ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[ジン・ジュングォンのアイコン] リート上の再現性

☆cine21.com
繰り返しとの違い
e0109292_1959107.jpg




ボルヘスの短編<ピエールメナルドンキホーテの著者>に戻ってみよう。 セルバンテスに匹敵するほどの小説を書こうとしていたピエールメナル。 彼は刻苦の努力の末に完成した小説は、偶然にも、"セルバンテスのテキストや言語の上では、ただ漢字も違うことなく同じ(みた)だ"。 それにもかかわらず、ボルヘスは、この単純な繰り返しがセルバンテスの原文よりも"比較にならないほどプンヨロプダ"と言う。 たとえば、『歴史の真実の母』という文は、17世紀には、ただの"修辞的な賛美"に過ぎなかったが、20世紀の文脈でその文章は、新たな歴史哲学を込めた"驚くほどの思考"になるというもの。

再現性

一つの記号が異なる点で繰り返し使用される性質をよく「繰り返しの可能性」(iterabilité)と呼ぶ。 単一のコンテキスト内でただ一度だけ使用可能な記号のなら、それは最初から'記号'ではないのだ。 一単語の意味を習得した子供は、その単語を彼と多少の違いが私は他の文脈の中で繰り返し使用することになる。 子供がグロソ第意思を伝達することに成功すれば、それは文脈の変化にもかかわらず、その単語がどの程度の意味の『同一性』を維持している可能だ。 この意味論的安定性が言語を通じたコミュニケーションの前提となる。

しかし、これを別の角度から見ることもできる。 例えば、"単語の意味は使用にある"は、ウィトゲンシュタインの言葉を受け入れる場合は、文脈が変われば、同じ単語でも、実は意味が変わったと見なければならないのだ。 実際に長い時間をかけて多くの人々によって、さまざまな脈絡の中で何度も繰り返される中での単語の意味は、自然の変化を経るものだ。 たとえば、『愚か』という意味の中世語の単語が、今日の『幼い』という意味で変わらないではないか。 デリダによれば、再現性は、このように単語の同一性、あるいはアイデンティティを解体してしまう傾向があるという。

問題は、『再現性のあらゆる側面に注目するのか』ということだろう。 例えば、ある人は一つの単語が異なる文脈の中で繰り返しながらも、まだ意味の同一性(identity)を維持する条件に注目だ。 この場合、彼は一単語を複数の点に'適切'を使用する基準を得る。 一方、ある人は繰り返しによって発生する意味の'違い'(difference)に関心を傾けるのだ。 実際に言語とは、生き物のように繰り返しによって発生する微妙な差で進化する生物体ではないか。 電子は、言語の規範性に注目すれば、後者はそれの創造性を強調するというか?

『引用』についても同様の話をすることができる。 '引用'は、1つのテキストを元の文脈の中で採取して、他の文脈に置き換える作業。 この時、その文を、適切な文脈に移しておかないと、引用者の解釈の暴力を犯される。 しかし、どんなに脈絡が適切であるとしても、引用文の意味は、新たな文脈の中で、元の文脈とはちょっと差を示すものだ。 これらの違いを『逸脱』や『歪曲』に見ることもあるが、まさにその『逸脱』と『歪曲』を使って、テキストはウェリョより豊かな意味を持つことができる。 ピエールメナードルのドンキホーテの引用は、そのグクハンジョク例を示しています。

『翻訳』にも、適切性の基準があるはずだ。 しかし、いくら翻訳が適しても、まったく異なる文化に属する言語で繰り返すと、原文の意味は変質するしかない。 しかし、これは必ずしも否定的なことだけではない。 ベニヤミンによると、聖書は、ウェリョ繰り返し(=翻訳)を使って完全性に到達する。 それぞれの国の言葉で繰り返されるたびに差が発生し、これらの違いをとおして神が人間に伝えようとしていた言葉が、その豊かさの中で、健全さに到達するというのだ。 すなわち、繰返しによって発生する違いは、コミュニケーションを妨げる'逸脱'ではなく、意味を出産する『創造』である可能性があるということだ。

