ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

金がなくてやれないんですって? 本当ですか?

☆cine21.com
スタッフたちの不当な扱いの事例として、本問題...ブロックバスター·合作映画も例外なく
e0109292_21583342.jpg




チェ・コウン作家の死についての報道は、時間が経つにつれ様相を異にしている。 実際に彼女が残したメッセージと、周りの人たちの証言によると、彼女はグムオジュクジておらず、"残りのご飯ちょっと違う"ともしなかった。 その点で、映画界の過酷な現実が彼女の死で運転していったとはできないだろう。 しかし、映画界がこれまでスタッフと脚本家への不当な待遇をしてきた以上、彼女の死と映画界の現実は、接続することしかないように見える。 さて、一体スタッフたちの処遇がどうだからこのような結論が出たのだろうか。 韓国の映画産業労組の映画人訊問告に受理されたスタッフたちの事情をサーフしてみた。 さまざまな事情の中での結論は一つだった。
お金がなくてやるという言葉は嘘である可能性が大きかった。

ケース1:シナリオを書いたが、誰も知らない

- 人々は興行映画、AがBの監督が直接書いたシナリオで作成されたと思っている。 しかし、事実上のAの原案を提供するこれは、シナリオ作家のCだ。 Cは、発行元Dと契約してAのシナリオを書いた。 ところが、その後D社ネブサ上製作が困難になり、この時点で別の出版社、EがDからAのシナリオを買った。 この過程で、B監督が脚本と監督を兼ねたようドェボてしまったし、原作者のCは、幽霊になってしまった。 Cは、元の製作会社のDからAへの約1500万ウォンほどの脚本料を受け取っている場合、問題となることではなかった。 しかし、お金はAが公開されるまで入金されなかった。 会社側は、Aがジャルドェソ収益が出ればやるという覚書を書いた。 Cは、映画が公開された1年後にはお金を受け取ることができる。 Cは、"シナリオを書いておくの高さのクレジットに原案にも名前が上がっていない場合"が多いという。 "韓国の監督たちは、自分がシナリオを書かなければならないという意識が強い。 このため、シナリオを買うとき、最初から原案のクレジットまで買ってしまう場合が多い。 私の知る限りではBの監督は、このような場合には、初めてではない。 今までに書いたほとんどのシナリオがすべて原案者がいるのに、一度も名前をあげてくれたことがない。"

ケース2:投資がなければ、シナリオゴリョもない?

- シナリオ作家のAも、作業を完了してから4年になりまが脚本料を受け取ってはいない。
自分のクレジットが上がる作品でもない。 監督が原作パングォンマン買っていては、Aと別の作家に一応のシナリオを書くようにした。 二人の作家は、あるモーテルで、約6ヶ月間のめりこんでシナリオを書いた。 受けなければならないお金はジャクガダン約800万ウォン。 問題は、二人の作家も契約書を書かないまま作業に入ったということだ。 "普通の知っている形や知っている型の知っている人が一緒にやろうとするから一応書かれているんですよ。"実は我が国のシナリオ作家たちは、契約書を書くときも、あいまいな契約条項のために被害を被る場合が多い。 A作家は言う。 "一般的なスタッフの契約書が3枚程度には、作家たちは、1枚の半分ほどだ。"出版契約書には、著作権や印税などをどのように支給するというエントリなど、さまざまな条件がありますが、映画のシナリオで契約書には、成果物の金額だけ書かれていて、すべての著作権は、甲に帰属されている形だからだ。 さらに、タスクの期間を明確に明示しない。 成果物の正確な定義はない。 1とそれとも2、3とタイムリー必要がありますが、通常は『頑固』と契約書に記す。 現実的に『頑固』は、映画の撮影が終了する必要が出てくるのがワンゴダ。 もし、製作会社が投資をすべて取得していない場合は、この契約のために着るの被害はもっと大きい。 撮影の前に、頑固が出たとしても、投資を受けていない以上の脚本料を支払うてしまうからだ。

