ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[ガン・ビョンジンの映画パンパンパン]招待券 誰のための商売か?

☆cine21.com
映画制作会社23所マルチフレックスチェーンを相手に無料招待券の損害賠償請求訴訟の提起
e0109292_2014665.jpg




2011年2月現在、私は某マルチフレックス映画館を利用して得たマイルのポイントのうちの残りのポイントは、約9200点だ。 ポイント点数に応じて、10回閲覧ごとに1回ブヨバトヌン無料観覧の機会をほとんど逃さず見た。 近くの町にあり、全国的なチェーン網を持っているマルチフレックスは、大型スーパーや大手スーパーのブランドを引用SSMと同じようにマイレージを積むことが容易なところだ。 積むことが容易なだけに書き込みもしやすい。 毎週一方、以上の公開作を鑑賞する観客は誰でも、この機会を楽しく受け入れる。 しかし、映画を作る立場でもそのように見ることができますか?

去る2月21日、韓国映画祭作家協会所属の映画制作会社23所CJ CGV、ロッテシネマ、メガボックス、プリムスシネマなどの4つの多重化、チェーンを相手に損害賠償請求訴訟を起こした。 "大規模な多重化が出版社などの利害関係者と何らの協議なしに無料招待券を乱発しており、これによって制作資金を供給した映画の収益金の精算を受ける権利を侵害されたため、約3億2400万ウォンを賠償せよ"という内容だった。 制作会社が言う無料招待券には、劇場開店招待券、商品券、そしてマイレージポイントで観覧する招待券が含まれている。

訴訟の内容から、"多重化が利害関係者と何らの協議なしに招待券を乱発した"と指摘する根拠は、去る2008年1月、公正取引委員会は、多重化に下した是正命令にある。 当時、公取委は"配給会社との事前合意なしで分割払込金を支給しない無料招待券を大量に発行された行為が違法"と指摘した。 訴訟を提起した映画祭作家協会側は"以後、多重化が是正命令を履行するとし、契約書を持ってきたが変わったのがなくて合意に至っていない"とし、"以降の配給会社と劇場の間の契約により、既存の慣行上、約2.2%に相当していた全体の観客数に比べ、無料招待券の割合を10%に増やし、招待券を発行している状況"と話した。

しかし、一多重化の関係者は"公正取引委員会の命令的にも、上映のプロセス上でも契約の主体は、配給会社が正しい"と言う。 "製作者協会が訴訟を提起すれば、劇場ではなく、配給会社にしなければ話になるのではないか。 訴訟の内容を見ても、公取委が問題視がついた2007年7月までの無料招待券の損害賠償を求めている。 是正命令後には、法的な問題がないのは製作会社も知っているということだ"これについて、映画祭作家協会は、"大企業の配給会社との多重化が一グループ内の系列会社に置かれている現状で、果たして配給会社が映画館を相手に、問題提起をすることがあるのか"と反問した。 現在の段階では、訴訟の対象と劇場に向かっているが、事実上の劇場のようなグループ名をつけている販売代理店およびそれらを率いているすべてのグループに向かっているように見える。

招待券は、映画界だけでなく、入場券を発売するすべての文化芸術の分野で通用するマーケティングである。 当然、一定部分の出血を甘受も、それ以上の利益をもたらすことパンダンハに進行される。 モルチプルレクスチョクまた、招待券の発行が劇場や配給会社がすべてWin - ウィンハルことができる戦略だと言う。 一人の観覧料で二人が見ることができるという点で、無料招待券を創出する有料の観客があり、それに伴う収益の増大は、すぐに配給会社と製作会社の利益につながるということだ。 しかし、この過程で、どの程度の招待券がどれだけの利益をもたらすかについての明確な分析と説明は、どこにもない。 製作会社が招待券を発行する"マイルマーケティング、売店運営収入と広告収入の増大など、映画館だけの利益を目的とする行為"と定義し、多重化が、これはよく分からないながら売るというようなさびしされる理由もこのためだろう。 招待券の効果は果たしてどれくらいだろうか。 多少ネイバー知識人な質問だが、今回の機会にでも証明いけばという風である。

文: ガン・ビョンジン
写真: チェ・ソンヨル 2011.02.28
by kazem2 | 2011-02-28 20:14