ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

苛酷 不安も苦悩もカオスの完成に向う執念

☆cine21.com
ダーレン・アロノフスキーの<ブラックスワン>この魅惑的な理由は、
e0109292_1920923.jpg







ダーレン・アロノフスキーは、古くから<ブラックスワン>の演出を夢見てきた。 ついにこの映画を構想したか、十数年が経ち、次の映画は完成され妙な魅力のエロノプスキシクバレエ映画の一方が私たちの前にしてきた。 あなたの予想通りアローラフモンスキーのバレエ映画は美しくまたれ至純するよりも、派手で衝動的だ。 <ブラックスワン>は、果たしてどんな映画なのか、その全貌をチェックしてください。 一方、国立バレエ団首席舞踊家キムジヨン氏ユニバーサルバレエ団首席舞踊家ファンヒェミンシルル招待して、<ブラックスワン>を見たのバレリーナたちの興味星のバレエのおしゃべりも用意した。


<ブラックスワン>を演出したダレンジレンマラフモンスキーが長くマスターを見つけることができずに海上についたプロジェクト<ウルヴァリン>の演出を引き受けることにしたという事実が先日発表された。 同時に、<ウルヴァリン>以後の彼の演出作として公表されたプロジェクトの1つの機械技術者が自分の身体の一部をチタンに置換して、機械の人間として新たに生まれるには<マシンのトップ>である。 ハリウッドでは、比較的自分の好きな素材を選ぶだけの場所にある隘路ラフモンスキーの場合、この二つの映画は、きっと彼の関心のピョミョンイルである。 そのため、質問は自然に生まれる。 苦情ラフモンスキーがスーパーヒーローを扱うときに、既存の数多くのスーパーヒーロー映画の主人公と彼の主人公は、どのような違いがあるのだろうか。

<ブラックスワン>までのダーレン・アロノフスキー映画を前提に、<ウルヴァリン>と<マシントップ>この両方の突然変異または半半期系ということを前提に、一つの不明瞭な推論が可能だ。 アロノフスキーは、彼らの能力ではなく、彼らの肉体的な運命について、あるいはそのアイデンティティの圧迫が与える心理的葛藤を、相当数の映画の内容と表現に考慮する。 すべてのスーパーヒーロー物にその質問が、多少のOntologyのように付いていても、ダーレン・アロノフスキーは、必ずその傍点を主人公の外向的能力よりは内向的葛藤の上で置き換える可能性が大きい。 あるいは、その内面の状態の強力な可視化が彼の目標値だ。 その時、その主人公たちの世界は概して暗く、彼らが認識する世界はいつもカオスに近い。 少し前までは苦情ラフモンスキーがそのように作成することを念願したが、結局実現されていないプロジェクトは何だったのか。 それは相違ではなく、最も黙示録的なスーパーヒーローの中の一つの<ロボコップ>だった。 ダーレン・アロノフスキーは今、広い意味での半分の半数(バンギギェ)あるいは体の突然変異のプロジェクトを着実に進めている。

、ブラックスワン>、<レスラー>の姉妹編
だからダーレン・アロノフスキーがバレエ映画を作ったということは、彼が苦闘する映画を作ったときのことほど奇妙に見えることだ。 しかし、監督には確かに本音があったようだ。 "<ブラックスワン>は、<レスラー>の姉妹編である。 ある人はレスリングが最も低いレベルの芸術の形だと言って、ある人は、バレエが最も高いレベルの芸術の形だと言う。 しかし、プロレスのバレエは基本的に同じ点がある。 レスリングの選手を演じたミッキーロークは、バレリーナを演じたナタリーポートマンと非常に似ている過程を経た。 二人の人物も肉体を通して自分自身を表現する芸術家であり、けがの脅威に悩まされている。 二人が持つ独特な表現手段はユクチェインわけだ。 全く別の二系統で共通的な話を発見したという点が、本当に面白かった。"

