ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チェ・ドンフン監督、イム・グォンテク監督の覇気を学べ

☆news.nate.com
e0109292_2318751.jpg

[ニュース=ギム・ボムソク記者]
最近の映画界最高の話題は断然チェ・ドンフン監督の新作映画『泥棒たち』(制作ケッパーフィルム、ショーボックス)のキャスティングである。
『犯罪の再構成』を筆頭に、『いかさま師』『戦友』まで、これまで演出した三本の映画がすべて尋常でない成績を出した監督には、やはり豪華で、ほのぼのとした姿の俳優たちがチョンジプギョルヘ人目を引く。





四編連続でチェ・ドンフン号の搭乗券を握るようになったキム・ユンソクをはじめ、キム・ヘス、
キム・ヘスク、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、オ・ダルス キム・スヒョンが『泥棒たち』の主要配役を引き受けるようになった。 これまでの実力に比べて興行運が従わなかった、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョンも興行師チェ・ドンフンに会って、せっかくのベストセラーの映画に挑戦することになって興味深い。

しかし、100年に一度出るかないかのこのような黄金のキャスティングを見つめる映画界の視線は、だいたいタスハジマンウンれていないのが事実だ。 '羨ましければ負けたこと'という言葉がありますが、嫉妬まじりの虚しさと虚しさ、ナンペガムを感じる映画関係者が敷地機数のが事実だ。

資本主義社会での勝者独占という言葉が美徳になってから長いですが、それでもこのように独占に近い俳優を「祀り仮面」、残りの人々はどのように映画をマンドゥニャはボルメンソリがあちこちに出ているのだ。

キム・ジウン監督がソン・ガンホ イ・ビョンホン チョン・ウソンを連れて、「良いやつ悪いやつ変なやつ」をとるとした時も似たような雰囲気だった。 当時、「CJエンターとキム・ジウンのために10本以上の映画の企画案がクラッシャーお世話になった」という言葉が回ったが、今度はゆうに20〜30本の映画が伏せれるように生じた骨付き笑い話が回っている。

こんな声を単なる相対的な剥奪感を感じるチジルハンルーザーの抗弁とチブハルことができますか? そう期には何かチムチムハゴ不審である。

西江大学国文科を出たチェ・ドンフンはサイダスチャスンジェ代表に会って、2004年の『犯罪の再構成』で華麗にデビューした。 制作会社と投資会社の影響力に押されて脱落していない才能を二、三回目の作品で見せてリョダガ苦みを見るのが映画監督たちの一般的なパターンだが、利発な
チェ・ドンフンは、このような愚を犯していない。

彼はむしろ『いかさま師』『戦友』と自分自身の存在感をより浮き彫りにしてスター監督の隊列に上がったし、'戦友'製作映画会社家から出て嘱望されるプロデューサーの妻とケッパーのフィルムを調えて、自分の映画会社まで持つようになった。 『泥棒たち』をはじめ、崔監督の映画の最初に制作権を確保したショバクスロブト10億ウォン以上の契約金を受けたおかげだ。

『泥棒たち』を置き、映画界のため息が出る主な理由は、まさにスター監督がスター俳優を独占しているからだ。 卓越した筆力と企画力、演出力を兼備したチェ・ドンフンならスターキャスティングよりは演技上手な新人や、低評価された優良株の俳優を発掘するために力を尽くさなければするのではないか。

101回目の映画『月の光の追加』の巨匠イム・グォンテクはどうだったか。 もちろん、今のような芸能企画社、キャスティングディレクターが珍しい時代だったが、『将軍の息子』『春香伝』のためのオーディションでパク・サンミン、キム・スンウ、シン・ヒョンジュン、チョ・スンウのような素晴らしい俳優たちを抜擢するために先頭に立った。 多くの時間と費用がかかることだったがはまり役のために、数ヶ月間の球なのである。

映画会社シネ2000イ・チュンヨン代表も5本の『女子高怪談』シリーズでは、チェ・ガンヒ
パク・イェジン キム・オクビン パク・ハンビョルのような芽を発掘し、映画界の製材に育てた。

チェ・ドンフン監督は、似ているヨンベイン ユン・ゼギュン、金庸化と比較しても、他の歩みを歩いている。 ユン・ジェギュン監督は無名に近かったイングォン カンイェウォン イ・ミンギを、自分の映画『1番街の奇跡』『海雲台(ヘウンデ)』『クイック』などに主演級で出演させて
'俳優'に背伸びするようにした。 彼は大規模な企画会社のロビーに惑わされることなく、無名でも演技上手ナンジュンジチュグプ俳優をいつも物色中だ。


キム・ヨンファやはり『オー!ブラザーズ』で、イ・ボムスを果敢に起用して大ヒットを記録したのに続き、周囲の反対を押し切って『美女はつらいの』で検証されていないキム・アジュンをヒロインとしてキャスティングしてシンデレラにした。 '国家代表'でハ・ジョンウを除いて、無名に近い俳優たちを主演に立てて好評を博した。

'マザー''コウモリ'を介してソン・セビョク キム・オクビンという傑出した俳優を作ったが、ポン・ジュノ、パク・チャヌク監督もやはり、自分たちの名声に比べれば、まだスターのキャスティングに傾くとの指摘を背に難しい。 少なくともポン・ジュノくらいなら誰もが欲しがってそうなウォンビンの『マザー』に起用するのではなく、第2、第3のウォンビンを作るのに努力しなければならないということだ。

もちろん、大企業の投資会社とのコラボレーションが必要なチェ・ドンフン監督の悩みを知らない事ではない。 しかし、"シナリオの最初の行を書くことから私にインスピレーションを与えた俳優たちを起用することになって嬉しい"という言葉がどれだけ多くの映画人たちのため息と嘆きをもたらすのか、もう一度考えてみたて欲しい。 チェ・ドンフンは、すでにチョ・スンウを書かなければ注目されるヘソン監督がないじゃないか。

最近の若い監督たちがパイを広げたイム・グォンテク監督の意気込みを学ばなければならない時だ。


ギム・ボムソクkbs@newsen.com

情報提供および報道資料newsen@newsen.comニュース 原文 記事転送 2011-03-21 11:05
by kazem2 | 2011-03-21 23:12