ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[プロフェッショナル] 音の採集の楽しさ

☆cine21.com
<よく知りもしないくせに><ハハハ>のソン・イェジン同時録音の記事
e0109292_20192063.jpg




シン・ソンイル、オム・エンランが青春スターだった時代にはセリフを録音した。
今は、アフレコの映画を捜しにくい。 撮影現場に行けばボクスルボクスルハン毛が付いたマイクを持っている人を見ることができる。 'ブームメン'と呼ばれる人々に、音を収集している人である。 ヘッドフォンをはめて、サウンドレコーダーの前に座っている人は、同時録音機だ。 収集された音を処理する役割を担う。 ホン・サンス監督と一緒に長く働くソン・イェジン同時録音の記事に同時録音スタッフの役割や資質などについて聞いてみた。 ソン・イェジンシヌン<女は男の未来だ>からドンシノクウムチム末っ子として、<グクジャンジョン>ではブムメンウロ、<よく知りもしないくせに> <笑(ははは)>そして、去年の冬の撮影を終えた<北村方向>は、同時録音の記事として働いた。

- 同時録音はどのようなことか気になる。

=通常、一般の観客が映画を見るとき、当然サウンドがカメラのように録音されると思うけど、実際には録音は、録音機が、後に、画面と音声の同期を合わせる。 同時録音の記事の役割は、簡単に言えば映画の中の声を現場で最大限の努力をしても取るのだ。

- 同時録音のパーツは、どのように設定されますが。

=基本的に記事、ブームメン、ラインの一番で構成される。 末っ子ラインの一番は、ケーブルを敷いて折って、雑用もする補助の役割である。 ブームメンウンカメラの横でブームマイクを持って音をピックアップする。 記事は、サウンドレコーダーの前に座って、着信音を処理する。 記事はブームメングァどのように音を入れるかどうかを協議して決定を下す。

- 同時録音が容易な映画と難しい映画はどんな映画なのか。

=カットがたくさん割り切れる場合は容易である。 ソースを確保することができる機会が多く、ブームメンド音をピックアップしやすい。 ホン・サンス監督の映画は概して難しい。

- ホン・サンス監督の映画は、いつかオリョプナ。

=ホン監督の映画はカットが長い。 シーンをたらいに撮影するために俳優たちが、その中で勝手に遊ぶ。 また、すべてのテイクが同じではない。 ある俳優が"おい"と台詞をするとき、次のテイクで感情を変えて、"おい〜〜"と大きくすることができる。 音が大きくなると、文字化けを書くことができない。 ところが、俳優が1人ではなく、テーブルのシーンが多いので、そこに入って来る信号を正しく処理するのが難しい。 マイクだけを使えばそれさえもナウンデ、複数の犬が入ればもっと難しい。 さらに、ホン監督はテイクもたくさん行く。 ブームメンドそれなりの苦情があるはずだ。
ズームが入って出てくる場合が多く、マイクが出演している場合もある。 ホン監督は、現場で録音されたソースを100%だ書く。 それで録音するのは難しいですが、やりがいがある。

- ホウシャオシエン監督の<カフェリュミエール>を見ると、主人公が電車の音を録音する趣味を持っている。 そのような特定の音が好きで、録音することも一つ。

=そう五徳なものはない。 (笑)こんなのある。 雨の降るときの音が異なっている。 空気が湿っているときに聞こえる音たち、セリフもそうだが、雨が降るときに車が通る音がいい。 そのような音を聞くとタノトゴと思う。 雨が降るときは、いつもと違う感情の声が出てくる。 あとで気使って入ってみろよ。 湿度が高いときに音が伝達がうまくいく。

- 同時録音の記事になるための資質はどんなものがある。

=音に関心が最高である。 耳で聞くのと録音した音を聞くことの違いに興味がなければならない。 最近では、AVツールが安くてアクセスが下がっている。 良いパフォーマンスのテープレコーダを安く購入することもありますので、興味があれば、音を採集しに通うことができ、ライブラリを作成することができる。 このような過程は、同時録音もミキシングもサウンドゥチョクスタッフになろうとする人なら、出発点になることができ、良い習慣である。 そして、同時録音は、現場の専門職だから、他のチームとのコミュニケーションが重要である。

- ドンシノクウムチョク仕事を始めることができる方法は。

=採用の発表が多い。 ホン監督の映画に求人を出したことがあるのに、メールで名前と電話番号だけ娘と書いて送る人々も​​多かったよ。 この仕事を開始するには、いくつかの快適さとソンウイマン見えたらされる。 専門的な教育がなくても入ることができ、現場で学ぶことが速いこともある。 もちろんブームメンイされて記事がされるまで、忍耐と忍耐が必要だ。 徒弟システムが若干崩れ、専門ブームメンイされていることも考慮に入れることができる。 ブームメンイグィハギため、複数の記事に働けば、経験もたくさん積むことができ、その後の記事になっても有用である。

文: シン・ヅヨウン
写真: オ・ギェオク 2011.03.08
by kazem2 | 2011-03-26 20:20