ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

楽しんでみて 私の手の中の映画館

☆cine21.com
見どころスマートフォンの映画8編参考 国内外の公募展の紹介
e0109292_2126583.jpg




誰もがスマートフォンで映画を作ることができる時代ですが、スマートフォンの映画の中にも玉石はあるものだ。 今までのインターネットのウェブサイトやスマートフォン映画祭の短映像第を通じて紹介された数多くの作品のうち、8編の'ウェルメイド'スマートフォンの映画を厳選した。
プロの映画人たちが作った作品は、撮影の実験性、独立系映画やアマチュアのビデオ製作者が作った作品は、既存の商業映画では見られない奇抜なアイデアと機知に富んだ設定が目立った。 記事を読んで映画の詳細が気になる方ならollehロッテスマートフォンの映画祭(www.ollehlottefilm.com)やソウル国際秒の短編映像祭(www.sesiff.org)を訪問するとチュチョンジャク全編を無料で観覧することができる。 加えて、今後製作したスマートフォンの映画を出品できる公募展の情報も紹介する。

<おいしい想像>
e0109292_21305920.jpg

監督ボン・マンデ(<おいしいセックス、そして愛>)/ iPhone 4映画祭上映作品
食欲と性欲は落ちていくとしていたのか。 <おいしい想像>は、同じテーブルに座ったフンナムウル見妙な想像に陥っている、一人の女性(ゴスフイ)の白昼夢である。 想像の中で彼女はシェフに変身したフンナムウイ手厚いもてなしを受け、健康食品をタムハンダ。 献立は、『無謀だが、バイブレーション、内情』などの官能的な名前の食べ物がいっぱいだ。 ボン・マンデ監督のこの短編は、接写撮影の実験場と呼んでも過言ではない。 接写で撮影されたカラフルな五色の色の食べ物やシェフの手、食べ物をかみ砕く俳優の唇がすぐに交差編集され、まるでラブシーンを見るような感じを与える。

<縦本能>
e0109292_21314477.jpg

監督イ・ホジェ(<作戦>)/ iPhone 4映画祭上映作品
観覧前に必読! 縦に撮影した場面を横方向に寝かせ上映する映画を表示するには首を右に90度傾けなければならない。 さびしい'干物女'ヒェジ(ギムヒェジ)は、すべての携帯電話の写真を縦に撮る。 お弁当も縦、長く両側に伸びるエスカレーターも縦、ベッドに横になった彼女も、縦フレームで撮影されている。 ヒェジの『縦本能'を'横本能』に変わるのは公園でバスケしていた人の武烈(ギム・ムヨル)と近づくからだ。 彼女のヨプジャリルルムヨルが満たす最終的な場面乱幣初めての映画は、水平方向のフレームの形式に戻る。 スマートフォンで撮影することができる映画や一般的な劇映画の違いを最も克明に見せてくれる作品。

<野良猫たち>
e0109292_2132239.jpg

監督ミン・ビョンオ/第1回ollehロッテスマートフォンの映画祭のプラチナスマ賞を受賞
ガールフレンドに振られた日に、新規の女性(?)に会った。 <野良猫たち>は、恋人との別れを経験した一人の男が長く、量が'蝶'と同居して苦しむ心境の変化を追う作品だ。 スマートフォンで撮影したと信じられないほどすっきりと洗練された撮影が逸品だが、ミン・ビョンオ監督は"太陽のよくあたる場所を選んで撮影したもの"が色鮮やかな映像の秘訣だった。 愛嬌ブリダが理由もなくトラジゴ、ふと人を去ったが、心を折り畳んだときに再度表示される蝶の姿を「女の人」との別れのプロセスと対比するナレーションが気の利いたている。 もちろん、(猫たちが一番嫌っているという)入浴シーンまで耐えて感情的な演技を無理なく消化した主演俳優の『蝶』のハイウェー大きい。 エミョインイラミョンもっと共感する作品だ。

