ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

'若い'シネマテーク 楽しみにしてください

☆cine21.com
3月17日に開館したKUシネマテークのキム・ジョンホ代表
e0109292_19274743.jpg





シネマテックと若者という言葉は、カマドゥクハゲ遠くに見える。
シネマテックは、古典的な芸術映画を上映する機能を充実するのである。 ところが、キム・ジョンホ代表が語るKUシネマテーク(建国大学校芸術大学の地下1階に位置)に対する想いを聞いていれば、間違いなく『若いシネマテーク』という言葉が思い浮かぶ。"デジタル映画の美学や哲学、技術の主導的なの役割をしたい"は、キム代表の終わりから、国内の他のシネマテークとは少し違って、新たなオーラが感じられる。 "映画作品の現在の状況に最も適した形で上映されるように支援するのが私たちの目標だ。"KUシネマテークのこれらの抱負は、すでに2月に立証された。 KUシネマテックでは、デモンストレーション上映期間だった2月10日から13日まで、韓国映画アカデミー映画祭の作品を上映した。 上映時間も千差万別であり、アニメーション作品も含まれていたがどのような領事事故もなく、皆が満足して上映を終えたとする。 "一時間前に映画を持って来るとしても、その映画に合わせて上映する自信がある。 私達が集められたそれなりのノウハウを、他のシネマテックとも交わすつもりだ。"

技術的なノウハウが最大の長所というKUシネマテークの個性は、キム・ジョンホの代表者が歩んできたギルグァド関連がある。 キム・ジョンホ代表者は、リュ・スンワン監督の<死ぬかあるいは悪いか>後半の作業を引き受けてソン・グイルゴン監督の<魔術師たち>の製作とデジタルの配分を試みた技術者出身である。 ミュージカル<魔術師たち>の会場で、映画の<魔術師たち>のデジタル上映を試みるほどに、普段他の上映に関心が多かった。 "映画の上映というのは必ずお金がたくさん入っておくべきことができるのではない。 我々の劇場が一つのロルモデルイされたら良いだろう"、既存の独立した短編映画のデジタル復元とアジア映画の企画展を計画中である'若い'シネマテークの活躍が期待される。

文: ジャン・ヨウンヨプ 2011.03.21
by kazem2 | 2011-03-21 19:28