事例3:ブロックバスター映画であっても興行してお金ジュンダニ

- チョワルヨウンブAはどこの超大作映画の現場でBカメラ朝食を務めた。 ロケーションの相当部分が海外で行われた作品だった。 撮影期間が予定よりも増え、Aを含めた全スタッフは、制作会社となる契約を結ぶした。 製作会社の代表は、増えたの期間分の人件費を全スタッフに支給することを約束しており、統計量の薬をした。 計1億数千万ウォン程度の金額で、Aの分け前は400万〜500万ウォン程度だ。 クランクアップの数日に控えたある日、発行元の代表は、"興行になると、追加の人件費を支給する"と言葉を変えた。 Aは、受けなければならないお金を受けるのはなぜ興行が条件とされなければするのか理解できなかった。 しかし、他のスタッフが暗黙的に同意している雰囲気だとAも意見をボテヤした。 映画が公開された後、Aは、<シネ21>をはじめとする複数のメディアで映画が興行しているという報道に接した。 しかし、まだ追加の期間の人件費は支給されなかった。 Aの通報を受けた映画産業労組は、この映画が観客の数はたくさん聞いたけど、まだ損益分岐点を超えていない状況だということを確認した。 とにかく、製作会社がAをはじめとする全スタッフに支払わなければならないお金は興行どうかに関係なく、『増の期間中、日韓だけに、当然のスタッフたちに支給しなければならないお金』だった。 約7年目のキャリアを持っていたAは、最終的に、"汚くて、もはやできない"とし、現場を去った。 莫大な製作費が投入される超大作映画といって、スタッフたちの処遇までの豊かなことではない。 制作費のためにスタッフの人件費は、多くの場合、削減されたり、興行を条件に延ばしたりする。

ケース4:公開も賃金も未知数

- 演出部Aは、少ない額のお金でも受け取ることができた。 いや、Aだけでなく、全スタッフが同じ思いだったのだろう。 B監督が某巨匠監督の助監督出身という点になんとなく信頼が行ったのも事実である。 当時、"某監督の長年の助監督出身のBが自分の色を持っていよいよデビューする"という記事が出てくるほどB監督は師匠の有名税を最大限に利用した。 予算は、師匠の映画と同様の10億ウォン未満のジョイェサンヨウンファヨトダ。 撮影は無事に完了されたが、映画はまだ上映館が取れずにいる。 Aを含む全てのスタッフの人件費もまだ支払われていない。 特に、補助出演者たちのコミュニティーでも、この映画は、人件費を支給していない仕事のために大幅に大騒ぎのが常であった。 映画振興委員会の多様性映画の公開支援作に選定されたが、賃金未払い訴訟がかかっていて、現在ではこれさえもキャンセルされた状況だ。 映画振興委員会の支援ではなく、他の方法でも公開が不透明だ。 この場合には、配給会社がスタッフの人件費を受け入れていく必要が、そこまでしながら、ジョイェサンヨウンファルル配給里はなさそうに見える。 ジョイェサンヨウンファエソAの事例は、敷地のことだ。 商業映画に比べて、人脈に大きく依存しているだけに契約書もなしに働く場合が多いからだ。 Aは、現在、他の作品の演出部として活動している。 労組は、彼に"いかなる理由でも映画版を去ってはいけない"とした。 一応受けなければならないお金はすべて受けて出て行けという話だった。

