ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[電影客桟]誤解を通じて理解することができたら...

☆cine21.com
ストーリーやテーマが批判的に結合する、ユニークな10代の男性のドラマ<番人>の真価
e0109292_21554969.jpg





ユンソン県の<番人>につきましては、既に寸評(<シネ21> 782号2010独立系映画の決算報告書』)を書いたことがある。 簡潔に書いたがしようとしていた馬の要諦は、そこにも入っている。 <番人>の真の達成は、2000年代以降、世界の映画の流れを激変させた現代的なナレーションの技術革新で見つけることができる。 ホン・サンスとパク・チャヌクの注目すべき試みがあったが、韓国映画では非常に稀にのみ示していた複雑なストーリー(complex narrative)は、同時代の映画に話すことがなく、多大な影響を及ぼしている。 地域とジャンルを問わず、複雑化した現代生活の様相を込めて出そうという作家たちの模索は、映画のナレーションの本質を根幹から​​変えておいた。 <番人>の監督ユン・ソンケンがこのような変化の流れを意識していたかとは無関係に映画を見るの習性に根源的な改良を要求するウィンドウのデスクトップは、これらと同様のトップダウンことができるだろう。

<番人>の表面は、10代の成長映画の格好しているが、その実質は、成長の映画とは距離が遠い。 少年期の理想的な世代論への否定の姿勢で線のこの映画はその時代の試練をトングァウイリェナ党として記述しない。 成長が伴っていない苦痛という点で、<番人>の少年期は、青春映画のカテゴリを越えています。 近の韓国映画に頻発するスタイルジョク偏向とまで呼ぶことができる「ダルデンスタイル」の継承という特性も二次的な意味だけを持つ。 撮影が優れているが、このようなカメラのスタイルは、あまり独創的だと思ったりはしない。 ダルデン映画の署名のような、人物の後をついていくカメラの正規化されていないの動きを介して内面の風景を描写するスタイルは、美学的髷区になったのではないかと思うほどにあちこちで発見される。 イ・チャンドンがグロハミョ、
<見張り>と一緒に言及されたりする<茂山日記>やっぱりダルデンのスタイルの影響下に置かれた作品である。 そのため、持って撮ると、人物の背面トゥレブルリンショトウロに代表されるスタイルの達成とユスプファドゥェン男性の成長ドラマの限界をチョグクハンジャンル的洗練という視点をこの記事では排除するのだ。 ただオスの匂いがする『小さな町』で高校生の男の子供を描写する普通の10代の男性のドラマと区別される特異点より複合書士を選んだのナレーション戦略、ナレーションが主題と批判的に結合されるように<番人>の真価があると思うするのである。

複数のキャラクターにバタンハン非線形ナレーション
<番人>の価値は謎に基づいて、複数のプロットは、中心話者の移動に続く西の動作がヨハヒ主題と照応するかで探している。 この映画の書士は、複数のキャラクターに基づく非線形複雑なストーリーの特徴を示しています。 <番人>は、ナレーションの組織とそれを理解するために必要な観客の精神作用の間の関係を調べるのに役立ちます。 この映画では、多少複雑に絡み合ったストーリーイベントを一定のロジックに基づいて整理するよりも重要なのは情報の秘匿と露出を使って調整されているナレーションの組織である。 監督ユン・ソンケンは、<番人>の複数のプロットフォームをストーリーの前の手順を回顧的に再編成にする要素によって構成している。 <番人>は、伝統的な物語体の映画に一般化された一人の主人公が引いていく物語ではなく、複数の人物が特定のロジックに基づいて交互にプロットを連れて行く複雑なキャラクターの映画であり、時間は、連帯の奇跡の直線性を度外視したまま、過去と現在を行き来して、結果が先行して見られた後、原因をパドゥルオガヌン推論のように因果律の順序を覆す。

