ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スティーブ・ジョブスと死んだ人文学の社会

ソース:hansunhee
☆bloter.net.archives
e0109292_1256229.jpg

(写真: ウィキペディア 。CC BY - SA )。




<スティーブ・ジョブズ氏と死んで、人文学の社会by ビジョンデザイナー >

アメリカ現地時間2011年3月2日、サンフランシスコオバブエセントエソアップルの製品発表会が開かれた。 このところ病気でしばらく会社を離れたジョブズCEOが姿を現わした。 彼は健在だった。 そこに時限付きの人生なんてなかった。 ジョブズCEOは、特有の自信と毒舌を持って、より速く、より軽く、より魅力的な子供のパッド2を発表した。 そして、彼の71分の発表は、国内でもよく紹介されている『技術と人文学の出会い』を強調するとき絶頂に輝いた。

ジョブズ氏の神話は、その発表では終わらなかった。 ジョブズCEOの発表が終わると同時に、国内のオンライン生態系のあちこちで、ジョブズ氏とジョブズ氏の人文学についての話が再び膾炙された。 そのようにみると、「ジョブズCEOの王の帰還」は、エプルマンいかすことがなかった。 少なくとも国内では、ジョブズCEOほど、人文学をマーケティングしてくれる人がいない。

それでは、ジョブズCEOは、本当に私たち人文学の救世主か?

まず、ジョブズ氏の人文学についての誤解を正す。 ジョブズCEOが語る、人文学は、正確に言えば、必ずしも人文学ではない。 人文学は、英語でヒュモノチス(humanatiese)だ。 しかしジョブズCEOは、リベラルアーツ(liberal arts)を話している。 この言葉は、私たちは、人文学とすると、多くの場合、関連付けを建てるムンサチョル(文史哲)と直接対応しない。

このJobs氏のリベラルアーツを真に理解するには、 2005年にJobs氏がスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ だけ覚えていれば不足している。 彼のリード大学で学んだ東洋書道を生かして、エレガントなフォントを作ったという話からインスピレーションを受けるだけでは足りない。 そのようなアプローチが正しいとすれば、我々も何かの人文学的な素材を探求すると、ジョブズ氏のように時代を変えることがなければならない。 しかし、当然ではない。 それが道ならば、既に世界中の多数のジョブズ氏の支持者たちの中で数多くのジョブズ氏の2世たちが出なければならない。 ジョブズCEOをジャプスイルできるように作ったの人文学は人文学的な素材だけにとどまらない。

次のような質問を考えてみよう。 産業の時代は、機械と人間の関係が固定されていた。 その時代にどのようにJobs氏は、政府や会社の地下室に眠っていたコンピュータを個人の所有にすることができただろうか? 彼はどのようにコンピュータを計算機ではなく、個人が持って遊ぶことができる一般的な目的を持った機械で見ることができただろうか? 彼はどのようにその人間と機械の関係を再想像することができただろうか?

これらの質問が彼の人文学を理解する鍵だ。 それは機械を生命体として見た最初の人工知能の父マーヴィンミンスキナ、コンピュータが人間の隠された可能性を引き上げることができる機会で見たアランケイのような人物たちが抱いていた情熱であり、意欲的である。 それは人間と機械の関係が、人間とコンピュータの関係がどれだけの人間的でどれだけの個人である場合もあるのかという好奇心である。 それがジョブズをジャプスイルできるように作ったの人文学、あるいは彼のリベラルアーツである。

このJobs氏の人文学の整数、この質問が始まった背景を正しく理解するには、リベラルアーツがテドンハン西洋近代の啓蒙主義の時代に戻らなければならない。 その時代にリベラルという言葉は、改革的な性向を意味した。 新的な権威(主義)との人間的な権限(王権)の急進的な別れを意味した。 アーツは、技術、芸術を意味した。 しかしそれは、中立的ではなかった。 それは、前述の目的のためのものであった。 人間をその過去の束縛から解放させるための、そして自然を、社会を改善し、改造するための方法だった。 もちろん、これらの啓蒙の思想とファイルを開くには狂気にチダルリンフランス革命の露と早めに幕を下ろした。 しかし、その命脈は今日まで、Steve Jobs氏にもつながる。

その理由を私たちの時代の革命家Jobs氏に匹敵することができるの啓蒙思想家から探してみよう。

その人は、フランシス・ベーコンである。 啓蒙の幕を開いたフランシス・ベーコンは、ジョブズCEOは、エンジニア出身ではないのと同様に、優れた科学者ではなかった。 彼は数学的才能が不足していた。 しかし、彼は当時のニューメディアを最もよく理解している人のうちの一人だった。 彼は散文(コンテンツ)と活版印刷(プラットフォーム)の結合が社会にどのような波紋を起こすか分かった。 ジョブズCEOは、テクノロジーとデザインの融合が生み出す魔力を覚ましていたのと似ている。

そして、その時代、ベーコン、やはり彼の才能を発揮することができるビジョンを発見した。 それはまだ明らかにされていない科学の道を宣布することだった。 もちろん、ここで彼の言う科学は、スティーブジョブズ氏の人文学と同様に、今日の科学と異なっている。 その科学は理学、工学だけでなく、人文科学、社会科学を包括する。 すべての知識が一つの共通の原理で説明されると、この彼にハクムンガン区別はなかった。 彼はこの科学を、リベラルアーツを機会に見た。 彼はジョブズCEOは、コンピュータとデザインが、世界を変えることができると、このように、これらの科学を使って人間が理性と実験で武装し、新しい知識の地平を開拓することができると見た。