事例5:監督の悪口は、基本的な、未払いも我慢しろ。

- 扮装チーム長、Aは監督に悪口を聞いた。 そもそも暴言と暴行で有名な監督だった。 どれくらいなら、前作で一緒に働いていたスタッフの中で、今回の映画に合流した人が撮影監督だけなんだろう。 助監督をすると出る人もなく、前作の演出部員を査定して連れて来たと聞いた。 撮影場で彼のスタッフたちに悪口を言っており、テリョトゴも、元山爆撃をさせたりした。 監督から悪口を、正確に女性卑下に近い方の悪口を聞いた時、Aは考えた。 すでにこの業界に入ってきて、日韓から10年が過ぎたが、あえてこのような状況をこらえながら映画をしなければならないか。 ひどい侮蔑感を感じたAは、この映画から手を引こうとした。 製作会社は引き止めた。 Aチームの代わりに入ってから仕事をしようとする他の扮装チームが無かったのが理由だった。 Aは他のチームの引継ぎを行うまでは、仕事をくれると言った。 結局、出版社は、最初の映画を務めることになった新生扮装チームを水素識字連れてきており、Aは、引継ぎをした後、別の映画の現場へ向かった。 問題はこの時からだった。 Aは、引継ぎの時点までに働いた部分の賃金は約800万円について、発行元が"映画が公開された後の収入の精算をしてあげる"としたのだ。Aは、スクリプト作成、制作部、演出部、プロデューサーなどの中間に変更された他のスタッフは、お金を受けたが、なぜ自分の賃金はミルリョていることを理解できなかった。結局、Aは、賃金の支給と暴言への謝罪要求を映画訊問告に受け付けた後、調整を経てお金を受け取ることができるが、監督の暴言の製作会社は、携帯電話のみで謝罪しただけで、公文書を介してタイムリーにしなかった。Aは、再びその会社に向かって深度吐かないつもりだ。
e0109292_2225644.jpg


ケース6:ハリウッド資本の虚像

- ハリウッド資本が入ったの映画といって、製作過程まで透明ではない。 米国と韓国が共同制作に参加し、韓国でロケした海外の合作映画があった。 ところが、この作品のスタッフ全員が映画会社の代表を相手に訴訟を起こした。 韓国スタッフ全員の人件費が滞納されたためだ。 事件を受理した映画産業労組は、共同制作に参加した海外の映画会社に『韓国側のスタッフの被害事例に関する内容を盛り込んだ公文書'を送りながら、『そちらのスタッフも受ける恐れがありますので、十分気を付けなさい』と教えてくれた。 分かってみれば、この映画の主人公として出演したハリウッド俳優も保証を受けられず、訴訟をかけた状態だった。 韓国スタッフたちは、約8ヶ月にわたる訴訟の末、裁判官の仲裁で人件費を受け取ることができる。 あくまで演出部と制作部の人件費だけであり、これらを除いた技術スタッフは、現在も訴訟中だ。 ここで、好みの疑問点の一つ。 スタッフの労働条件と環境が厳しいことで有名なハリウッド資本の下で、どうしてこんなことが発生する可能性のだろうか。 映画会社は、厳格な労働規制を避けるために、米国以外のカナダ法人を置く会社と制作を進めているという。 海外の合作映画といって無条件に信じてはいけません。 計算して見ることはすべて計算して見なければならない。

事例7:シルジャンマン契約書を書く"の統計薬の弊害"

- かつて小物室長AのチームメンバーだったBが釘を受けたお金は約120ウォンである。 製作会社がお金でくれて釘を受けたものではない。 出版社からお金を受け取ったA室長がチームのメンバーに賃金を与えないまま、別の現場でトィオトギだ。 今も韓国ではいくつかの有名な映画はすべて小物を務めているようだ。 分かってみたらA室長にされた人は、Bだけではなかった。 チームメンバーのお金をテモクギロ元から有名な人だった。 方法もギガ冷たい。 一応A室長は、制作会社との契約をするとき、他の小物の会社の名前を詐称して契約をした。 後で問題が生じても契約書に記載された小物の会社は責任がなく、自分はボプマンを避けることができるからだ。 そして、Aは、新たな作品に参加するたびに、新しいチームメンバーを募集した。 また、携帯電話の番号を変えた。 "こういうふうにこの映画、その映画の中で数多くのスタッフたちのお金をすべて使い込んだんですよ。"もしA室長が制作会社からお金を受け取っていない場合は、Bも理解したのだろう。 また、A室長また、Bを損なうことなく、一応、次の作品までのようにしようとしたのだろう。 Bは、自分の事件が、"統計の薬の弊害"と述べた。 スタッフごとに個別の契約をせずに、チーム長とのみ契約する場合には、お金を解雇食べることが容易なのだ。 BはAの実装が、最近別の映画の小道具を引き受けることになったという話を聞いた。

