ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

賃金団体協議遵守からはじめよう

☆cine21.com
映画の現場の労働環境が改善されていない構造的な理由とその改善策は
e0109292_22351458.jpg

2001年4月25日世宗文化会館大講堂の前でハトの巣』の会員がスタッフの処遇改善を要求するピケットデモを行った。






"零細な映画製作に廃業を勧告する。 発行元看板だけかけて、自己資本でリスクは責任を負いまま高収入だけ追求する映画製作会社は当然退出しなければならない。 自分で質の高いコンテンツを開発して保有することができるノウハウと資本がされている企業が産業を主導しなければならない。 映画の人材をムイムグム、低賃金で搾取している途中映画の一方が偶然に成功して人生逆転する不具合のある製作会社が解雇されていない場合は、誰が正常に投資をするだろうか。 そのような不良製作会社が解雇になったら、大企業でも発行元を信頼であり、質の高いコンテンツを持つ映画製作会社も、大企業との公平な利益配分を議論することができるだろう。"

自分の映画のスタッフと明らかにした読者が、最近<シネ21>に寄せられた投稿のうちの一部だ。 彼は最高には氏の死と関連して、カン・ウソク監督の<ソンソックフィの視線集中>で、
"映画界全体の人材流出"が問題だとした発言を置いて、"市場のファルファンギ間、製作会社は何の変化のための努力をしなかった。 大企業が持つことができなかったのノウハウを持つ制作会社があった場合、投資会社の発行元が依存されていないのだ"と反論した。 韓国映画が脱することができない劣悪な生態系の1次的責任は、スタッフの『労働力過剰』で与えられたものではなく、制作会社の乱立でもたらしたことと言いながら、彼は、"悪意のあるメーカーの撤退"を主張した。

韓国映画が崖っぷちに追い込まてしまったという危機論の前にちょっとでさえぎられた映画界の内部の葛藤が最高は、氏の死に再はみでている。 スタッフは、10年前と比較しても解決されていない劣悪な労働環境は、製作者たちの横暴から始まったものだと短剣を投げて、製作者たちは、一部の不道徳な出版社の事例を一般化するエラーは、警戒しなければならないと言う。 "創作者を死に追いやる産業システム"の全国の映画産業の労働組合の声明にした映画は、"下請業者にしかならないの作者の責めにハンベに乗ったこれらの(投資家)を責める前近代的な対立点"は、どのような解決策も用意されていない、反対意見を出す。 もつれた糸の、どこからどのように展開する必要か。

スタッフの実質的な待遇、2001年比横ばい

指標をおいて見ると、スタッフたちの処遇が過去に比べて改善されたと言うことはできない。 映画振興委員会(以下映振委)は、全国の映画産業労働組合(以下、映画の労働組合)、韓国映画祭作家協会(以下ジェヒョプ)などで構成される映画産業協力委員会が2009年12月に発行した<映画スタッフの労働環境の実態調査>へよるポストゥグプ以下の映画スタッフたちの年間収入の平均は、623万ウォンである。 これは、最低賃金委員会が提案された月83万6千ウォン(年換算で
1003万2千ウォン)の半分を少し超える水準に過ぎない。 映画労組の前身である4レリーフが連合が2004年に調査したポストゥグプ以下のスタッフたちの平均年俸634万ウォンよりも低下した。 4大保険の適用率も微々たるもの。 業務上の災害時の労災保険の処理率は10.98%、
一方、9.58%は個人が費用を果たしている。

2005年の映画の労働組合の発足、2007年と2008年の賃金および団体協約(以下、賃金団体協議)の締結等を勘案すると、スタッフたちの処遇が5年の間、足踏みを歩いている現在の状況を受け入れることは容易ではない。 スタッフと製作会社が部門別、職級別最低賃金基準を定めて、夜間超過労働手当の支給などにも合意したが、2009年のスタッフたちの平均年俸は、最低限の保護装置すらなかった2004年に改善されなかった。 目立つように変わったのは書面による契約を締結するかどうかだ。 2001年の書面による契約書の作成は10.3%に過ぎなかったが、2009年には64.57%へと大幅に増えた。 すなわち、形式的には品揃えをガトチュォトジマン実質的な変更が行わ地震という意味だ。

e0109292_2236465.jpg

2008年の末、チェ・ジンウク映画の労組委員長がガンハンソプ全映振委委員長の映画産業協力委員会への出席を促している。

賃金水準がそのままだと撮影現場で耐えなければならない労働の強度は減少したのだろうか。
2009年の1日平均撮影時間は13.52時間である。 8時間労働をはるかに超える過度の延長勤務を行うが、肝心の超過勤務手当を受けたというのは、400人のアンケート対象者のうち1.6%(2004年9.2%)に過ぎない。 労働条件が悪化したが、それにふさわしい報酬を受けることができなかった。 2009年の『映画のスタッフの労働環境の実態調査の結果のうちの衝撃的なのは"賃金未払いなどの被害に遭ったときに甘受するか、または放棄する"との回答が2004年の
66.9%よりも多く79.9%であるということです。 映画の労組が存在するにもかかわらず、
なぜ、多くのスタッフたちは自分たちの権利主張を放棄している。

