ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イム・グォンテク監督の101番目の映画「月の光の追加」初公開

☆cine21.com
e0109292_22225036.jpg




日時 3月7日(月)午後2時
場所 ロッテシネマエビニュエル

この映画
ピルヨン(パク・チュンフン)は、3年前に妻のヒョギョン(イェ・ジウォン)が脳梗塞で倒れると、息子を大きな家に任せて、体の不自由な妻の介護をあげて生きている。 そうするうちに新たに赴任した会社がであるかどうかに強い関心を持っていることを知って最後のギフェラン考えに視聴したかのように前とする。 一方、全国を回ってかどうかについてのドキュメンタリーを撮っているドキュメンタリー監督をサポート(カン・スヨン)は、偶然にピルヨングァぶつかっチギョクデンダ。 そうするうちに壬辰の乱時に燃えてしまった『朝鮮王朝実録』の中で唯一生き残った前週事故保管本の伝統であるかどうかに復元するピルヨンウイ計画を知らせて、ここに参加する。 しかし、ピルヨンウン仕事を始めたときの気持ちはきたことなく、こだわりのか執着か、この仕事にしがみついてのサポートとの間には微妙な気流までの流れの妻ヒョギョンが夫の変化に気づく。 しかもかボクボンファ事業が白紙の危機までに置かれることになろうピルヨンウンもっと忙しくなる。


100自評
映画の中でファソンジとしたかの違いを説明する部分は、まさにイム・グォンテク監督の野心が明らかになった部分である。 筆力のない人も筆力があって見えるように作ってくれるファソンジとは異なり、繊細でこだわりの職人の道を歩んできた彼はまさにかのような監督だ。 千年家は、紙という言葉は変えて言っている「千年に行く映画」を作り上げてきた彼の道なのだろう。 イム・グォンテク監督の101番目の映画という表現と、大変素敵に照応する映画だ。 月の光を含んだラストシーンの滝は、大変美しい。
- ジュソンチョル <シネ21>記者

<月の光の追加>はしたのが、今の世の中と会うことを切に念願する。 であるかどうかの価値を知らせる劇中のドキュメンタリーがかどうかを復元しようとする人たちの事情と出会って、ここにしたかの歴史を訪ねて行く過程の話が加わる。 この過程で、映画が露出される質問は、さすがにこの時代に、1000年に息づくかどうかを作ることができるのかというのだ。 かどうかの復元事業に参入した人々は完全かどうかを作るよりも、手に落ちるの利益を先に計算して、ビジネスをサポートするかどうかを検討する政府の関係者はまた価値の名分より実効性を問い詰める。 イムグォンテク監督にこの質問は、1000年に住んでいる映画を作ることは可能なのか、あるいはそのような芸術が可能かなどのように見える。 イムグォンテク監督の<祭り>以来15年ぶりに作成したヒョンデグクイン<月の光の追加>は、そのように芸術のための席がない、今の時代を投影させた映画だ。
イム・グォンテク監督の目に映った世の中のプンギョンイルである。
- ガン・ビョンジン <シネ21>記者

イム・グォンテク監督の101番目の映画<月の光の追加>は、一種のドキュメンタリー-グクヨウンファダ。 朝鮮王朝実録ボクボンファ事業を取り巻く登場人物の物語としたか、製造過程のペクトゥソン情報がかどうかをひたすら腰が強く、しっかりと結合されている。 映画の随所に挿入されたTVドキュメンタリーやドキュメンタリー映像のように写るのは前週のかどうかの工芸品たち、主演俳優たちの情報性の大使らがイムグォンテク監督の劇映画に慣れていた観客たちには聞き慣れないと感じることもある。 しかし、主人公たちが家の中で繰り広げるショートロマンス戻るかどうかのドキュメンタリーが上映されている場面のように、ドキュメンタリーと劇的な要素がマトブディトヒヌンところから来る感情の活力がある。 かどうか、職人として出演するキムドンホ前釜山(プサン)国際映画祭執行委員長、ミンビョンロク全州国際映画祭執行委員長などの映画関係者出身のアマチュア俳優たちも、この活力に多大な貢献をする。 かどうかを愛する人々が深い谷で、月光の精気を集め、「千年か」を作成する最後の場面では、韓国の美しさを独特の素晴らしい映像で描いてきた巨匠の印章が濃く感じられる。 - ジャンヨウンヨプ <シネ21>記者

<月の光の追加>は、きれいな水と空気、そして作る人の真心を込めた一枚かどうかを見る感じだ。 映画のどこにも途方もないヌンヨ羽距離や負担感情の強要はない。 ただ伝統的なのかどうかを作成するために孤軍奮闘する一人の男(パク・チュンフン)と、彼と一緒に実行に移すの職人たちの真心をしたショート、一ショート正直に盛り出すだけだ。 パク・チュンフン、カン・スヨン、イェジウォンなど科してもドルハジもない演技を見せてくれる俳優たちも眺めることがすごく楽だ。 特に、キムフン光の撮影と神経だけの照明は、単純に物語の展開を超えて、季節や自然と前週の気分をグッと長く上げるようだ。
- キム・ソンフン <シネ21>記者


文: ジュ・ソンチョル 2011.03.08
by kazem2 | 2011-03-09 22:28