ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「茂山日記」ドーヴィルアジア映画祭コンペティション部門に招待

☆映画「悪魔を見た」
☆Filmdeculte.com
☆パク・チャヌク監督「夜釣り」予告編がありました!(追記)
☆news.nate.com
e0109292_11305861.jpg





e0109292_8402485.jpg

[マイデイリー=ギム・ギョンミン記者]
映画『茂山日記』(監督バク・ジョンボム)が『ドーヴィルアジア映画祭(Deauville Asian Film Festival)コンペティション部門に招請された。

1999年に始まり、今年で13回を迎えたドーヴィルアジア映画祭は、フランスの北部に位置する美しいリゾート都市ドーヴィルで開かれる映画祭で、イタリアのウーディネ映画祭で、ヨーロッパで開催されるアジアの映画祭だ。

9日から13日までの5日間開催される第13回ドーヴィルアジア映画祭は、ホンサンス監督のキムジウン監督の作品を集中照明するセクションを用意するなど、韓国映画の熱い関心を見せてくれていて目を引く。

特に、韓国の作品では唯一の競争部門に招請されたバクジョンボム監督の『茂山日記』は、トランアンユン監督の『ノルウェイの森(Norweigian Wood)』など、様々なアジアの映画9本と競争することになる。

[茂山日記』は『釜山(プサン)国際映画祭'ニュコロンチュサン、「マラケシュ国際映画祭」には、『ロッテルダム国際映画祭大賞を受賞した作品で、バク・ジョンボム監督のデビュー作である。

ジン・ヨンウク、カン・ウンジンなどが主演を引き受けた「茂山日記」は、ソウルの今日を舞台に、大変な一日を生きていますが最後まで希望を逃さないようと努力している脱北者の伝承の鉄のモクモクハンドラマを描いている。

継続される国際映画祭出品と受賞の知らせに期待を集めているバク・ジョンボム監督の長編デビュー作『茂山日記』は、来る4月に公開される。

[写真=茂山日記のうち]

(ギム・ギョンミン記者fender@mydaily.co.kr)

記事情報提供および報道資料 press@mydaily.co.kr
マイデイリー 記事転送 2011-03-09 07:33
by kazem2 | 2011-03-09 11:40 | kim jee woon