ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[エディトリアルチーム]それからスマートフォンあったならね...

☆cine21.com
e0109292_2142951.jpg




大学卒業後、無職時代にはそのうちに『ビデオテック』(ビデオで映画を上映したシネマテークの萌芽段階だった)に出入りした。 企画展を見たり、ビデオをレンタルするというのが大義名分であったが、一人で退屈に過ごしていたことだし打ち上げの座を虎視眈々と狙うためだというのが事実上の理由だった。 ただホルロンホルロン尋ねてすごいという映画を見て居眠りしてから夕方には、精神が含まれて酒の席に身をネマトギドン日々。 ところが、ある日から打ち上げ場所が冷めたれ始めた。 ビデオテックでは16mm映画のワークショップを開始したからだ。 映画を見ることにとどまらず、自分の作成を熱望していた、そこの人々の大半がここに没頭した。 何かを直接作って出すというのは考えても、見たこともないし、思いも出さなかったの立場では夕暮れ時に再恐れ入った。

映画監督の夢を最初からクォボジていないわけではない。 特に知っている人の知っている人が映画を作成したり、短編映画の時代から注意深く見た監督が成長する過程を見ながら「私だとまあ...」という傲慢な思いをしたりした。 もちろん、すぐについてくるの思考は『才能がないんじゃないの』はあったが。 とにかくすごく憂鬱時はこんな想像をする時がある。 その時の人々にもグリウォハン残りのワークショップに参加していれば? このワークショップでは大変な興味を発見した場合は? 隠された巨大な才能を見つけてラーメン? ところがガマン。 現実的な理由があったな。 迎えて、ワークショップ参加費がなかったんじゃないの。 当時、ボロを纏ったフリーターの身分では、数十万ウォンだったその費用を負担方途が皆無だったんだから。

あれから20余年が過ぎた今ではスマートフォンの映画の時代と呼ぶことができるようになった。 値ビサギンしかし、いったんスマートフォン場合は、自分の映画を作ることができるのだ。 デジタルビデオカメラが登場したとき、多くの人が叫びますれた『DIY映画の時代』が本当に到来したわけだ。 しまいには、今回の特集記事を準備していた<シネ21>がスマートフォンを利用して、数日ぶりにさっさと映画を作ったのか。 もちろん、そのように作った映画は劇場で上映するレベルがアンドゥェルジしれない。 しかし、楽しみのために始めたのが趣味に発展することができ、うまくいけば、映画の演出という分野に本格的な興味を持つようになることもあるんじゃないか。 もしかしたら自分も気づいていないすばらしい才能を発見するかもしれない。 だからあの時、もしスマートフォンがあったのなら、私は映画監督になったこともあって、韓国映画界のカンヌ映画祭黄金奨励賞をアンギョトウルジド...。 (ああいや、気を付けるよ)

スマートフォンの映画を特集記事で取り上げたのは、パク・チャヌク、バク・チャンギョン監督の
<波乱万丈(夜釣り)>がベルリン映画祭短編部門金熊賞を受けたためだけではない。 自分自身を表現する大胆不敵な皆さんに新たな表現手段をご紹介したいと艦がより大きかったとする。
<シネ21>の記者たちがそうだったように皆さんもスマートフォンを使って各自の最初の映画を作ってもらいたいとお勧めします。

ああ、キム・ソンフン記者ではなく、キム・ソンフン監督のスマートフォンの映画デビュー作
<長期との微妙なインタビュー>は、近いうちに公開する予定だ。 ひりひりする20自評と評価され、または爆弾をつけていただきたい。

文: ムン・シク 2011.03.07
by kazem2 | 2011-03-07 21:40 | Comments(0)