ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

狼男の映画を白鳥の人間の映画で

☆cine21.com
ダーレン・アロノフスキーが言う<ブラックスワン>制作裏話
e0109292_21463419.jpg




- どのような動機でスタートできています。

=オリジナル<白鳥の湖>は、ゴシック調の話だ。 白鳥に変わる女について。 若年時に私はこれがオオカミ人間の種類の映画になると思っていた。 狼男の映画を白鳥の人間の映画に再発人の考えに常に引っ張られた。 また、バレエという、このユニークでエキサイティングな世界を探検して、
それが何であるかを示すことにも深い興味を感じてきた。 私の妹も幼い頃はダンサーだった。

- いつのシナリオをジョプヘトナ。

=ドストエフスキーの<分身>を映画化する作業にぶら下がっていたところだった。 バレエグク<白鳥の湖>を見に行った。 それまではバレエを見に行ったことがない。 ところで、白鳥や黒鳥のような舞踊家がいることを知ることになったすると、すべてが私の頭の中に浮上した。 『ユリイカ』の時だった! なぜなら、これこそバレエの世界の『分身』だったのだ。 そうこんなんだ、という気がした。 グジュウムエ私にはこの映画の草稿が入ってきた。 <レクイエム>の編集をしている最中だったが、オフブロードウェイを背景にした<イヴのすべて>(ジョセフL.メンケビチュガ演出し、ベティデイビスが出演した1950年の映画。無名の女優が、既存の有名女優を押し出して、その場の代わりを占めている)というだけの話だった。 しかし、映画にするというメーカーがなかった。 私は無関係に何年もの間回って、5年前に戻って自分の手元に入ってきた。 にもかかわらず、バレエの世界の話ではなかったが、オリジナルシナリオの力が良かった。 それをバレエの世界に変えて出すのに多くの時間を注いだ。

- ナタリーポートマンは、いつ、このプロジェクトに参加することになったのか。

=このプロジェクトと関連して、ネトルリルル8年前、タイムズスクエアで会った。 彼女が大学の新入生の時だった。 私はいつも彼女のファンだったし、その信じられない身だしなみだから、その首と頭を見て、彼女が素敵なバレリーナになることができると考えた。 会ってみると彼女は本当にバレエと一緒に住んでいたことが明らかになった。 彼女は네살からヨルセサルまでバレエを学び、多くのバレエをブワワトゴ多くのダンサーを知っていた。

- 彼女にバレエの訓練はどうだったか。

=かなり残酷だった。 彼女は約1年の間、1日5時間ずつ、バレエや水泳をした。 その結果、非常にクールなスタイルを備えるようになったし、彼女が幼い少女の頃から持ってきた夢を生かして出し、彼女にとっては、かなり良い時間だったと思う。(監督のこの言葉にナタリーポートマンは、訓練が厳しいことには同意しても、素晴らしい時間だったのには同意しないか知らない彼女は、2010年11月<デビッドレターマンショー>に出演して、体重20ポンドを減量した後、猛練習をして肋骨が脱臼したのに監督のダーレン・アロノフスキーが自分にずっと演技することを慫慂したことについて批判的な意思をほのめかした。)

- 排他的なことで悪名高いバレエの世界をどのように映画に引き込むことができたのか。

=舞踊家の中には<力士>のファンが十分にあった。 さらに、映画の中で王子様役で出演するベンジャミンミルピイェガ大きな助けになった。 彼はナタリーポートマンの現在の恋人であり、尊敬される振付家であり、ニューヨークシティバレエの首席舞踊だ。 彼が私達の心強い助っ人になってくれた。 すると、ゆっくりと確実にすべてのものが開かれた。 もちろん、まだダンサーたちと一緒に仕事をするのは非常に難しく、スケジュールをとるのは悪夢のようだったことだ。

- 影響を受けた映画は。

=どのような具体的なオマル主導ありませんが、明らかに多くの影響を受けた作品がある。
ロマンポランスキーの<憎悪><テナント>、デビッドクローネンバーグ、カメラのスタイルに関してはダルデン兄弟、そしてもちろん<ブンホンシン>。

*このインタビューは、<サイトアンドサウンド><インディワイヤ><アメリカンシネマ土フォトグラファー>からの抜粋要約したものであることを明らかにする。


まとめ: ジョン・ハンソク 2011.02.24
by kazem2 | 2011-03-01 21:46 | Comments(0)