ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ジュ・ソンチョル記者の香港映画を旅する 第12段

☆ジョンデリの香港物語
e0109292_22555995.jpg




こんにちは。 いよいよ今日が最後の連載です。

しばらく過ぎた時間らが浮び上がって鼻先がツーンしますね。 写真新しく探して映画キャプチャー受けながら私もおもしろかったが。

とにかく最後の場所は'ナム先生'です。 誰か有名だろうが有名でないだろうが訪ねて行きやすいだろうが違おうが

どうしようが最も気に入った香港旅行地でぴったり一ヶ所だけ推薦しろといえばいつもナム先生だと答えます。

e0109292_22575042.jpg

皆がそうすることはアンケッチマン、香港を何度も旅行することになればある瞬間から自然を愛することになるようです。

季節が良ければ都心を少しだけ抜け出してもうっそうとした緑色に囲まれて、

山を歩いてかえって人間を無視するような表情のシックな野牛や猿に会ったりもして、

リパルス ベイやセゴ ビーチの陰の下からは昼寝も寝ます。
e0109292_22584388.jpg


渡り鳥の渡来地で有名なナム先生は空き家と湿地と広い野原が交わって素敵な風景を自慢します。

週末ならばウェディング撮影場所で人気があって、自転車や無線自動車や飛行機を暇そうに飛ばす人々も多いです。

もちろん何何集らは人々が生きているとむやみに入ってはいけません。

とにかく果たしてここが香港なのか、したいほど時間が停止されたような魅力的な場所です。

e0109292_22593833.jpg
e0109292_230165.jpg
e0109292_2302951.jpg
e0109292_2305135.jpg
e0109292_2311414.jpg

ナム先生を歩いてみるならば野原にぽつんと捨てられている廃家とあうことになるんですが。

香港映画に本当に多く登場しました。

上から見ればトギボンの<黒砂会>で夜中顧問が広がる秘密場所に出てきたんですって、

<黒砂会2>ではコチョルラクと彼のガールフレンドが隠れて過ごす秘密家に出てきました。

いくら愛する仲だが本当に周辺に何のあかりもないこうしたところで

いつくるかもしれないボーイフレンドを待って過ごすということ本当に想像にならないです。

その程度肝っ玉はあってこそ組織暴力妻になるということですが。

そして最後では<導火線>の最後恐るべきアクションソーンがすぐにここで撮影されました。

キョンジャ単科誉声(<マトリックス>シリーズで丸いサングラスを使った'セラフ'を演技した)がここで

上下層オルラク ネリラクして底を全身を席巻しながらほとんど20分間余り戦った思い出します。

e0109292_23314.jpg
e0109292_2333758.jpg
e0109292_2335483.jpg
e0109292_2341528.jpg

e0109292_2375639.jpg

e0109292_2351656.jpg
e0109292_2353389.jpg

ナム先生のまん中ぐらい位置した店兼船着き場(?)です。

<導火線>でキョンジャ団が誉声と人質対等交換をする場所に出てきます。

この食堂はすぐに悪党らの本拠地で出てきて銃撃戦が広がります。

見るだけでも倒れそうな古い食堂なのにあのようにアクション演出をしても安全だったかも。

そして第一の下スチールはソ劇、イム・ヨンドン、トギ愚か者共に作ったオムニバス映画
<トライアングル>です。

映画の中すべての人物らが最後にこの食堂に集まって粘り強い暗闘を終結作ることになります。



実際に食堂営業をしています。

特別にお客さんもないようだし町内の人も確実にないように見えるのに

とにかく食堂主人が町内おばあさんらと一日中話してマージャンしてそしておられたのです。

事実何でも食べてみようかと思ったが過ぎ行く人々や町内の人々全部そのまま席に座っているので

私もそのまましばらく座って出てきました。 寝つくところだった程に本当に何の声も聞こえない静かなところです。

e0109292_2393712.jpg
e0109292_239568.jpg
e0109292_23101853.jpg
e0109292_23104430.jpg
e0109292_2311681.jpg