事例8:どんなに大きな会社であってもだめだったよ

- 撮影中だった作品がある日、製作中止となった。 ジョガムドクインAは、再び撮影が再開されるか気になった。 製作会社の代表は、スタッフにすぐに戻って制作に入るんだとスタッフのためにしばらく待つようにした。 Bは、代表の言葉が疑っていた。 すでに撮影していた俳優たちまで、この映画のボイコットを宣言した状態だった。 やはり適時にお金を与えていないためだ。 それでもAをはじめとする多くのスタッフは、制作が再び行われることを待っていた。 待って待ってみると、結局最初の契約書に明示された製作期間が過ぎていった。 当然、残金は入っていない。 製作会社の代表は言い逃れした。 "私はいつ待てと言ったんだ"Aはあっけなかった。 もし、製作会社の代表者が撮影が難しいことを事前に言って、契約を途中で解約した場合、Bは、既に他の映画の現場で仕事をしていたのだろう。 他のスタッフも同じだ。 約1年が過ぎた今も、残金を受けることができなかった。 訴訟のことを考えてもいた。 かけると、100%勝てる訴訟である。 しかし、制作会社にお金がない以上、弁護士スイムリョマンていくだけで、訴訟の価値がないのが問題だ。 発行元代表が有罪を宣告されても、数ヶ月の実刑を生きて出るとグマンイルだ。 結局、Aの残金はまだ帰っていない状態だ。

ミスルチム原因BまたAと同様の理由で賃金未払いを経験している。 戦争映画の企画が盛んに増えれていた時期だった。 Bも、どの戦争映画の製作に参加した。 映画の製作会社は、どの団体からの投資を約束し、このプロジェクトを引き受けた。 しかし、その団体は、最終的に投資を誘致させることができず、さらに悪いこと詐欺罪で有罪を宣告された。 もうその時はBをはじめとする多くのスタッフが、この映画のプリプロダクションを完了していた時だった。 結局、契約期間が終了するまでの制作に入ることができなかった。 現在までにミスルチムや小物のチームが行うお金だけで約2億ウォンである。 製作会社も、その団体からの詐欺に遭ったセムイギヌンが、目の見えないお金に夢中に幽霊のプロジェクトをガブリと聞いた点については責任を負わなければならない。 また、発行元代表が、"この映画は、会社のお金を投資してでも作ってマルゲトダ"とスタッフのために待機するが、いない場合はどうだったろうか。 Bは、"お金がない会社だとは分からないが、それなりの数十億ウォンの資産を持っている会社がお金でくれるのが話になるのか"と抗弁した。

事例9:特殊効果の専門家...実力は上、待遇は、最低

- Aは、実力と経験を認められている特殊効果のステップである。 しかし、待遇は最低で受けた。 彼が所属する特殊ヒョグァチムの監督Bは、6、7作品を一緒にする時にAにたった一銭の賃金を支給しなかった。 いつ、どこでどのようにダチルジしれない危険の中で、Aは、その一般的な生命保険でさえも利用されていなかった。 賃金未払いが2、3年の間継続されると、Aは、チームメンバーと一緒にチームの監督を相手に訴訟を起こした。 裁判所の判決の結果はこうだ。 監督が所有しているが、どこに出しても何十万にしかならない特殊効果装置をチームのメンバーに渡すこと。 その間チェブルドゥェンチーム員の人件費を支給すること。 監督は、裁判所の判決のように装置を越した。 問題はその後だった。 チームメンバーが装備を悩ましているのを見抜いたB監督が無償で機器を借りて、他の作品で使用し始めたのだ。 なぜレンタル料を支払うことなく、装置をスニャは、チームメンバーの反発にB監督はどのような作品もしなかったと言い逃れていたが、Aとチームは、あるドラマでその監督のクレジットが上がることを確認した。 結局、チーム員の給料は、合法的にテイヌン状況になってしまった。