<ノンバンジンバン>
e0109292_21382714.jpg

監督ジョン・ジョンフン(<コウモリ>の撮影)/ iPhone 4映画祭上映作品
<平壌城>の「フェイクコメンタリー」のバージョン。 <ノンバンジンバン>は、<平壌城>のジョン・ジョンフン撮影監督が映画の撮影期間中のイ・ジュニク監督の主演俳優でキャスティングして撮影されたフェイクドキュメンタリーだ。 "遅さの美学? それもゲソリヤ。 どうせ映画の現場が戦場なのに速度戦に行かなくてはならない"と信じるのイ・ジュニク監督は、「iPhone 4」を与える​​というジョン・ジョンフン撮影監督の提案で、一日中部屋の中で出て来ないと心に決める。 ひげを切って、電話機を握り、部屋の中をうろうろ通りながらもあまりにも退屈で、わざわざ顔を洗うまでのイ・ジュニク監督の姿が笑いを誘う。 一方、ポテトチップスの中にスマートフォンを入れて撮影した、袋を覗き込むのイ・ジュニク監督やベッドに無気力に横たわっている姿を鏡をデチンチュク三亜発行した場面は、さすがに一流の撮影監督の腕前らしい。

<ミニとバイクメン>
e0109292_21363684.jpg


監督チョン・ユンチョル(<マラソン>)/ iPhone 4映画祭上映作品
"ミニが海に行くと言ったとき、みんな気が気ではないとした。"<ミニとバイクメン>は『ミニ』と呼ばれる人形が居心地の良い家を出て自転車に乗って海に向かって去るヨヘンダムである。 チョンユンチョル監督は、都市の繁華街を通って石がいっぱいの山を越えて砂浜に向かう小さな人形の旅程をハンドヘルドやマクロ撮影などを用いて、感情的に表わした。 スマートフォンで撮影した実写版
<トイストーリー>というか。 特に、ミニがついに白砂のビーチに到着して自転車で浜を疾走する姿は、スマートフォンがなければ、簡単に表わすことができなかったの場面だ。

<愛の3点シュート>
e0109292_21391636.jpg

監督ガン・ドンホン/第1回ollehロッテスマートフォン国際映画祭銀スマート賞を受賞
『列藩写真で移るの木オプデトヌンデ、彼女は違った。 劣勢の告白に失敗した人に女性が提案する。 "私とバスケットボールしても勝てばお前サグィルゲ!"ところが、女性はバスケットボールの選手だ。 その日から男の猛訓練が始まる。 <愛の3点シュート>には内容と同じくらい多情多感な色味の映画だ。 ロモ感じがする場面と人物はくっきりと、背景はぼやけてアウトポコシンハン映像のクオリティがフィルムで撮影した映画に劣らない。 おかげで、映画祭の掲示板には'iPhoneだけで撮影した作品ではないようだ』は、抗議文も上がってきたそうだ。 しかし、<愛の3点シュート>はガンドンホン監督が"一般的な短編映画を撮るよりも五倍は"撮影に凝った作品である。 iPhoneのDSLRのレンズを付けることができるアダプタを、ガン・ドンホン監督が、iPhoneの映画<波乱万丈(夜釣り)>を作成したパク・チ​​ャヌク監督の製作会社モホフィルムから直接借りてきて撮影した映画だ。 念を入れた甲斐がある感性的な映像が引き立つ。

