ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

"CJ E&M"国外市場の攻略死活

☆Hani.co.kr
e0109292_12401781.jpg

»大手メディア企業CJ E&Mの立ち上げと売上高の目標(※クリックすると拡大)

東南アジア米韓中日進出..."ジョンピョン、事業性の究明ない"
2015年までに年間9300億全体の売上高の30%目標
"成功の可能性高く" - "統合効果は未知数"意見分かれ





CJイエンエム(CJ E&M)が'国内唯一の総合コンテンツ企業'を標榜し、1日に正式に発足した。
総合編成チャンネルの出現と共に、今年のメディア業界の二大事件に数えられる「巨大コンテンツ企業」の登場で、各界の関心が集まっている。
CJイエンエムはCJメディア(放送)+オンメディア(放送)+ CJエンターテイメント(映画)+ Mnetメディア(音楽+公演)+ CJインターネット(ゲーム)+近江メディアホールディングスの6つの会社を合わせて誕生した。 一応小柄から大きくなった。 企業別県売上高を単純合算しても、
1兆1000億ウォン 規模 だ。 2009年<韓国放送>(KBS)と地域社を合わせた<文化放送>(MBC)の売上高がそれぞれ1兆2930億ウォンと1兆353億ウォンであることを考慮すれば、有料放送を超えて、国内のメディア市場全体を緊張させる強者が出現したわけだ。 CJイエンエムは、2015年までに売上高3兆1070億ウォンを目標としている。 5年以内に現在の3倍の売上の伸びを成すということだ。

『目標達成』案も出した。 国内の投資と配給を中心と映画のビジネスでの制作を 強化 する上でのビジネス の構造 をバクドゥェ、<カンフーパンダ>のようにアジア的な感情を元にしたアニメーションを作成する計画だ。 放送側では韓流音楽の市場を中心に、東南アジアを集中的に攻略して、国内で人気を集めた『ジェットコースター』の中国版制作にも乗り出す。 'マクドェモクウンヨンエさん』や『スーパースターケイ(K)』などの人気番組では、公演、映画、ゲーム、コンテンツとして再誕生させるという腹案も推進中だ。

コンテンツ制作と流通の能力を完備したCJは、有料放送市場での独走体制をリードするものと見られる。 既にコンテンツの側ではかなう相手ではなくて、에스오(SO総合有線放送事業者)であるCJハロービジョン(統合された企業では除く)も先月、クリエイティブな数をクリックし、加入者1位(クリエイティブな数の東西のデジタル放送の買収が完了すると再逆転)にのぼった。

CJイエンエムの事業戦略で 最も 注目すべき点は、海外市場攻略に死活をかけているという事実である。 その間、CJは、映画の方で、日本の現地直配である「CJエンターテイメントジャパン」を設立し、米国の『ハリーポッター』シリーズの制作会社「1942ピクチャーズ」とパートナーシップを締結しており、中国の民営映画会社『ボナ』ともパートナーシップを結んだ。 放送側では、東南アジアの7つの地域に進出した<クリエイティブ外苑>(tvN)チャンネルを、今後11カ国にまで拡大する計画だ。 現在の売上高の10%に満たない海外収益(920億ウォン)を、2015年には総売上高の30%(9300億ウォン)までに育てるという方針だ。

この会社の『海外市場中心主義』は、政府与党との新聞社が世界的なメディア企業の先決条件としてジョンピョン進出を主張したこととも、他の戦略である。

ジョンピョン導入の議論の初期の最も成功する可能性が高い企業で、CJメディアが問われたが、CJは'ジョンピョンウイ道』に入ってからではなく、'、海外投資に集中するコンテンツ企業'で勝負を投げた。 CJイエンエム関係者は"事業性が解明されていないジョンピョンエ飛び込みとかTV円を使って育ててきたコンテンツ事業に集中するのが望ましいという判断だった"と話した。 ジョンピョンチョロム競争が激化する 国内市場 へのメダルリョソン世界的なメディア企業になることができないという 計算 だ。 一エムエスオ関係者は"CJは、海外事業に失敗した場合、国内市場の争奪戦に参加しながら、(メディアの生態系への)悪影響を及ぼしかねない"と憂慮した。

CJイエンエムが国内のメディア市場に及ぼす衝撃波せていた様々な見方が提示される。 有料放送の方ではだいたい喜ぶ雰囲気だ。 ケーブル放送局のある関係者は"コンテンツの市場で力を数えながら、地上波放送の影響力を弱体化させるだろう"とし"単純なコンテンツ企業とは異なり、付帯事業に続けてCJは、海外事業の成功の可能性も低くはない"と見通した。 様子見の視線もある。 一エムエスピ(MSP、複数総合有線放送チャンネル使用事業者)の関係者は"一応の規模の経済は確保したが、まだ、各事業部門を 機械的 にハプチョトウルだけでどのような効果を出すことできるかは未知数"と留保的な態度をとった。 CJイエンエム登場が放送市場を『地上波-ジョンピョン- CJ'3者の構図に再編する一方で、メディア業界の伴う大型化をチュドンハルというジジョクエン異見がない。 有料放送の2大事業者である泰光はジョンピョン脱落に関係なく、クリエイティブな負荷を中心に、メディアの グループ化 を推進している。 ジョンピョンドエムピピ(MPP ·複数の放送チャンネル使用事業者)の戦略を選ぶように見える。 特定の事業者への傾き現象の防止や小規模な独立系ピピ(PP放送チャンネル使用事業者)の保護政策が支持されなければならないという声が出てくる背景だ。

이 문 영 기 자の moon0@hani.co.kr イ・ムンヨウン記者
by kazem2 | 2011-03-03 13:03 | News