デリダは、再現性の違いが発生する現象を強調するのはこのためだ。 デリダによれば、単語の意味は固定されていない。 私たちは一単語を特定の文脈で繰り返したときに、そこには過去の繰り返しと、将来の繰り返しが痕跡的に垂れなるものである。 そして、単語の意味は、いつでも時間的、空間的に散布され、延期されるしかない。 そもそも言語自体がこのように「ディペランス」の演劇ならば、繰り返しを使って意味の違いが発生する現象を、ただの意味の'逸脱'で見て排除するか、あるいは単語の'無給電を使用する]とみなして周辺化してはならないのだ。

デリダは、オースティンとの説'ファヘンロン'(speech act theory)を批判するのはこのためだ。 しかし、私にはデリダとファヘンロンジャウイ立場はかえって時差(视差)を構成する。 デリダとテキストを利用無茶な文脈に盛り込む解析的暴力を擁護することはないのだ。 一方、ファヘンロンジャドゥルイラゴして永久不変性の念願で、言語の妥当性(felicity)の棺の中に祀ったのミイラにするわけではないのだ。 両方の言説は、自己の他の目的で、再現性の両方の側面のいずれかを強調するだけであって、二人の差が、少なくとも目にブェヌンほど大きくはないはずだ。

著者は、馬の主体である

私の10年以上前に読んだこの論争に再び導いたのは、先日ギム・ヨウンハのブログで起きた議論(?)だった。 ある人は、これらの議論を見て"失望した"と話す。 しかし、知識人たちだと、いつも格調ように議論を行うわけではない。 たとえば、説はデリダを攻撃したときに多少の小口にもフーコーが私的な席で一話まで動員した。 "フーコーは、私に話すことを、デリダはわざと論点フリギとして悪名高いとした。"非常にレベルの高い議論の中にもこれを誘致するのは存在する。 だから多くの場合、知識人たちの議論を維持しているように見えると格別にがっかりする必要はない。

「登壇この作家のアイデンティティと関連があるのか」は人気で始まったこの議論では、いざ自分の興味を引いたのは、小説家にとって、Twitterやブログをジョプゲした場面だった。 彼は議論をする中で、[完了]起きたある事件を'引用'した。 彼が繰り広げる、論理の脈絡の中で、その引用は、それなりに意味があったのだろう。 例えば、それは主張の感情的な訴求力を向上させる装置である場合もある(感情に訴えるのが哲学では、エラーが、文学では力と見なされるようだ)。 しかし、Twitterを使って繰り返し(= RT)になり、その引用は、まったく別の意味を帯びるようになる。

「第主張を正当化するために、学習者まで売って食べるのか。」 これは、著者としては、まったく予想できない解釈だったのだろう。 思慮深い読者なら、多少の引用の列車が不適切しても、著者が意図した文脈の中で、その引用の意味を理解してくれるのだ。 しかし、弟子の死が与えた社会的影響があまりにも強く残っていて、しかも一部の読者は思慮深くしたくないそれなりの欲求を持っている。 その結果、その者が意図していない点で繰り返し(RT)され、急に予期しない意味を持つようになったこと。 もし、その事件の数か月後に引用した場合、問題はたくさん違うのだろうか?

さすがの繰り返しによって違いが生産されていたよ。 デリダが期待したように、時にはそれが考えられなかった新しい意味を創造する美的『祝福』になることもある。 しかし、ファヘンロンジャドゥルイ懸念するように、時にはそれが考えてもいないの波に巻き込まれる倫理的な'呪い'になることができる。 問題は、著者が自分の発言が繰り返されるすべての点を期待して制御することはないということ。 実は著者は私の言葉の所有者ではない。 目的の文章は、作成することがあっても、目的のコンテキストを作成することはできないからだ。 この呪いから解け吸うために、著者はむしろ、『再現性』を放棄することもできる。

文:ジン・ジュングォン( 文化評論家 )2011.03.04


イラスト:ジョン・ウォンギョ


先日のシナリオ作家の死についてこのような評論になったのですね
by kazem2 | 2011-03-07 20:23