<番人>のストーリーを管掌するのは、一人の少年の死をめぐるミステリーだ。 プロローグとエピローグの間に挟まれた西の胴は、切開時間の特定の時点まで留保されているの因果関係は、意図的に判断を濁すパズルの構造で、ストーリーの情報の再声明や拡張を誘導している。 死を包んだ謎のも一つではなく複数なのに、過去と現在を行き来する時間の移動を同期するのは、複数の謎のために誘発された質問だ。 ただ謎の解決方法だけで異彩のではなく、それをシルオナルは、動力(株人物)の交換に応じて、解決すべきパズルの形が変わるという点で、この構造はギミョヘ見える。 <番人>の書士は、大きく三つの部分に分けられるが、節ごとに交換されている人物たちによって局面が分かれる。 電池のスピーカー(ユン・ソンヒョン監督である)の操縦下で動くこれらは登場の順番どおりにギテの父(ゾソングハ) - ヒジュン(ジョンミン) - ドンユン(ソジュンヨウン)である。 ギテ(イ・ゼフン)からヒジュン、ヒジュンからドンユンに伝わる古いボールのようにストーリーの中心は、ストーリーの主人公が変わりながら移動し、謎の肌にも姿を現わす構造である。

書士が進むにつれ、我々が抱くようになる質問は3つある。 1。 誰が死んだか、2。 なぜ死んだのか、3。 どのように死んだか(他殺や自殺のかどうか)である。 3つの問いは、順番に提起されるが、ある質問が終了し、次の質問が開始されるのではなく、それぞれの局面に応じて2つまた​​は3の質問が同時に投げたりもする。 新たな質問が提起されるたびに、その解決は、それぞれ別の人物によって主導されるが、誰が死んでは行くギテの父親が、なぜ死んでは行くヒジュンとドンユンによって、どのように死んでは行くドンユンによって真相が表れている。 父を除いて、これらは、その局面で提起された質問の深さの関係のある人物であり、探偵になって真相を追う観客に誤った仮説を立てて修正するようになります。 あえて3人の人物が必要だった理由は何か? この記事の末尾に再論するが話の端に行って姿を現す事件の真相について、3人の人物が知っている情報の質と深さの違いだ。 <番人>のナレーションは、この違いによって動作する。 疑問の連鎖に巻き込まれた観客は、答えを見つけるために、自分なりの仮説を立てるが、短く、限定的な認識の障害に陥る。 ユンソンケンは誤認と自覚の過程で不通の関係で破壊されてしまった三人の主人公の席に観客を導く。

質問不正解のピンポン構造
私たちに、最初の質問を持って来る人物は、父である。 序盤の決定的な役割を果たすことが期待されている彼が知っているのは息子が死んだという事実だけだ。 迷宮の死を聞き込みして、父の足にユインドゥェン私達は彼の後ろをついて謎を解決するだろうという期待を持っています。 しかし、このような構造をメソルハン内包子(監督ユン・ソンヒョン)の参議も謎の解決にいない。 <番人>は、真相の究明よりも真相究明の過程に焦点を置いた物語だからだ。 <市民ケーン>で、ケインの死を聞き込みするジャーナリストのように、父は息子の死を再構成するために、息子の仲良しの友人たちをチャトアダニンダ。 出発地点からの観客は、父と同じような境遇に置かれるようになるのに、何の情報もなく、死の真相を言わなければならない探偵になる。 ここまで<番人>は多分に興味本位の話のように見える。

混乱は最初からだ。 フォーカスアウトされた画面に、正体を知ることができないの犠牲者が敗北を受けるプロローグ後すぐに父が登場する。 死は、既に発生している。 それでは、最初の質問は、誰が死んだのか? プロローグの直後​​の死が公表されるという配列の順序を考慮すると、死は自然に、被害者のものと推論する確率が高い。 父親が息子の死を引いてきてすぐにいじられ少年(一昨日までの彼の名前は公表されていない)が紹介されているのもこのような推論を補強する。 被害者であるように見える少年は、邪悪な加害者(やっぱり名前が公表されない)にバッグを奪われて空き地で千鳥こんに遭う。 鳥肌が立つの暴力の前で何の抵抗もしていないこの少年が犠牲者のだろうというのが、観客の推測である。 過酷な敗北に依存(または意図)的に犠牲にしているか、自分の人生ボリョトゴナ。 後で明らかになるには、死んだ少年の名前は'ギテ'であるが、当時までは、誰も名前で呼ばれないので、三人の友人のうち誰が死んでいるギテのかを知ることができない。 したがって、最初の仮説に期待して寝ると<番人>は、10代の少年たちのコミュニティに蔓延する暴力の面に焦点を置いた話になる。

