立ち向かうの神話の中の人物と似ていて、話もそれほど古典的である。 英国の映画専門誌<帝国>は<キングススピーチ>を"障害を持つ王族の<ロッキー>"と評した。 ジョージ6世を演じたコリン・ファースも、<ロッキー>を例に一場面を説明する。 劇中でジョージ6世は、ヒトラーの演説が盛られた記録映像を見ている間に言う。 "何を言っているかは分からないが、スピーチは本当に上手だね"このシーンは、<キングススピーチ>が今年のアカデミー賞候補に選ばれた当時、『チンナチジョクイン性向』のキャラクターを描いているという非難を受けることにした。 直接セリフを書いたコリンファースは、"シルベスタースタローンがドルフルンドゥグレンとの試合をアプヅギ前の状況とは異なることはない"と述べた。 "ジョージ6世の元に、ヒトラーはライバルだった。 ところが、ヒトラーは演説ができない自分とは異なり、強力な話法で大衆を催眠に陥ることにした。 ヒトラーがどのような考えを言葉に込めたのかを残して、そのような能力だけは本当にうらやましかったのだろう。"<キングススピーチ>は、自分との過酷な戦い、そして人間勝利のドラマということに加え、直接体にあたるの訓練を描いているという点でスポーツ映画のジャンル的イメージと面している映画だ。 ところが、そのような訓練に耐えなければならない主人公が、王族の方はどうだろうか。 座った起こったを繰り返して、妻のおなかの上に上げた状態で、呼吸の訓練をして、涼しい堅木の床に転がって王子だなんて。 挙句の果てに、度重なる訓練とそれにもよくしないどもりの症状にイライラし、私は王子の口からはタブーの言葉がよどみなくトジョナオンダ。 Fuck! Fuck! Fuck! Fuck! Fuck! Fuck! Fuck! <キングススピーチ>のユーモアは、単に王族の人間的な姿を映すだけでなく、王の屈辱を描写する時に表れている。 この時、王族の単純化された概念を打破する快感が付くのは当然だ。
e0109292_2023465.jpg


特権層の話ではない

<キングススピーチ>でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーバー監督は"この映画は、特権層の話ではない"点を強調する。 "私はこの仕事に興味を感じたのは特権層の既存のイメージを否定していたからだ。 ジョージ6世の物語は、歴史に見られなかった。 それはやはり普通の人間のように拒否することができない運命に置かれているだけだった。"映画のシナリオを書いたデビッド・サイドラーもジョージ6世ワンイギ前に、可憐な人間だった。 "支えが望むのはただ一つ、人々が自分自身を静かに残しておいということだった。 物語の始まりに登場する大英帝国博覧会の閉会の辞情報画面を見ると胸がモクモクハルしかないだろう。"

徹底的にジョージ6世の視点に続く<キングススピーチ>が最も繊細に描写すること、そして、観客の目に新たに映ることも王族の疲れとストレスだ。 映画の中に映された1930年代の英国では58個の英連邦をめぐる世界的なラジオ放送網を備えており、それに応じて、王の役割も変わる時代だ。 劇中でジョージ6世の父ジョージ5世は、"王族はどのような被造物よりも低く、単調な存在だ。 昔は馬落ちるが必要になったが、今は各家庭に機嫌も合わせてPRをして。 私達はもう俳優になったんだ"と言う。 税金を歩いたり、戦争を宣言するか、議会を解散することもない、ただの象徴的な意味での王ができることは事実上、国民に向けた演説だ。 ジョージ6世の苦しみは、このような時代的変化と家族との葛藤から始まる。 もし、ラジオが発明されていない場合は、兄のデヴィッドが恋に落ちるが、いない場合は、自分が王の息子ではなかったらどうだったかな。 彼の時点では、王と呼ばれる特権の代わりに愛をテクヘトドンエドワード8世のロマンスも利己的で衝動的なチギイルだけだ。

コリン・ファースの演技も(実際のジョージ6世の口調をまねるときではなく)、自分の苦しみを打ち明けるときに光を放つ。 ジョージ5世スンハハン後、悲しみに暮れジョージ6世はライオネルを訪ねて、お酒を求めて、ライオネルは、彼の過去を語ることにする。 左利きで右利きで、アンチャンダリルル日付の真っ直ぐな足に校正する必要がいた子供の頃、恐ろしい父と、誰にでも認められている型の中で育つしかなかった過去の、しかも幼いあである彼を憎んだの最初のユモ。 模索声で内密の過去を告白していた支えるライオネルの治療に応じて<スワニーガン>のメロディに自分の話を付け加えて言う。 "乳与えることなく、遠く遠くネペンゲチョトダネ..."このシーンではコリン・ファースは、一国の王子様ではなく、恐怖に震える子供の姿で体と顔を包む。 人間勝​​利のドラマとしての<キングススピーチ>がジョージ6世と観客を強力に同調させる時である。
e0109292_20233546.jpg


