ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[ダヒェリの最近何読む?]この人をもう一度見てください

☆cine21.com
e0109292_2022899.jpg

                    <阿Q正伝>魯迅著/文学トンネ社発行




世界文学全集が出版社ごとに新たに出版されたおかげで、記憶の中に眠っていた良い本を読むようになったりする。 今週は、そのように読んだ本<阿Q正伝>だった。 <阿Q正伝>は、既知の通りあQと、彼が生きていく社会(辛亥革命前後の中国)を描いた小説だが、再び読んでみると昔はただの根本的原因熱戦くらいに思っていたんだなと思った。 小学校と中学校の頃、どこかに<暴風の丘>と<馬鹿><あしながおじさん><オルフェスウイ窓><そして、誰もいなかった><罪と罰>と一緒にまみれていた<阿Q正伝>は、どこか闇の狂詩曲'のような雰囲気のサウンドトラックを背負ってパールバック女史の西洋書士と似ていますが、もっとグンサンマトウンな雰囲気のものだったが、もう一度読んでみると、完全に別の小説だった。

タイトルからわかるように、阿Qと呼ばれる人が主人公だが実は阿Qの正確な名前が何なのかは『正伝』(正传)を記録すると出た人も知らない。 性が何なのか、まったく見当さえすることなく、名前をどのように書かれているかも未知数だ。 家族もなく、出身の指導の把握が不可能なので阿Qと呼ばれる者を把握するのに役立つ唯一の点があれば、それはまさに彼が住んでいる社会だ。 しかし、彼は日雇い労働者として生き、一日一日を借りて食べるように稼いで暮らす脾臓の世界が彼を好意的に処置してくれるわけではない。 かつては、よく暮らしても良いと知っていることも多かったというのに、見識を持っている人として、言葉を選別する方法も知っていたというのに、近所の人々の無条件的ないじめ(言葉と行動でニンニクついに頑固さの暴力につながる)を一方的に耐えてみるだけの精神的な勝利法が、まるで雑草のように根を下ろして葉をツイウォトダ。 自分を苦しめるこれらを馬鹿にして自らの優越者で高めて考える習慣がまさにそれで、自分自身を保護しようと用意したの方策は、彼の精神のどこかに修復不可能な穴を突き破ったのか頭の中の思いを口に出して言うスプビョクウロ続いた。 それでされ、またあって。 それでも、彼が悪いかというと、それもない。 服を脱いで、これをとる王トルボを見て、その隣に座って、これを取り始めた阿Qは、自分の歯王トルボのそれよりも少ないという事実に憤慨暴れる。 尼僧のボールに触れ、その基板のラウムに夢中に女という異端の近くにしようと町内の女性の使用人に"私とほらほら、私と子!"と襲い掛かって聞いた棒打ちに遭う。 短い小説だが、あちこち色々と読まれる余地がある話なのに、地域社会の弱い輪が悪の輪になり、最終的に離れていくまでの一代記ともすることができ、辛亥革命当時の中国社会を風刺したともいえるだろう。 一日一日の戦いで勝利したという心構えで生きて行くが、結局、戦争では、中の敗北の状態を脱することができない児Qを見ていると、こまごまとした消費欲求を満たし、全面的な収入の減少を忍耐して自慰行為する現代人からも別段離れる気がしない。

文: イ・ダヘ 2011.03.17
by kazem2 | 2011-03-20 20:52