この姉妹の外見が似ていて見えないこと。 彼らは生まれが同じだ。 彼らの素性とは、肉体を展示する者たちの過酷な自分の葛藤である。 彼らは舞台の上で観客に向かって、肉体を上演して見せて彼のために極限の訓練を必要と歓喜と絶望を得、そのために精神的な圧迫にまで苦しまなければならない。 アロノフスキーは別のものの量に見える2極と極をイウミョ両方がお互いに通じていることを強調する。 ただし、電子の人物は、ドキュメンタリーに近いほどリアルにチクヒョトゴ後者の人物は、為替相場と幻聴がいっぱいのシーンの中にあります。 単にレスラーとのバレリーナではなく、「退物」レスラーランディと「プリマバレリーナ」ニーナという名前の上でより多く入ってみると、ダーレン・アロノフスキーが物理的だと言ったとしても、この二つの映画は、物理的に生きる人々の過酷な不安と苦悩のことになる。 <レスラー>に半半数になった一人の人間の後日談を描いている場合は、<ブラックスワン>は、今ちょうど半分の半数になっていく物語の前哨戦を広げようとする。 そのため、私たちは<力士>で、すでに半分はモンスターになってしまったの存在の不安を見つけたならば、<ブラックスワン>は、モンスターになっていく彼女の不安を見ることになる。
e0109292_1932055.jpg


ニーナ(ナタリーポートマン)は、ニューヨークシティバレエ団のワレリー出る。 消極的で柔らかいニーナはママ(バーバラハーシー)と二人きりで住んでいるのに母親は彼女を人形扱うようにする。 ニーナが話せるのは、ひたすらバレエだけだ。 男友達もなく、バレエ以外の生活もない。 そのころより長くバレエ団のプリマバレリーナとして活動していた先輩(ウィノナライダー)が引退し、バレエ団は、<白鳥の湖>を新たな気持ちで上演することにする。 団長(ヴィンセントカッセル)は、オーディションで白鳥や黒鳥を演じるバレリーナを新たに絶つことを宣言する。 基本技は、最も優れているけど、どこか挑発的ではないという理由で、白鳥は良いですが、黒潮はうまくできないようだという理由で、ニーナは、脱落の危機に処する。 しかし、ニーナと団長の間にいたの事故がきっかけとなり、ニーナは結局、<白鳥の湖>の主役を占めることになる。 しかし、この頃の新レッスンリリー(ミラクニス)が新たに入ってくる。 彼女の実力は、洗練されることもあまりできなくてもいませんが、本来の魔性的な魅力を備えている。 ニーナはそれを警戒するがリリーと友人として近づくこともある。 リリーへのなじみと警戒心を行き来しながら、ニーナは、徐々に恐怖を感じ、一方では四方から自分に似たドプルゲンオの出現を目撃し、分裂の世界に落ちこむ。

何よりも<白鳥の湖>であったことが重要だった。 苦情ラフモンスキーがある日、偶然見に行ったバレエの劇が<くるみ割り人形>や<ジゼル>だったら、この映画は成立されないプロジェクトだった。 ドストエフスキーの長編小説<分身>をどのように映画にすればいいのかを視覚化していたダレン・アロノフスキーがバルレグク<白鳥の湖>を見ながら、白鳥や黒鳥を一人のダンサーがいることを知ってから<ブラックスワン>は成し遂げたのだ。 のために<ブラックスワン>の傍点は、この映画がただバレエで終わるのではなく、<白鳥の湖>という点だ。 だから、物語の構造はこのように出来上がって行ったのだろう。 <白鳥の湖>は、白鳥や黒鳥を一人になる、それならそれをする主人公は、二つの自我を持ってこなくているのではないか、その主人公の強迫とは、果たしてどの程度なのか、その強制をモルアブトヨ見れば、彼女にはどんなことが起こって出るのか、そして、それは映画の中でどのように表現されなければならないのだろうか。 <ブラックスワン>を指して<イブのすべて>や<ベビージェーンに何が起こったか>を参照するに値する、と言う人がいるが、それは一部妥当である(<ブラックスワン>の際には、オフブロードウェイで主演女優と帯域女優の間の事件に関するものである)。 この二編の映画も俳優たちの欲望や強迫観念が生み出した心理スリラーだからだ。

"シネマバリーテのホラージャンルと混合されること"
これで、<レスラー>に比較して、<ブラックスワン>の差別がはっきりと見え始める。 <レスラー>には、幻覚の場面がほとんどない。 ランディが一晩の薬に酔って娘との約束を破る場面が登場するが、それが<レスラー>の中で最も重要な場面ではない。 <レスラー>にダーレン・アロノフスキーはグダプジように例外的に命中、まるでダルデン兄弟のように映画を撮った。 ダーレン・アロノフスキーがしばしば言われる"シネマベリーのごとく"という表現は、<レスラー>によく染みこんでいる。 しかし、この映画のわびしさはミッキーロークと呼ばれる不可逆的で壊れた肉体の展示は、その展示をより際立たせる補助的な視覚的なデバイスで出てきた。 たとえば、<レスラー>には、身体的変形に対して恐怖混じりのファンタジーのシーンが一瞬たりともないのにそれなりの理由がある。 私達は既に俳優のミッキーロークが半分の半数に変わっているという事実を知っている! ミッキーロークが登場したとき、私たちは驚いて言った言葉、『人々があのように変わったということを信じることができない』は、その言葉は一人の人間の形状があのように凄惨に変形させたのが、そのいくつか想像よりも驚くべきだという意味だったのだろう。 <レスラー>には多くの部分まさにそのミッキーロークの肉体の形状を借りて支えが、<ブラックスワン>は、主人公の心理的なモチーフというほどのものが総動員され、彼女の変身を考案こなす。