危機を理由とした不利益の深化

映画の労使が結んだ臨時団体協議が撮影現場に適用された時点では、2007年7月である。
この時期は、チャンスであると同時に足かせだった。 韓国映画の平均収益率は-43%(2006年-22.9%)と急落打ったし、公開作112編の中で損益分岐点を超えた作品は、わずか13編にすぎなかった。 投資配給会社は、利益率の管理のためにこれ以上の企画開発費と諸経費をメーカーに提供しておらず、メインの投資持分また、50%から30%の水準に下げた。 便数が急減は懸念ほど大きくないれていないが、封切り映画の31.3%が総製作費10億ウォン未満の映画で満ちていた。 出版社とポストプロダクション企業の倒産や廃業が進行される間、4千人以上の従業員たちが大挙離脱した。

賃金団体協議の適用で、"人件費が大幅に上昇する"という一連の予想は、危機論の渦の中で早目にずれた。 付加版権市場が没落した状況で、利益率の改善のためにはまず制作費から削減しなければならないという雰囲気が形成されたが、投資配給会社、製作会社、スタッフが考えている制作費の削減幅方式には厳然と意見の相違が存在した。 結果的に危機は力の論理を貫徹させ、これはスタッフたちの犠牲を前提とするか、または発生する可能性しかなかった。 端的に、賃金未払いのケースの大半は、投資配給会社の無理な制作費削減の要求は、投資が確保されていない状態でも、発行元の撮影突入から起きる。 今までのスタッフたちは不満の声を上げることができなかった。 雇用機会の不利益を受けることができるからだ。

韓国映画の投資収益率が2009年の13.1%、2010年-8%(映振委暫定集計)と徐々によくなっていて、2010年には21本の映画が損益分岐点を超えたが、これを青信号のみで納得することはできない。 同じ時期に韓国映画の平均総製作費は21.6億元で、"2001年以来の最低値"だ。 全ての公開作140編の中で総製作費10億ウォン未満の映画は、73編で、なんと50%を超える。 "2008年以降の映画スタッフたちの労働条件はむしろ悪化した。 制度を作って差し出すと何をする。 投資の社印を押してくれないのに。 資本が同意しない場合には最高の状態である。"した製作会社の代表の言葉だ。 韓国映画の観客数が減少するのにも、韓国映画の投資収益率が好転することができたのはスタッフたちの犠牲が担保されたからだという意味で読まれる。

製作会社も、くやしい...

誰かの犠牲には、それにふさわしい、適切な報酬が伴わなければならない。 できるのか?
2007年、2008年から始まった韓国の映画産業の危機は、その前の何回も繰り返しされていたの動揺とは質的に異なっている。 従来の資本の危機が新たな資本の機会として作用していた、以前の局面とは異なる。 コンテンツの生産のパートナーとして協業していた投資会社と製作会社の関係はもはや見当たらない。 シナリオの開発からマーケティングまで、投資配給会社が制作システムを直接管轄するシステムとなり、既存の創作者たちが介入できる余地はほとんどない。 政策研究員は"かつて不良のメーカーだけが追い出されたわけではない。 システムを変えなければならないという意志を持った制作者も相当数淘汰された"と話す。

e0109292_22364928.jpg

2006年の映画労組とジェヒョプウイ団体交渉の現場。

スタッフたちの労働条件を向上させ、合理的な制作システムを定着するという意味でジェヒョプグァ映画の労組が労使の合意を成し遂げたが、『安定的な収益の確保という資本の絶対命題の前で、可視的な成果を出すことはできなかった。 創作という名で『構想』をしばらく共有していた労働者はこれで[実行]のみお預かりさせている。 一プロデューサーは"ジェヒョプ加盟航空会社のうち1年に
1編以上発表した製作会社がどのようになるのか。 映画の労組は、組織の維持に汲々とする側面が多かった。 労使間の交渉のテーブルを作成して、その中で、映画界の懸案を解放しようとしていた部分は、認められなければならないが、今後の現実的な解決策の用意にいて力をそえて見えることもまた事実だ"と言う。