このような心証を強化する手がかりはある。 その時まで、誰も私の名前で呼名されていませんが、暴力の被害者に見える少年は唯一の「ベキ」(またはベクフイ)というニックネームで呼ばれている事実に注目する必要がある。 三人の友人のうちひたすら分が別名で呼ばれる理由は、非常に明白である。 父親が死んだ息子の名前が「ギテ」に公表されたときに、すぐに『ギテ』と「ベキ」を接続するように設定されているからだ。 換言すると、死んだ子供の名前を「ベクギテ」位に推論することができ、「虐待を受ける少年ベキ」の本名が「ベクギテ」であり、これを減らして『ベキ』と呼んだという仮説。 この仮説になると、死んだ子供は袋叩きが日常になった可憐なあの少年は明らかに見えるのである。 しかし、このような仮説を立てるようにする情報の公開と配列は、最初の誤認を誘発するトラップである。 映画が始まってから15分ごろ、父が「ベキ」と呼ばれた少年に会って、最初の仮説は、廃棄される運命に処する。 男の子の名前はヒジュンなのに、だから彼の本名はベクギテはなくベクフイジュン、ベクフイジュンウル控えめ'ベキ'(ベクフイ)と呼ばれたわけだ。 ヒジュンの登場は、先に示したデータを原点から再検討するように先頭に立つ。
e0109292_21562220.jpg


当然のトラップは、意図的に埋設されたのだ。 劇の最初の方達は重要な謎の殺人事件として探査を開始するために、明らかな被害者に見えた少年は死の主体ではないことが明らかになった。 同時に、『誰が死んだか』という最初の質問は、プーリーのに死の主体は、加害者と見られる少年ギテであることが明らかになる。 父親の役割はここまでです。 父が舞台から退場して、2番目、三回目の質問が一度に提起されている。 (ギテは)なぜ、どのように死に至るようになったか。 加えて<番人>の主題と論点も別の場所に移動する。 加害と被害の通念的な関係を覆すような話。 我々の仮説も、別の方向に屈曲されるが、加害者が死の主体であれば、被害者であるヒジュンがギテを殺害した可能性に重きを置くことを始めるのだ。 父がヒジュンに出会ったとき、何か非表示にするかのようなヒジュンの態度に、2番目の仮説は、力を持っている。 公憤をかもし出すほどのギテの暴力に対応する方法としての不可抗力殺害。

もう一つの事を打つの仮説は消えたドンユンがギテの死と関連付けられている可能性である。 中学生の頃から仲良しの友人ギテとドンユンの関係は、ギテとヒジュンの友情に亀裂が起き始めた時点でも依然として問題がないように見える。 ドンユンに疑惑を置くことをされていることにも関係話者が所管するナレーションの役割が大きく作用する。 中盤までヒジュンと父の会話を通って再構成されているドンユンは竹馬の友ギテの葬儀にも来ておらず(父もこれをミシムチョクオする)、ギテの死の後、行方がはっきりしなくている。 父の跡を追って事件を推理してきた観客は、父の疑いでドンスンハルしかない。 ドンユンがギテの死に深く関与してだろうという心証は終盤まで解消されないまま、疑惑を抱かれる。

さらに少しの間でも三人の友人の周囲に留まる人物ジェホに疑いの矛先がソルリゲされている時もある。 真夜中の駅でドンユンが野生の勢いでギテを攻撃したときにジェホ一行がドンユンを集団暴行する場面がその瞬間だ。 友人を助けるという忠心をモルラジュゴギテがかえって自分を運転して建てようジェホは、恨みの視線を投げ、その場を去る。 しばらくのですが、裏切られたと感じたジェホがギテを確に理解した可能性を念頭に置いてされている場面である。 もちろん、これらの仮説は、すべての誤認を誘発するルアーである。 質問は尾をムルジマン手がかりは限定的であるため、誤認が発生し、我々が特定の仮説を立てるようになるのは、最小限の情報に下るの判断に過ぎない。 ここで重要なのは、誤認の内容ではなく、後を絶たない誤認の連鎖が発生するという事実である。

