ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[エディトリアルチーム] 帰ってきなさい 何事もなかったように

☆cine21.com
e0109292_22195257.jpg

                       イ・ジュニク監督











Twitterをやめてから一ヶ月が過ぎた。 最初は、ネットワーク環境の問題のためにTwitterにアクセスすることがなかったが、慣性のせいか成り行きで触らないように過ごしてみると、むしろ楽になりましたそう。 もともと自分自身を表すのを好まない性格であるうえに他人の個人的な話(「私ご飯を食べにここに来た」のような)まで覗き込むのが疲れてできたのでよかったと思う。 Twitterの属性上、迅速かつ即興的な文をを頻繁に書くことも気に入らなかった。

Twitterを通じたイジュニク監督の『引退宣言』もエチョエンそのような次元で受け入れた。
彼が<平壌城>開封前]損益分岐点を越すことができなければ、「映画界去る」としたときに、本当に退職するという意味ではなく、それなりの覚悟で映画に臨むという言葉ほど理解したので、『平壌城、250万に満たない結果170万。 私の商業映画の退職を祝ってください〜。 ^^;;'という内容の通のメールも落ち込んだイ・ジュニク監督が即興的に残した文章を考えた。 しかし、この内容がマスコミを経て増幅され、今はまるで既成事実と見なされるようだ。 「イ・ジュニク監督引退、どのように眺めるのだろうか」式の記事まで出てきた状況なので、まるでマスコミがイ・ジュニク監督の背中をトミヌン姿のように見えるまでにする(もちろん、「商業映画の引退」という言葉が論争の種ではあるが)。

<王の男>と<ラジオスター>以来、イ・ジュニク監督の映画が興行に失敗してきた投資家に被害を与えたのも事実だが、映画界では『追放』になるほどで​​はないと思う。 代わりに彼が性急という考えはする。 デビュー作<キドゥカプ>(1993)を『破壊した』以降、輸入会社シネワールドを運営しながら、切歯腐心していた彼は、10年ぶりに<山ヶ原>を出しながら派手にカムバックした。 <王の男>で1千万神話を成し遂げた後、彼は1年に一方体で映画を出したが、それはまるで「失われた10年」に対する補償を受けるために急ぐ姿で映り込むこともした。 もちろん、イ・ジュニク監督がたった1時間でスムピョン以上の斬新な映画の企画をダラダラ並べるだけの考えが多くの情熱が熱いという事実もよく知っているがたまには休みながら、いろいろな自己点検をした場合は、本数は少なくても、より充実した映画を作ることがいたという物足りなさも残る。

とにかく、私はイ・ジュニク監督の商業映画界に戻ることを望む。 引退宣言を逆転することを、『男の約束』なんかは弊履のように捨てリギル、複数の人々に対する責任感は、フック減らして賭けることを望む。 大変な語り手の気質を換起してやぼったいこそすれ心のこもった商業映画をずっと作成を望む。 だから彼のTwitterにはこんな言葉が上って来るのば幸いである。 「皆さん、厚かましくも私が帰ってきました」という。 その頃には嬉しいニュースをジョプハロTwitter枚だけかもしれない。

PSの都合上、しばらく休んでいたシネ散歩が再びお目見えする。 今回ジャン・リュル監督をはじめ、今のところ韓国の問題となるの監督たちに会う計画だ。 Twitterでは負担していないが、長く悠長したインタビューを読む楽しさに浸ってみて。

文: ムンシク 2011.03.14
by kazem2 | 2011-03-14 22:20