<クイーン>と似ているように、他の<キングススピーチ>

ジョージ6世は1936年から1952年までに、約16年の間には、バッキンガム宮殿を保つの王だった。 その次の王座に上がった人がすぐ、現在の英国の女王エリザベス2世だ。 家族観計上<キングススピーチ>は、<ザ・クイーン>のフリークォルように見える。 家族関係を削除しても、王と国民の間の信頼を支えられた誰かの努力を盛り込んでいるという点で、二つの映画は似ている。
<クィーン>のブレア首相は、ダイアナ妃の死を嘆く、英国の国民との民心に関係なく、義理の娘の死に対して素っ気ない態度を見せるの女王の葛藤を調整する場合は、<キングススピーチ>のライオネルは、国民の前に出るのを恐れている王と吃音王が気に入らないのように、ここでは、国民を対面させる。 だけでなく、二つの映画は、指導者にたいする国民の視線が形成される空気を観察しているという点でも共通点を持つ。 トム・フーバー監督は"支えとライオネルの関係を使用して、新しい王の人々の恐怖感、つまり彼は王としての資質を備えていることへの懸念の核心をクウェツルオボルことができた"と話した。

<キングススピーチ>のジョージ6世<クイーン>の女王は、皆そのような懸念のために、人間としての生活と王としての義務の間で普及したように映る自分のイメージへの心配をしている。 しかし、"今の大衆は涙がつくる魅力的で素晴らしい演技をしてほしい"と言われる女王は、利口な戦略家として描写されている一方で、自分の能力を絶えず疑うジョージ6世は同情の対象である。

<キングススピーチ>には、イメージの政治家テドンハン時点の状態に戻り、私たちに必要な指導者がそろえなければならない、理想的な資質が何であるかを再確認するように見える。 映画が露出される一つの手がかりは友情である。 映画の中でジョージ6世の王族に同等の待遇をしてくれと要求するライオネルを使って、自分の辛い過去を打ち明けて、特権意識に閉じ込められた王族から抜け出す。 <キングススピーチ>の感動は、ジョージ6世が第二次世界大戦当時のラジオ演説を通じ、国民や兵士たちを結集させ、おかげで、抵抗の象徴になったという事実と、彼らの友情がかみ合う位置で最も強く表れている。 果たして今の私達の王に、リーダーに必要な友達は誰だろうか。 今ここに私達のグィ​​エソド高鳴るヨンソルイルのだ。

ウォリスシンプソン、より多くの非感覚的に描写
実際と歴史の間

<キングススピーチ>が撮影に入る約9週間前に、製作陣は、ライオネルローグの孫を使用して、ローグが直接ジョージ6世のことを少し日記を発見した。 当時のローグの孫と徒歩で10分の距離に住んでいたトム・フーボー監督は彼の日記帳を使って映画の何人かのセリフを新たに使ったと話した。 映画の最後の部分で、無事に演説を終えたジョージ6世にローグが、"まだ二重母音の発音が良くない"と言うと、"人々に演説をする人が自分だということを知らせるためにわざとそうした"は、ジョージ6世の返事が代表的な引用である。 "展覧会の最初の演説を終えてくださいました"としたとき、ジョージ6世が、"今後より多くのスピーチをしなければならないだろう"と言うのも日記に書かれていた内容である。

映画に登場するローグの治療法が、実際の彼の治療法と完全に一致するわけではない。 シナリオ作家であるデビッド・サイドラーは、1940年代当時、自分が受けたのどもり治療法をもとに書いたと言う。 思いっきり悪口にする方法もそのひとつだ。 <キングススピーチ>は、劇中でジョージ6世'Fuck!'という単語を相次いで吐き出すシーンのために、米国でのRの評価を受けた。 これに対し、トム・フーバー監督はこう語る。 "1940年代の10歳の子供に許可されたのが、今のアメリカの子供たちにはなぜ許されないのか。"

イギリスの歴史家たちは<キングススピーチ>がジョージ5世エドワード8世、ウィリスシンプソンを実際よりも邪悪な人物として描写したと指摘した。 特に、ウォリスシンプソンは、俳優のイブベストの体形に支えられ、実際よりも非感覚的な女性に演出されたが、この点については、トム・フーバー監督も"ジョージ6世の立場が続くのでどうしようもなかった"と話した。 歴史家たちの指摘の中で最も目を引くのは、映画の中のチャーチルの存在だ。 当時のチャーチルは、王が演説の中で宮の中で位置を維持するだけの地位ではなかったということだ。 ちょうど王宮の一般的な関係者たちが、彼が誰であるかを知っている程度だったという。


文: ガン・ビョンジン 2011.03.22
by kazem2 | 2011-03-27 20:20