事例10:ありもしない保険料を奪う詐欺

- 知っていながらやられた。 補助出演者Aは、一エキストラマネージメント社に所属していた。
多くの作品で、セカンダリの出演で活動したが、Aがマネージメント社の代表Bから受信した人件費は、一銭もなかった。 Bが制作会社とのたらいに補助出演者の契約を結んだ後、所属俳優たちに支給しなければならない人件費を途中で横取りしたのだ。 それでも足りず、Bは、補助出演者を相手に詐欺行為を繰り広げた。 Bは、"日本でロケする戦争ブロックバスターに出演することにした"としながら"この映画に出演するためには20万ウォンの保険料が必要だ"とし、Aをはじめとする補助出演者たちにお金を要求した。 Bの言葉疑いが行ったりしたが説明を聞いてみると、その映画監督が、前作で同様の映画を撮ったことがあったので、Aは、保険料を出した。 しかし、Bはそのお金を持って姿を消した。 知ってみるとBは、そのような方法でソノゲの会社を倒産に陥れた者であった。 Aは、まだ未払いの人件費1200万ウォンを受けることができなかった。 その後、警察に捕まったBは、6ヶ月の実刑が住んで出た後も、映画界のあちこちを移動して通って詐欺を打っている。

事例11:お金があるのに与えないとは

- 広報マーケティング担当者Aは、しばらく休んでいた時に、以前働いていた広報社から電話を受けた。 広報社の代表は、今回の映画だけをして会社をたたむと思うと言いながら、少々手助けができるかとした。 Aはノヌニ働という考えに合流し、一ヶ月後、月給を受けた。 しかし、その後約4ヶ月間は、月給を受けることができなかった。 代表は、今すぐにお金がないと言って待つようにした。 ところが、お金がなかったのではなかった。 映画会社は、ありがたいことに、従業員たちの給料をジュラミョ残金を事前に与えられた状態だった。 Aは、代表者に計算して、水だった。 帰ってきた答えは、"お金が入る所が一二か所ではないから待ってろ"というのだった。 それでもキャリアを持っているAは、代表と戦った末に押された給与を受け取ることができる。 知ってみると、まず、働いていたマクネグプ従業員は、以前から給与を受けられなかったのに、何もできずにいた。 いよいよ働くことにした最後のか月の時点で、Aは最後の給料を前払いでくれたり、契約金と残金に分けてくれと要求した。 代表は"最後の月の給料を最後の月にあげるのに、何が問題か"とし、Aは、"前の給料も全部ミルォソてくれたから、釘ミトゲトダ"と受け返した。 結局、広報社代表とAは、労働契約書を作成した。 最後の月の給料の支払い時に一を書き、この日、支給しない場合は、하루당延滞が者がつくの条項を入れた。 Aは、"もし、そのお金を今も受けることができれば、本当に大金になるだろう"と述べた。 以来、広報社代表は"申し訳ない"という言葉をメールで残して携帯電話番号も変更したまま潜伏した。 Aは、"運が悪くてお金を持っていたずらをする人に会ったようだ"と話した。 以前働いていた別の広報社の代表者は、従業員が書いた進行費をお支払いしてくれなかったこともあった。 やはり彼も映画史に進行費の領収書を上げてお金も受けたのに、従業員たちに返してくれなかった場合であった。 Aをはじめ、当時一緒に働いていた従業員は現在、訴訟を進めている。


文: ガン・ビョンジン
文: キム・ソンフン
写真: チェ・ソンヨル 2011.03.03


ため息しか出ません
私には理解できません
by kazem2 | 2011-03-03 22:03