ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『マックス』の広告に映画監督と俳優が出演した理由は?

☆ハイトビールCM動画
☆news.nate.com
e0109292_21304244.jpg




『マックス』のビールの広告に映画監督と俳優20人が出演した理由は?

ハイトビールが韓国映画界の大黒柱と一緒に製作した最大のシネマテックスポンサーの広告が大詰めの幕を閉じて話題だ。 ハイトビールは昨年3月、俳優のキムヘスとパクチャヌク監督が出演した「ある日、撮影現場で」編を皮切りに、最近放映されたキムミニ、キムハヌル出演の『ビールの人に』に至るまでの全8編の最大のシネマテックスポンサーの広告が伝達に乗った。

100%大麦ビール最大の今回の広告キャンペーンには、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、リュ・スンワン、チェ・ドンフン、キム・ジウン、イ・ジェヨンなど、映画監督の6人と、キム・ヘス、ウォンビン、リュ・スンボム、パク・シヨン、イ・ミンギ、ハ・ジョンウ、コン・ヒョジン、コ・ヒョンジョン、ソ・ジソプ、ソン・スンホン、チュ・ジンモ、キム・ガンウ、キム・ミニ、キム・ハヌルなどの名前だけ聞いても知ることができる最高級俳優14人の計20人の韓国映画界のスターたちがリレーに出演し、センセーションを巻き起こした。

このように異例的に1つの広告キャンペーンに有名なスターたちと国宝級の映画監督たちが大挙出演することになったきっかけは、まさに韓国映画人たちの宿願事業であるシネマテーク専用映画館の建設のための支援の広告だったからだ。 シネマテーク専用映画館は、非営利を目的として、映画文化の発展のための古典映画や独立系の映画などを上映するための専用の劇場を指す。

韓国映画が海外有数の映画祭で頭角を見せて受賞するという快挙を収めていますが、まだろくな独立?芸術映画専用映画館が一つもない韓国映画界の切迫した状況を少しでも克服しようとハイトビールと映画人たちが意味を集めて今回の広告キャンペーンを企画して参加することになったのだ。

全8編の最大の広告に出演した20人余りの俳優や監督たちの出演料全額をシネマテーク建設基金に寄付し、ハイトビールはマックスの広告に『マックスが映画関係者たちと一緒にシネマテックの建設を支援しています』という副題を一緒にエクスポートシネマテークに対する国民的な関心をもたらした。
e0109292_2135385.jpg

このような趣旨で、消費者にも共感されている広告はまた、数多くの問題や話題の言葉を残して、ビールの広告の新しいパラダイムを提示した巧妙な広告キャンペーンに評価されている。 既存のビールの広告の刺激的な映像とコーヒーをぶつけるなどの食傷した技法を脱して、ビール本来の味に目を覚まして、深く豊かな味に魅了された事情を、スターたちのエピソード形式で表現し、消費者から好評を受けたこと。

実際に広告では、"ビール、味も分からないのに..."と叱るのセリフは、日常で何度も応用され、流行語の隊列に上った。 特に、先日、ハイトビールが今回の広告キャンペーンの幕を下げて、全国の成人男女1230人を対象にオンラインアンケート調査を実施した結果、出演者のうち、ビールに最もよく似合う俳優にコ・ヒョンジョンが選ばれ、演技者に劣らないしらじらしい演技を披露した映画監督は、パク・チャヌクが選ばれた。

このように、最大​​の広告キャンペーンは、シネマテックの建設支援という目的のために意気投合した大韓民国トップスターたちのしらじらしく機知に富んだ状況演出が消費者の共感を喚起するに十分しており、特に「ビールの味ヌントゥダ」、「深く豊かな味に陥る」というキャンペーンのスローガンにふさわしい様々なエピソードが「おいしいビール」を標榜する最大のブランドのアイデンティティとも絶妙にきっかりあったという評価だ。

シン・ウンジュハイトビールマーケティング室常務は、"マックスシネマテークスポンサーの広告キャンペーンのように公益を図るブランドの活動は、製品の競争力とイメージを刷新する力を発揮する"とし"今後もビール市場で100%の大麦のビールという新しいカテゴリーを提案されたマックスを使用して微力ながら韓国の文化産業の発展に貢献できるよう努力していきたい"と述べた。

<チェ・ナムジュ記者@ choijusa> calltaxi@heraldm.com
原文 記事転送 2011-03-17 15:30
by kazem2 | 2011-03-17 21:34