ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

チェ・ドンフン監督次回「泥棒たち」豪華キャスティング!

☆newsen.com.
e0109292_12323100.jpg





[ニュース=ギム・ボムソク記者]

今年上半期最高のキャスティングは、果たしてどのような映画のモクイルカ。 多くの映画関係者は、チェ・ドンフン監督の新作映画『泥棒たち』(制作ケッパーフィルム、ショーボックス)がその主人公にコプヌンデ躊躇しない。

『泥棒たち』は、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンが出演したウエスタン映画
「良いやつ悪いやつ変なやつ」以来最高の黄金のキャスティングで呼ばれている。 キム・ジウン監督がチケチンパワーが検証された三人の俳優を一気に処理すると、"'ノムノムノム'のために最低10本以上の映画が伏せていた"という笑い話が出たりもしたが『泥棒たち』も、複数の映画会社の羨望を一身に受けるされた。 巷には、100年に一度出るかないかのキャスティング'という言葉まで出てくる。

『泥棒たち』は『犯罪の再構成』『いかさま師』『戦友』の後継となるチェ・ドンフン監督の四作目の映画。 崔監督は、サイダスFNH、映画社家で 独立 して自分の映画会社の創立作として『泥棒たち』を取り出した。 お金をめぐる人間たちの欲、陰謀、裏切りをスピード感ある演出であえるようなのに、長期を見せた崔監督が 最も 得意とする「7番アイアン」をポプアドゥンだ。

『泥棒たち』は、マカオのカジノの特別室に保管された太陽の涙と呼ばれる420オクチャリダイヤモンドを盗む最中 連合 泥棒たちの物語。 者を利用してビルの外壁に乗って、顔の胃腸科の様々な権謀術数を動員し、金庫へのアクセス、ダイヤモンドを手に握る泥棒たちの爽快な窃盗行為を、香港とマカオでの現地撮影する計画だ。

ここでは、さまざまな人間模様が記載されて「韓国版オーシャンズ11」と呼ばれ、多くの俳優たちをときめくようにした。 しかし、誰もが「チェ・ドンフンホ」に積み込むことができるわけではない。 早目にキム・ユンソクが映画の中心人物、マカオ泊にキャスティングされた中で、キム・ヘスク、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、キム・ヘス、オ・ダルスなどが続々と合流した。

キム・ユンソクは『犯罪の再構成』『いかさま師』『戦友』に続き『泥棒たち』まで、チェ・ドンフン監督と4編の両方の操作になった。 ペルソナと呼ばれるほどお互いをよく知って長所と短所あまねく精通しているという点が 起用 の背景 である。

『いかさま師』で、紙幣をセドン「このまま出てきたチョンマダム」キム・ヘスも、チェ・ドンフン監督とランデブーする。 キム・ヘスは、自分の興行俳優として 作った 『イカサマ師』に続き『泥棒たち』で、稀代の金庫強盗犯ペプシダ。 不慮の事故で検挙され、刑務所に入れられたが特使として釈放された後、『歴戦の勇士たち』とデカイの一タンウルのためにマカオに発つ魔性の女のキャラクター。 恋人のユ・ヘジンと 同伴 出演説が流れたが、二 人 の負担感のため不発になった。

チェ・ドンフン監督と初めて作業することになった俳優たちの顔ぶれも興味深い。 特に、中華圏と、ハリウッドをノックしてきたチョン・ジヒョンの加勢が最も目を引く。 チョン・ジヒョンは、かつてCJに参加したイ・ジェヨン監督の『ポーリングインラブ』に出演する計画だったが、競合他社ショバクスウイ『泥棒たち』でカムバックすることになった。

チョン・ジヒョンの配役は、行に乗る の魅力 的な泥棒Anycall。 呼べば、いつ 、どこ からでも現れるとされてこのようなニックネームが付いたし、生きてほしいと思う もの をお金を払って買ったことのない派手な『技術』だ。 不倫の前科があるだけにセクシーな魅力の持ち主でありながら、ユクヅムンジャルル口につけて生きて、既存の女神のイメージ洗濯に出たものとみられる。

『下女』で印象的な演技を披露したイ・ジョンジェも多くの俳優たちが切望されたポパイ役を引き受けて期待感を高める。 チョン・ジヒョンと興行運がひどく従わなかったイ・ジョンジェだから、 結果 が注目される。 劇中のポパイは、口数の少ない寡黙なキャラクターでキム・ヘスを置き、キム・ユンソクとの 三角関係 の葛藤を経験することになる。

キム・ヘスクもしばらく'国民ママ'のイメージを下に置くことになった。 かつては全国を動かすようにした伝説的な窃盗犯シプドンコムウロ合流したキム・ヘスクは、チョン・ジヒョンと母娘に偽装して、貴金属、骨董品をはたいてついにマカオまで同行することになる。 本音は、優しくてヨリが強く見せるために誇張や見栄をつけて住んでいる人物だ。

一方、チェ・ドンフン監督は『泥棒たち』をはじめ、自分の映画の三編をショバクスワ 共同 製作する条件のもとで演出料とは別に、10億ウォン以上の保証を受けて高い演出料を証明した。 『泥棒たち』は、残りの主な配役にキャスティングを完了し、キム・ユンソクの『ワンドゥクイ』の撮影が終了される5月クランクインする予定だ。

ギムボムソクkbs@newsen.com

情報提供および報道資料newsen@newsen.com[2011-03-07 10:29:27]
by kazem2 | 2011-03-07 11:55 | Movie | Comments(0)