実際には、ジョブズ氏と同じようにベーコンも、現実的な人だった。 彼が新たに開拓されている知識の地平線がすぐにお金が、力ということを知っていた。 天文学などの新しい科学の発展は、航海術を急進的に向上させることができたからだ。 その結果、ジョブズCEOは、手作りのアップルの帝国を築いたのと同様に、ベーコンのイギリスは大航海時代を通じ、パックスブリテニカに登板した。 彼は『知は力なり』と話しているときに、その力の隠喩として止まなかった。 やはりジョブズのリベラルアーツがグロヘトドンように。

したがって、スティーブ・ジョブズ氏のリベラルアーツは、偶然にも、幸運もない。 それは、歴史的な必然であり、時代の繰り返しである。 新しい時代は新しい思想を要求する。 そして、その必要性をよく理解していた人々がフランシスベーコン、スティーブ・ジョブズ氏のような人物だった。

ここで、再び本来の質問に戻ってみよう。 それなら私たちの人文学を、この時代の最高の人文学代弁であるJobs氏が起死回生させることができるか? ダプブト言えば、ではない。

その理由は簡単である。

まず、上から見ての通りジョブズ氏のリベラルアーツと文士鉄が同じではないからだ。 物事に好奇心を持って接近し、思考の地平を広げることは必ず文献を読んで、哲学を探求し、歴史をクウェツルオヤ可能なものではない。 数学的にも、生物学的にもそのようなアプローチでは、習得することができる。 重要なのはどの文に入ってのかがではなく、目的地、大胆な質問を正確にする境地に達するのだ。

2つ目の理由は必要である。

ジョブズ氏の人文学が私たち人文学を生かすことができない理由は、多くの場合、現在の人文学の危機の本質的な原因は、大学が商業化されながらも、新入生たちが、他の大学に比べて人文大学に背を向けてもないからだ。 ジョブズCEOという最高の集客プレーヤーが必要人文学がフンヘンハルことができるのではなく、人文学が変わらなければ、人文学が住んでいるからだ。 人文学のリベラルアチュラ呼ぶことができない私達の現実がある。

人文学は、現在の世話になった理由の一つは、人文学が、その中にすることができない社会の変化にも遅れていたからだ。 私達デハクマン見ても30年前、いや10年前の講議や教授法が、今日と比べて何が、どのようにダルラジョトナ。 学生たちはこのような講義を通って、自分の周りの変化に対してどれだけ深く、どれだけ広く、そしてどのように大胆に考えることができる。

もちろん、経営や工学とは異なり、最新の事例や理論、技術、人文学からそれほど重要ではない。 最新の装備や教授法も絶対的に地図はない。 しかし、人文科学でも、変わらねばならないことはある。 それは、たとえテキストの古典は変わらないのに、それについての質問はずっと変わらなければならないということだ。 私達がこの古典を、今なぜここに読むべきかという質問の背景となる問題意識が必要である。 それは、自分が住んでいる社会の現実とその社会の変化をリードする科学技術の無心しては出るのが難しい。

たとえば、クラウドコンピューティング、モバイルコンピューティング、ソーシャルネットワークと呼ばれる最新のICT生態系の3大トレンドを、人文社会的観点からの深層的に解釈するの講義が私たちの大学ではどのように行われているか? あるいはもっと社会的な側面からの知識の共有が時代的な流れである時代に人文学は、このような流れを主導するためにどのように先に立っているか。 商業化していくデジタル環境に対抗し、私たちの大学では、公共の知識を拡大する公益的な目的に対してどのように寄与しており、その仕事のために、人文学はどのような使命と役割を言っているか?

逆説的である。

したがって、結論的に見ると、ジョブズ氏の人文学は私たちに必要なことを言わない。 ジョブズ氏の人文学は、私達の人文学がむしろ逃していたことを言う。 それは、人文学の最も大きな役割と使命である。 人文学がすべきことは、彼らが質問していない質問に対して、彼らの常識では存在している質問を継続して投げるのだ。 そのことは様々な他の学問が伝統的な人文学がいた役割を代替している中で、人文学が負わなければならない責任である。 私達の人文学は、誰かのために、何に向かって質問をしているか。

したがって、韓国の人文学が存続するには、この死んだ人文科学の社会が復活するには、私たちにもスティーブ・ジョブズCEOが必要なことではない。 それよりも、よりよい集客プレーヤーが必要なわけでもない。 私たちに必要なのは、より多くの人々が集まったの劇場ではない。 上映時間を満たすことを越えなければならない。 私たちに必要なのは、観客に感動と戦慄を与えることができるコンテンチュダ。 そして、時代を洞察し、導くことができる質問である。

人文学の危機は、人文学を作ったのだ。 その危機を解決する鍵も人文学の中にある。 これで、デジタル時代に質問を投げて、私たちの人文学が答えてください。

2011。 03。 04
by kazem2 | 2011-03-04 13:12 | News