人物との情報が整理されている論理
<番人>のストーリーは、このような形に組まれたのは、一次的に混乱を与えるためである。 誤解のための仮説が修正され、質問が変わるたびに、三人の友人との関係をめぐる状況はリセットされ、映画の論点も、席を移動する。 「どのように死んだか?」 という3つ目の質問に対する答えが求められるしながらの論点は、死の対象や内容ではなく、ギテの死に至る限り、これまで見えてこなかった経緯で集まっているのだ。 中盤までの加害と被害の構図は明確だが、ドンユンに来て西の中心が移ってはミョンソブトこのような構図は、急激に逆転される。 ヒジュンの段落で、ギテは完璧な悪魔である。 完全にそうとはならないが、かなりの部分ヒジュンの立場で述べられているヒジュンの段落は、被害者の立場で描かれる、加害者の暴力性を見て作る。 しかし、行方不明になった真実のような、消えたドンユンが戻ったときに、これらの構図は、全面的にリセットされる。 一昨日まで、加害者は、潜在的な被害者であり、被害者のみと思っていたこれは明らかにならない加害者である場合もあるということ。 まさにそのような自覚の瞬間が誤認の誓詞を開いていじった閉める作戦が美学的に正当化される。

最後に、中心人物との質問が整理されている論理を述べている時だ。 <番人>の書写を率いる三の質問は、それぞれの人物たちが持つ認識の深さ、情報の性質に応じて分類される。 父 - ヒジュン - ドンユンにつながるリレーは、どのように深みのある情報を持っているかと関連している。 事件の全貌を凝固させるのメッセンジャーに見えた父はヒジュンの登場とともに忽然と​​消えて、その後にどのような役割もしない。 後半の父はドンユンを訪ねて行くが、彼にドンユンがどのような話かは疑問に付されている。 父は、質問を提起するメシンジョイルだけで信頼性の高い話者ではない。 ヒジュン本当の牛のような者である。 二人の関係にひびが行き始めた最初のきっかけは、教室でジェホとのやり取りのお母さんの後押しのためなのにヒジュンは、この事実を全く知らない。 この部分の記述は、観客は深い関心を払っては認識できないほどに微妙に処理される。 ギテの暴力性が増加し、ヒジュンはギテの敵だけを見るだけで和解のジェスチャーを無視していた自分を見られない。 ドンユンはもう少し深い認識を内面化された人物だが、大体ストーリーが出発して1時間後に開始されるドンユンの段落に入ると、ギテは壊れているように弱い子供に過ぎない。 これに比べてドンユンの段落に進んできてヒジュンの態度はピョビョンヘ見える。 直前までとは異なり、ヒジュンは、素直ではなく可視ドトヒン言葉でギテの審査を穿って掘る。 ドンユンの段落は、ヤミョルチャゲの存在を否定して友達の前で崩れ落ちるギテの真相を見て作りながら真実に近いデータを提示する。

このように、3人の人物のリレーは、真実の中で最も遠いところにある人物(父)から最も近く、深みのある人物(ドンユン)にまで同心円を描いて中に巻き込まれる。 異なる情報の階層を持つ3人の人物の配列の順序は、少なくとのほうからたくさん付いている上で進行される。 これは、複数のキャラクターの足に沿って歩く謎のプロットの組織において情報を二の次にしたまま、繰り返された誤解と、更新された質問の中で、真実の近くに行くの構成をとる<番人>のような映画に適切な組織のように見える。 3人の人物は、西の切れ間を繋ぐメッセンジャーの機能を実行しますが、同時に複数のストーリーでよく発見される『信じられない話し手'(incredible narrator)もある。 彼らは、自己の記憶と認識に依存してギテを構成こなすだけだ。 そういうわけでヒジュンは比較的淡々とし、遡上に父に自分の事情を述べるだけでなく、ギテが死ぬ前に転校して行った自分の所在を知らせてくれたジェホの行動がモトマタンハギカジしたのだ。 これに比べてドンユンは、父にも何の話をしたそうにないし、中に悲しみをサクイヌン方を選ぶ。