e0109292_1933367.jpg

まず、分裂していく自我が登場する。 ニーナは、<白鳥の湖>をするまでは、単におしとやかな少女に過ぎなかったが、このバレエ劇を開始しながら、一種の無礼な成人式を経る。 お母さんとの関係はつけられてそうするほどのお母さんはますます厳しくして、怖くてゾッとするような存在になっていく。 お母さん役で登場するバーバラハーシーは、ここで背筋が凍る演技を見せてくれる。 ニーナは、自分にもぶつけられる。 どこからでも飛び出す自分の分身、すなわちドプルゲンオに苦しんでいる。 挑戦的で魔性的な相手リリーの存在も、ニーナの自我の分裂をしきりに催促する。 ニーナは、一方で、リリーの自由奔放さを畏怖しながらも、もう一方では嫌悪する。 そして、ニーナには最先端のプリマバレリーナ先輩の絶望的な、現在も精神的負担に近付く。 主人公の強迫観念は、隘路ラフモンスキー映画の強力な引張だった。 彼はこれを映画に盛るときに必ず幻聴や幻視に悩まされている主人公を描きましたおり、実に彼らは狂人に近くなります。 このような場合に陶酔ラフモンスキーは、心理状態を迅速かつ強力な視覚的なデバイスとして、ことごとくドゥロナヤと考えている方だ。 それは<パイ>や<レクイエム>から既に明らかになった彼の映画的な方式である。 <ブラックスワン>も事情は同じだ。

"心理スリラーの小型カメラ(スーパー16mm)を持ってチクウニ興味津々だった。 他のスリラー映画で、小型カメラを持ってモンスターの視点から撮影した場面が何度も出てくるのだが、今回の映画のような場合ではなかった。 今回のように前の場面をドキュメンタリー形式で撮影すると、非常にユニークな感じであるする。 <レスラー>にリングを撮ったように、小型カメラでバレエのシーンを撮影すると、舞台の中に入ることができると考えた。 カメラがダンサーたちと一緒にダンスをしながら回ることになる。"だから、2つの方式がビョンヘンドゥェンだ。 片側には<レスラー>に一度実験して見た、監督自身の表現を借りて言えばシネマベリテ方式のドキュメンタリー撮影法を維持するかというと、もう一方では<パイ>と<レクイエム>から、その極端な例を披露した短くて強烈なクローズアップと華麗なカメラの霧氷と色味のコントラストが強調されることだった。 アロノフスキーは、これを置いて、"シネマバリーテのホラージャンルと混合されるだろう"とも言う。
e0109292_19332615.jpg

その中でも主に登場する視覚的なデバイスがミラーである。 "鏡は、映画の中のどこでもある。 それは、舞踊家の風景である。 ダンサーたちが訓練するとき、彼らは自分自身を絶えず鏡を使って観察する。 私はこれが非常に重要な視覚的なモチーフになるであろうことを知ることになった。 ミラーはドプルゲンオに悩まされているニーナの内面をのぞき見ることができる重要な役割を担う。"ニーナは、頻繁に鏡と向かい合ってするのが視覚的なモチーフが主人公ニーナの周囲を二重三倍に包むときの彼女の現実感覚は失われ、ゴーヤしまう。 特に視覚的なデバイスが集約されるのは後半部<白鳥の湖>が上演される場面なのに、ニーナは、公演日を迎え、舞台に上がるときに、舞台の上の華麗な振り付けと舞台裏の控室で行われた事件が緊迫するように交差しながら、ついに映画はクライマックスを蹴って上昇する。