ナム先生で上の食堂と向き合っている所に人々が結構集まって住んでいます。

すぐにこちらが<無間島(カンド)2>で証紙委の妻劉嘉玲が隠れて過ごした所でしょう。

幼いアンディ・ラウ、すなわちチン・クァンヒが劉嘉玲を保護する任務を引き受けることになりながら連合政府を抱くことになります。

人的もなくて遊ぶ物もないここでそんなに過ごすならば当然そうなりそうです。

e0109292_2312937.jpg

e0109292_23152215.jpg

最後はナム生員科近隣繁華街(?)をつなぐ小さい川です。

事実川というにはわずか4-5メートル程度幅なのに橋(脚)もなくて泳いで渡ることはできないからその船に乗るんです。

本当に無表情なおばあさんがずっと櫓を漕いで行き来しているのに料金は乗りながら5香港ドル コインを差し上げれば良いです。

おばあさんが一日にも充分に数百人は通うそこを運行(?)しながら生活費を儲けるでしょうが

私の本<香港に二番目行くことになるならば>の推薦の言葉を書いて下さったパク・チャンウク監督様も

その推薦のことばでイおばあさんが櫓を漕ぐ組閣(彫刻)杯(倍)を必ず一度乗ってみたいといわれた程に奇怪な風景です。

運行間隔はおばあさん心のとおりで所用時間は2分程度です。
e0109292_23155815.jpg
e0109292_23161822.jpg
e0109292_23164041.jpg

上はMTRウェストレールではウォルロンヨクG2出口で出て来て陸橋を渡っていくところの道しるべらです。

陸橋を渡れば広い駐車場が見えるが、それを眺めながら左にずっとさらに降りて行って右側に入り込む

ウォルロングホで(Kau Hui Road)でしばらく2-3百メートル入ります。

その道が終る時ぐらい酸敗で(Shan Pui Road)が出てくればまた右側に折ってしばらく入ります。

そのように歩くならば第一の下のような木版道しるべらをいくつかさらに会いながらあのおばあさんの組閣(彫刻)杯と向き合うことになります。

その組閣(彫刻)杯がすぐにナム先生という未知の世界へ入る巨大な関門でしょう。 それではおばあさんは死神?-_-;

こんがらかられるかと思ってまた申し上げれば、斉家の上から順番どおり紹介した内容は移動順での反対と考えられれば良いです。

ウォルロンヨク->おばあさん船長->古い食堂->廃家、順で行ってまた回って出てこられれば良いです。

わけもなく渡り鳥ら写真を取る写真作家らしたがって写真を取りにその道ついて行ってみるならば本当にしばらく苦労します。

私がすぐにそうして湿地帯の沼に落ちて死ぬところでした。

その写真作家らはみな車を持ってここをきてある瞬間みな離れてなかったんですよ。

そしてナム先生は本を書いたその窮屈な日程の中で

何かに引かれるように私も気づかない内に二日連続に訪問した唯一なところです。

事実こちらまで行くなら市内で1時間以上地下鉄で行くので打撃が大きいですね。

その時私がなぜそうしたのか分からないが以後ウォルロンと何か深い縁ができようとそうしたようです。

その間よく見て下さってありがとうございます。
e0109292_23175534.jpg

1.おばあさんの組閣(彫刻)杯(倍)

2.古い食堂

3.廃家


上の場所は見積もり推察であらまし表示したこととか方向こらえてだけすれば良いです。

そしてその他さらに多い場所は下本にさらに多く出ていると関心があった方々は一回ぐらい.

新年に入って販売率が急減して温情の手助けが必要です。 こっくり。

2011/02/25 08:50

香港らしくないですが ゆっくり休むにはいいところなんですね
あまりに何もなくて私は逆にゆっくりできないかもしれません^^
夏にソウルへ行ったときに「香港に二番目行くことになるならば」を買うつもりです
途中からコピーができるようにしてくださってありがとうございます
普通Naverはコピーができないので 翻約機が使えなくて読めなかったのです
本来ならトラっクバックを使いたかったのですが Naverの利用方法が解りませんでした 
by kazem2 | 2011-02-26 22:38