創作の領域を『奪われた』製作会社と労働者の分け前をまともに受けていないスタッフたちを取り巻く風景は、まだ灰色である。 "製作会社がまともなシナリオを開発することは不可能である。 アイテムの開発において、どのようにすればシナリオの完成度をノプイルカ心配するよりも、投資とキャスティングを受けるために500万ウォンのシナリオの草稿を書くことができるこれらを追求している。"コンテンツの需給業務を担当している出版社の関係者の言葉だ。 シナリオ作家たちも製作会社のドアをノックとか、"安値でも、投資配給会社のシナリオを脚色する仕事を取るために没頭している"。 一製作会社の取締役は、"このような状況で、オリジナルのシナリオを開発することは要員だ"と愚痴ている。

"投資配給会社はこれまでの産業化のためにメーカーに明確なイルチョリルル要求した。 これまで我々はその要求を受け、数千枚に近い方の領収書を添付した。 しかし、肝心の投資配給会社が出してはジョンサンソは、A4 1章であることが多い。 チェジョンエクマンぽつんと書いて送ることを見ると腹が立つ。 マーケティング費の予算をどのようにぴったり20億ウォンに合わせることが不思議だ。 内訳を見てもらうと、それをなぜ見せなければならないのかとする。 収益の分配が正しく行われたかどうか疑うしかないこともある。 2次著作権の場合は、しばらく計算して6ヶ月後の収入を分配を受けることもある"韓国映画の不合理が投資配給会社の横暴だと運転して貼り付けることはできないながらも、一メーカーがぶちまけた不満である。

責任攻防よりも重要な事

投資配給会社も、もちろん言うことはある。 CJ関係者は"投資配給会社がすべてを変えることができる場所にいない。 投資配給会社は、契約の当事者でもない。 労働力を提供する人々が最低生計費も受けられない現実は残念だがそうだと投資配給会社だけの責任か、または解決できる問題ではないようだ"と話す。 企画開発費の支払いの停止と関連しても、"10年前にプロデューサーの機能が重要であるが、産業化の過渡期の今は、スター監督、スター俳優たちの市場と観客がほしいと思う"と述べ、"資本金150億元の会社がかつて累積赤字が1500億ウォンに達した。 会社のドアを閉じるのにも産業への意志のために粘ったということをちょっと知ってほしい"と付け加えた。 制作費の削減は仕方のない措置だったと釈明である。

現在の局面で、責任の攻防が重要なわけではない。 それよりも4年前に作った、最低限のガイドラインとしての賃金団体協議遵守することが急務だ。 映画労組ホンテファ組織局長は"昨年の公開作のうち交渉を遵守した撮影現場はわずか一ヶ所に過ぎない"と述べた。 昨年の映画を封切り製作会社がジェヒョプ所属事務所がない、新製作会社がほとんどなのに加え、既存の出版社も下請けの形で、新製作会社に製作を押し付けるように賃金団体協議の適用を回避している。 一方、正(政)の役割も必要である。 公的支援がヌンサイルことがないが、公的な役割は切実だ。 文化体育観光部、映振委などの公的機関では、これまでの責任を傍観したとしか見ることができない。 一般的に公的支援だとすれば、失業祝儀制度の実行のみを思い浮かべるが、それだけではない。 現在、映画の労組はジェヒョプグァ一緒にスタッフの標準契約書の開発、4大保険の義務加入、企画開発費の拡充案、現場人材専門のための教育なども用意したり、進行中だ。

ハンナラ党ジョンヅオン議員が2月15日に開催した 韓国映画の芸術系のクリエイティブな環境の改善のための懇談会で、文化体育観光部の関係者は"共生の構造のための協議体を用意する"と明らかにした。 約束は行なわなければ嘘になる。 収益率の改善が合理的なシステムのピルヨチュンブンジョゴンイルことはできない。 創作主体の可能性を信頼せず、可能性を認めていない場合は、どの産業がプラスの成績を期待できるだろうか。 制作費の水準が言うように、2011年の韓国映画は、2001年の過去に戻った。 過去に抱いていた夢をあきらめていない場合は、まず何をすべきかドゥェムルウル時だ。 ハンベに乗った場合は、当然にようにする。 誰かの飢えはそっぽを向くしてはいけない。

文: イ・ヨンジン | 2011.03.03
by kazem2 | 2011-03-03 22:53