<子供の部屋>
e0109292_6305523.jpg

監督ジョン・ユル/第2回ソウル国際秒の短編映像祭バックス翌ストリームモバイル賞
子供と暴力の組み合わせは、その水位と強さを超えて、最も恐ろしい悪夢になることができる。 <子供の部屋>は、少女が過去に経験した暴力の記憶を虫という象徴的な存在として形象化した作品だ。 少女の部屋では奇妙な音がする。 タンスの裏側の壁に虫の体液に見える不気味な液体が付着していて、女の子がりんごを切って材料(疲労と推定される)正体不明の液体がリンゴの肌を濡らす。 ほとんどのスマートフォンの映画が、iPhoneで撮影されたが、この映画は、ギャラクシーSで撮影した作品だ。 "発売初日に購入して、"早いうちに撮影するためにアプリケーションの機能を使用するわけではなかったが、ジョンユル監督は"龍山(ヨンサン)電子商店街で購入した"デジタルカメラの三脚と携帯電話に装着可能な広角レンズを使用して、少女の悪夢を完成やり遂げた。 モノクロ映像と部屋の中にアルンゴリヌン巨大な影が子供の不安定な心理を効果的に代弁してくれる。

<ない我が>
e0109292_21405617.jpg

監督イ・デヨウン/第1回ollehロッテスマートフォンの映画祭のブロンズスマ賞を受賞
90歳の祖母とスマートフォンは、良い友達になれるのか。 <ない我が>は、一般的な独立系の短編映画と比べても遜色のないしっかりとした物語の構造が特徴である映画だ。 孫がプレゼントとして置いていったスマートフォンは、祖母の言葉をドゥクダルのように応じている。 実はその正体は、人の言葉をそのまま真似するアプリケーション(Talking Tom)ですが、おばあちゃんは、よく時やご飯を食べるときや、'話す'スマートフォンをはめて生き、孫対するように甘やかす。 撮影ギボプサン新しい試みはまれですが、短い時間の間の感情の密度をぎっしりとサトアナガの最後のシーンでは、ついに見る人の心を解けないようにする安定した演出が印象的だ。

まだユーチューブエマン上げるか? - スマートフォン映画祭のスケジュール

スマートフォンで撮影した映画をユーチューブエマンあげるの以外の映画祭に出品してみよう。 国内外スマートフォンの映画祭を整理した。 スケジュールをよく見ると急いで行う映画祭が多い。 首相の栄光と賞金を引っつかむ主人公はまさにあなたのことである。

*全州国際映画祭'JIFFフォンフィルムフェスティバル'
4月28日から5月6日まで開かれる第12回全州国際映画祭では、第1回JIFFポンピルルムペスチボルイ次tvパトグァ共同で進めている。 5分間の短編を製作して、次のTVポットのサイトに3月20日までに映画をアップロードして申込書をオンライン受付してください。 出品された作品のうち最終の10便は全州国際映画祭で上映される。 最優秀作品賞の賞金は300万ウォンである。

*ソウル国際秒の短編映像祭

3回目を迎えるソウル国際秒の短編映像祭は昨年に続いて、モバイル競争部門を募集する。 募集要項は、4月に発表され、6月の終わりには、受付を始める予定だ。

* ollehロッテスマートフォンの映画祭

最近、第1回ollehロッテスマートフォンの映画祭の受賞作の発表があった。 国際映画祭にも拡張第2回国際映画祭は来年ではなく、今年の下半期に行われる。 9月末か10月初めに開催される予定だ。 スマートフォンで撮影した10分前後の映画を募集する。 4月ごろに募集要項が発表される。

*海外のスマートフォンの映画祭

パク・チャヌク監督がホームページのメインを受理したiPhoneフィルムフェスティバル(www.iphoneff.com)は3月31日まで作品を受​​け付けている。 映画祭は、4月6日に開かれる。 スマートフォンフィルムフェスティバル(www.smartphoneff.com)は10月19日に開催される予定だ。 インディフォンフィルムフェスティバル(www.indiefone.com)は、9月11日までに作品を募集する。 他には伝統的なモバイル映画祭の伝統を受け継いできたフランスのポケットフィルムフェスティバル(www.festivalpocketfilms.fr)と香港のショートフィルムフェスティバル(www.mobilefilm.hk)も注目すべき映画祭だ。


文: ジャン・ヨウンヨプ
記事: シン・ヅヨウン 2011.03.17
by kazem2 | 2011-03-26 21:52