物語の形式と主題の拮抗
西の伝達という機能だけで見れば、<番人>は、一度の陳述にすることができるの物語であるかどうか知らない。 しかしユン・ソンケンは、それぞれ別の面を見ているか、一部だけを見ている3人の人物を前面に出し部分から全体に拡大していく方式を使うことで、話の内容ではなく、物語の性質を変えておく。 これは、小手先に依存している語り手の資質だけで達成することができないのだ。 情報の階層に応じて、段落を整理し、観客の期待心理を誘発、逃走しながら書士を調整するための一連のプロセスを制御しているだけでなく、物語の形式が内容と主題を反対するような構成だからだ。 人間の記憶は、信頼できず、信頼できないナレーターが示すの話という点で、観客にも、この複合的で複雑なナレーションに適応できる資質が必要である。

<番人>の複数のプロットフォームは、断片化された非線形構造を使用して、見る人を作中人物たちが経験を誤解し、絶望の状態に連れていくという点で、通常の物語とワンヨンヒ異なっている。 どのような事故や言行を生んだの因果のロジックや、それらの関係を調査して、露出する従来の方法に増大されている会議は、現代的なナレーションの説得力の革新である。 プロローグで、ギテは、下品で暴力的な暴れん坊ですが、エピローグでは、懐かしさの対象である。 最後まで何も知らない父との部分だけを記憶して生きていくヒジュン、近似値の真実に至ったドンユンように、私達はこの複雑にねじれた物語をジョトウミョ永遠の沈黙に置かれた一人の人間の誤認と修正を繰り返すことになる。 スタート地点で、観客は探偵だが、継続的な判断で失敗しながら、自分のエラーを是認せざるを得なくなる。 間違った仮説が発生する誤解、仮説と灰が雪の連鎖はひどいな結果を構想しながら、加害と被害の二項対立をめぐ​​る通念を混乱に落とす。

<番人>は、友人たちの間の裏切りと敵によってではなく、これまでに検出されていない些細な誤解や不統一が原因で起こるの魂の破砕を大事にする。

一つの死で始まった物語の三つの質問と誤認が必要な理由は何だったのでしょうか? 認識の違いを体験することが私たちに重要なのか? それは、物語の性格と関連がある。 <番人>は、一面だけで描かれていない人間と世界の本質について話している。 不明な中にお互いに傷をつける一方、雪アメン擦り傷を再びフビョパは、本来のわざと悪を装うを操る彼らの関係は深い誤認に点綴されている。 どこから何が間違ってされたことをついに実現していない少年のように私達は継続されている誤認の構造の中で、この誤解の惨劇に加担することになる。 死んだ者は、言葉がないので、ギテには、抗弁の機会がない。 話をシルオナルは、3人の人物によって再構成するだけのギテは、対立と亀裂のイメージで描写されている。 したがって、ある瞬間には、非道な悪魔だったが、どの地点では、捨てられた犠牲者と同じギテの姿は、これといった何が本物だと話すのが難しい。 誤認を使って私達が実現されているのは、このような事実だ。 そのため、意図しなかったが繰り返されるの誤解から来ていたギテの死を、あなたが完全に理解することができたなら、私はそれがこの抽象化のような話を細かく組織ていた優れたナレーションの効果だと思う。

<ジャン・ビョンウォン>
映画評論家。 ソウル国際家族映像祭のプログラマー。 計ることなくウォンコトサーボと呼ばれる
<シネ21>編集陣のご注文をタラボル考えだ。 一方の映画を総体的に眺望するより狭いテーマに深くパボゴと思う。


文:ジャン・ビョンウォン 2011.03.17
by kazem2 | 2011-03-17 21:50