ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「青い塩」イ・ヒョンスン監督 新たな話法とコードブルー

☆movieweek.co.kr
e0109292_20165187.jpg

この映画も面白そうですね
イ・ヒョンスン監督は言葉がセクスィなナムジャだと思います^^
先日は映画「青い塩」の打ち上げをつぶやいていました



慣れさと新しさ

<青の塩>(仮題)に慣れていさと新しさが共存する。
イ・ヒョンスン監督のオリジナル作品々では経験できなかったアクションとミステリー、ユーモアが複合的な化学作用を起こし、イ・ヒョンスン監督の『新しい』映画の誕生を予告している。 だからといって、アクションに傍点を撮った『転向』ではない。 <青の塩>は、イ・ヒョンスン監督がずっと話してきたおなじみのドラマも鮮明だ。

<君の中のブルー><ネオンの中へ陽が沈む><イルマーレ>を使って感覚的な映像と叙情的な物語に『メロ』の静かな感性をお届けしてきた彼は、今回の映画でも自分の特技を遺憾なく発揮する。 いわば、<青い塩>は、イ・ヒョンスン監督の新たな話法と慣れているコードの組み合わせといえる。 俳優たちの映画の中の姿は、そのような文脈で解釈される。

感覚的な映像美を追求してきたイ・ヒョンスン監督が、今回は人物に焦点を合わせるのカードを選択した。 '大韓民国代表俳優'ソン・ガンホは、無茶しながら、真剣なキャラクターヅホンウル演じる。 アンスヒョンプロデューサーは"ヅホンウン組織の主任だったので、カリスマ性も持っているが、人間的な姿もある。 場合によっては、可愛くて、無邪気で、女性の前で途方に暮れる姿がソンガンホの既存のロールと似ている"と説明する。

ソン・ガンホは、おなじみの面貌を披露するには、清純でセクシーなイメージを見せてくれたシン・セギョンは今回の作品で、反抗期いっぱいのカリスマ的なキャラクターを披露する。 劇の中でセビンは、幼い頃、射撃選手を過ごして銃を扱うことが知っている人物で、後の方には便利屋で働いてヅホンウル殺せとの指示を受けて銃を与えることを許可されている。 お世話に卿は、今回の役割のために射撃から、銃器の組み立て方などを学んで新しい変身が期待される。

メロの熱い気持ち

イ・ヒョンスン監督のフィルモグラフィーに『メロ』は、重要な話題だ。 彼はさまざまな方法で
'メロ'を話してきた。 手紙というパラメータを介して時空を超越し、感情を分かち合う二人の男女を手がけたこともあって(イルマーレ)、カラフルな色使いが印象的な映像で現代的な男女の愛を感覚的に描いていた(君の中のブルー)。 イ・ヒョンスン監督は恋愛映画の方式である『偶然に会えて葛藤と誤解を克服し、最終的には、切ない恋に落ちる』の典型的な枠から抜け出し、型破りの観点から、男女の関係を照明してきた。

<青の塩>も、同じ軌道にある作品だ。 暴力組織のボスの席から退いて釜山(プサン)に下がって料理学校に通う人と射撃選手の出身だが、今は便利屋で働く女性。 定型化された公式の中でなら簡単に会うことのない組み合わせだが、イ・ヒョンスン監督は異質な二人のキャラクターを、密度の高いドラマの中で照応する。

様々な関係の中で、結局ヅホンウル殺しばならない状況に追い込まれたセビンと暴力の世界と縁を切ったがどうしようもなく、組織に復帰する必要があるヅホンウイ設定がドラマに発展しながら、熱い感情のメロで接続されていること、これが<青い塩>の核心である。 アンスヒョンプロデューサーは"映画の楽しさを倍加し、緊張感を与えるためのアクションとミステリーがありますが、この映画は、結局ヅホングァ セビンの感情を取るメロを大事にする"と強調する。

一方、映画の中の空間は、キャラクターの状態を発生させることに集中した。 劇中ヅホングァ セビンは、特定の居住地がないのに、特にセビンは、トレーラーに存在する。 アンスヒョンプロデューサーは"今回の作品は、<イルマーレ>のようにセットやロケを活用して空間を積極的に活用するのではなく人物の背景を説明することに集中した。 空間自体にヅホングァ セビンの寂しさと孤独が埋めている"と説明する。

豪華な助演たちの布陣

助演たちの活躍も<青の塩>の期待ポイントだ。 まず、チョン・ジョンミョンの新しい姿を期待して見ることができる。 劇の中でチョン・ジョンミョンはヅホンウイ組織の一員として、一方の目にスライスの傷が付いている堅いイメージのエク役を引き受けて、既存の純粋で少年のようなイメージを壊した。 エクヌンヅホンエゲ意図的にアプローチするセビンを疑ってボスを守るために孤軍奮闘する人物だ。 イ・ジョンヒョクはヅホンイ身を置いた組織のナンバー2でヅホンウイ仲良しの友人ギョンミン役を演じ、ソン・ガンホと演技呼吸を合わせる。

一方、請負殺人業者として登場し、映画に緊張感を高めさせるユンヨサ役ユン・ヨゾングが担当し、冷徹ながら、ベールに包まれた殺し屋K役はキム・ミンジュンが演じる。 また、銃器の密輸ディーラー陆逊役はオ・ダルスが、ヅホンウル脅かす敵対組織のボスr役はキム・ルェハが引き受けて熱演を繰り広げる。

e0109292_075461.jpg

              写真ソース:blueinu 一番最近の監督
by kazem2 | 2011-03-15 20:27