発作と衝動の最後まで...
<ブラックスワン>は、バレエを美しく賛美する映画ではなく、バレリーナの強迫観念を借りて混沌と混乱に満ちたカオスの世界を完成して見ようと企画である。 ダーレン・アロノフスキーがロマンポランスキーの映画を愛するならないと彼の映画の影響を話すことにもそれに応じて一理がある。 <ブラックスワン>は、<ブンホンシン>のようなバレエ映画の伝統になく、大半のポランスキー映画の心理ホラー映画の伝統の近くにあるのが事実だ。 いわゆるバレエ映画として名高いマイケルパウエルとエモリクプレスバーガーの<ブンホンシン>はバルレグク自体を非常に念を入れて撮影し、俳優が踊りをするときに、その舞台と俳優の身体を尊重し、カットは慎重に、そのすべてを上演するために捧げられた。 <ブラックスワン>のバレエシーンは、別の方法で撮られた。 舞台は、ここで変身と分身のための幻想の空間であり、自分の混沌の極致を見せてくれる空間である。 ちょうど映画<ブンホンシン>で、主人公がどんな選択を下すことができない、ついに運命や衝動に誘われて列車に自ら身を投げて自分自身を台無しにするまで、すべてを止めて立てるように、あるいは原作<ブンホンシン>で、ピンクの神が神の女の子が延々とダンスを踊ってばならないように、<ブラックスワン>の主人公のニーナは、容易に止められない発作や衝動をクトガンにしないで運転して行って、遂に決着を出す人物である。 そんなことが隘路ラフモンスキーの人物であり、彼が魅了された状態である。 だからアロノフスキーも、自分が神の映画のピンクの神が彼をどこまで踊らかはまだわからない。 彼の今後、残りの半分の半数のプロジェクトで、我々はもう一つのニーナ、もう一つのジレンマラフモンスキーの人物を見ることになるのだが、それを期待するしかない。

<白鳥の湖>エンディングが二つだと?
e0109292_19335293.jpg


私たちはバルレグク<白鳥の湖>の程度はよく知っていると思いますが、本当だろうか。 <眠れる森の美女><くるみ割り人形>と一緒にチャイコフスキーの3大バレエの極とだけで思わず覚えたことはなかったのだろうか。 実は<ブラックスワン>の監督ダレンアロノフスキーも映画<レクイエム>を作成する時にでも<白鳥の湖>を初めて見たというのだから、まだがっかりする場合ではない。 次の公演を待って予習を一度してみよう。 チャイコフスキーは、ボリショイ劇場の劇場主からのバレエの作曲を依頼され、<白鳥の湖>を作ったというが、その前に、すでに甥たちのために童話をもとに、一つの公演をしたこともあるという。 <白鳥の湖>は、1877年に初演されたが、主人公のアンナソベシュチャンスカヤウイの腕前はそれほど立派でおらず、当時は酷評を免れなかった。 しかし、後には、バレリーナと、すぐに<白鳥の湖>を思い出させるほどの古典バレエ劇の代名詞になった。 第1幕。 ジグプリトゥ王子は成人の日を迎え、お祭りをひとしきり行った後、贈り物として受け取ったの矢を持って狩りをしていく。 森の中で、白鳥を見に付いて行くことになる。 2幕。 ジグプリトゥは、白鳥から人間に変わるオデットを見ることになる。 そして、オデットに魅せられ求婚する。 しかし、永遠の愛だけがオデットの魔法を解くことができるという話を聞いては、翌日のある舞踏会で彼女との結婚を発表することにする。 3幕。 しかし、舞踏会会場には、オデットの代わりに悪魔ロットバルトと彼女の娘オディール(黒鳥)が登場してジグプリトゥは(バージョンによって変わります)オディルエゲ反して、あるいはオディルウルオデットと勘違いしてプロポーズをしてしまう。 そして4幕。 すべての事実を一歩遅れて気付いたジグプリトゥがオデットを探して森に来て悪魔も一緒に表示されて結末を迎える。 4幕の場合、バージョンは、通常、次の2つだが、ジグプリトゥとオデットは、現世での愛を結び、悪魔ロットバルトの魔法を解いて幸せに住まわれるバージョンと、オデットとジグプリトゥが一緒に死を選択するというバージョンです。 他にも内容に関係なく、振り付けは、各バレエ団の上演に応じて、アンムジャに応じて、それぞれ違うと言う。 そういえば映画<ブラックスワン>うち上演される<白鳥の湖>の4幕は、この映画だけが別々に選択されたバージョンとしなければならない。

文: ジョン・ハンソク 2011.02.24
by kazem2 | 2011-03-01 19:22