ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[ダヒェリの最近何読む?] 心配している美

☆cine21.com
<よりよい生活を想像してください>トニー・ジュート作/プラネット社発行
e0109292_21403788.jpg




本当に奇妙なことだ。 いつから『福祉』という言葉に『ポピュリズム』という単語が通ったのだろうか。 福祉ポピュリズムを報復するという決意に満ちた市長の歩みを見守る時間は苦痛というよりも一面に疑問符に満ちていた。 それと同時に、いつも罪の赦しを受ける超絶能力者、李健煕会長の孫さえも無償供給の対象とする必要があるかという質問も、あちこちで提起された。 ボクジランは何であり、どのように実行されるべきである。 人気は継続されますが、残念なことに福祉という言葉は、ソンゴチョルでない場合は、政策当局者らの口から見物するのが難しい、絶滅の危機に瀕してしまった。

トニー・ジュトゥウイ<よりよい生活を想像してください>は、自由市場と福祉国家の間で提起されなければならない、また、当然の答え受けなければならないの質問を投げかける。 この本は、<ポストウォー1945〜2005>に、戦後ヨーロッパ史を洞察する目を見せてくれたトニ・ージュトゥウイ最後の本で、彼がALSの診断を受け、全身が麻痺されている状況で使われた。 "一週間が経過するたびに6インチシク面積が減少する刑務所の独房"になってしまった肉体の限界に投降するのではなく、現実を変える抜本的な想像を広げて見せた。 想像という言葉が、この本は、戦後のヨーロッパとアメリカの福祉の問題をどのように対処してきたのかを探る。 その過程で、トニー・ジュトゥヌン'平等な貧困'の香りに濡れないし、ヤンビロンの罠に陥ったり、簡単な懐疑主義を選択しない。 今のところは、すべての事故の基本的な前提になってしまったような新自由主義以前の世界の論理を述べて、今の状況で、進むべき方向とその議論の基盤となる争点を提示する。 無償供給の問題とヨングァンヘ考えてみるほどの先例を本に出会うこともある。 1996年に米国で制定された個人の責任と労働機会調整法は、有給の仕事を求めることができなかった人々から福祉の恩恵を剥奪された。 福祉の恩恵を受けるために気に入らない仕事でも受け入れなければならないし、結局、労働者の賃金や事業の費用を同時に落とした。 さらに、福祉には烙印が押された。 公的扶助の受給者になるということは、それが育てるの補助金でも食料品の購入権も、あるいは失業手当でも、その種類に関係なく、カインの烙印に相違なかった。 場合によっては、その過程で屈辱的な『資産の調査』が行われ、貧困の真偽を確認する公務員たちが勝手に家の中をかき回していき、その過程を経なければ赤線に近い経済的補助の対象となることができる。

私たちの世界が病んでいる病気の多くの症状は、古典的な政治思想の言語の中で最もよく診断することができる。 トニー・ジュトゥヌンそう信じる。 "私達は否定の、不公平、不平等や不道徳が悪いということを本能的に知っている。 私たちは、これらの問題について議論する方法を忘れてしまっただけだ。"チムトンさと恨み、悔しさを超える頷くと肯定的で、希望ができるのか。 さらには嘲笑の対象に転落した古典的政治思想の言語で?
トニージュトゥワ彼の本<よりよい生活を想像してください>が美しい理由はそこにある。

文: イ・ダヘ 2011.03.03
by kazem2 | 2011-03-05 21:40