ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界で最も静かな別れ

☆cine21.com
李ユンギ監督の105分間の心理戦<愛してる、愛していない>の中の愛と別れの一風景
e0109292_2022555.jpg




巨頭ジョルミし、<愛してる、愛していない>は、別れから通告する。 出張に行く'女'(イム・スジョン)を空港でお見送り10分の時間。 李ユンギ監督は、皮肉なロンテイクで、女性に別れの助言を受ける'男'(ヒョンビン)を見守るとする。

人の反応は非常に奇妙である。 別の男に会うので、もう別れようとする相手の前で何の質問も、これといった議論をしようとドムビジも、火のように怒ってもいない。 あまりにも突然おしくて計算して水の意志を失ってしまったのだろうか。 しかし、後に行われる95分のランニングタイム。
だから、前半10分余りの間の女性の別れの通知を抜いて、私は後にも事情はさほど変わらない。

カメラは、もうそこから数日たっ先週、夫婦の住空間に浸透する。 建築の仕事をする人の作業室がある地下室、台所、リビングがある1階のスペース、そして女性の領域であることが明らか書斎がある2階に勤勉で清潔に行き交っている。 すぐに家を出るために荷物を包むの女性とそんな彼女のために『何か手伝ってくれることができないか』としきりに心からの親切を施す人。 いつもよく閉じてマルソンイン2階のベランダの窓をダトヌラ女性が努力している日常の時間、ポクポクイでサノトは、女性のマグを書こうと思った人がテープを剥がしビョルスロプジれていない時、パスタを作るために、夫婦が野菜を真心を込めて炒めて麺をゆでる間に慣れている時、結婚生活に終止符を打つ5年目の夫婦が一緒に過ごす最後の午後にはそのように流される。 カメラは、そのディテールの動作中、男女の感情の変化を一粒もノトチルカ慎重にリアルタイムで生中継に専念する。 ミニマルな構成の中、この映画は、時間を運用する方式は、このように静かでヌリトハギマンである。

李ユンギ監督の作品を見るために、息をのむのは、観客としては、もはや他人ではない。 そのような快適さこそ、誤解を招く蟹江ソファに座って、過去をサクヨヤした<女、鄭恵>の'鄭恵'に近づく最も簡単な方法だった。 だから、ハンドドリップコーヒーを終えるようによく来る人と別れるの場にも人がクルヨジュンコーヒーを受け取って、「やっぱり!」という感嘆詞で応酬する女性が別れる期までの事情を知るには、彼らの行動を静かに目を注ぐ必要がある。 二人の感情を類推することができる、あるいは総合的にしてくれる特別な数式ではない。 激しい雨が降り注ぐ外の騒音が背景音のすべて。 夫婦は、憂いを自分の過去を思い出すの家の中の小物に執着して、お互いの好みや趣向を代わりにして会話にシルオナル期に忙しい。 その過程ではなかなかお互いの不平を言うか、感情をトトゥリジいないせいカップルの「イビョルシク」は、住空間がない場合は、まるで二人の気まずい出会いだという気がするほどだ。 この程度の愚かなら、今から再度状況を逆転させ、上手に見てみようと思う気持ちではないかと混乱する余地もなくはない。

あいまいで、あいまいさ
e0109292_20281225.jpg

構成上タジョボンなら<愛してる、愛していない>は、別れた恋人が戻って1日の間に会って、新しいスタートを予告した前作<素敵な一日>きても同様に似ている。 空港に行く場面を『別れ』で、以後の家の中での半日を「再和解」を口実にも見ることができるからだ。 しかし、<素敵な一日>の『ヒス』(チョン・ドヨン)と、他人に「有毒ふしだらな男」ビョンウン'(ハジョンウ)は結構明確な問題を持ったカップルだった。 限界を把握したのでまた会える、あるいは愛するエネルギーをもっと明確になり、希望的になることができる。 一方、おそらく李ユンギ監督の映画の中のキャラクターの中で最も消極的であることに明示されて<愛してる、愛していない>の男女に、このすべてのことはあいまいに端を発して、あいまいさを残している。 現在では、両者の間の熾烈な過去を類推する口実を容易に出さないこと。 観客は彼らの悲劇を、彼らがこの別れが原因であきらめなければならないことを、共にした幸せなひとときを早合点で類推することができるだけ確信を持って、彼らの破局を心配してジュギン難しい。 夫婦のスペースに不意に入って来て家の隅に隠れてしまった濡れた子ネコは、その二人の男女の未来のように感動深く、不安だ。 最後のシーンは、不安と希望、悔恨と期待をすべてそう盛り込んだ『大丈夫、大丈夫だよ』という女性の反芻は、その大変空虚である。 手を書くことも、私はすでにゴムアてしまった心の傷。 もう、この恋は繰り返してはならないタブーに見る余地が多分に大きい。 どのような愛は、未練がナムドも終えなければならない勇気が必要になるかもしれない。


文: イ・ファジョン 2011.03.08
by kazem2 | 2011-03-08 20:23