ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[ジン・ジュングォンのアイコン] 存在論の幻影論

☆cine21.com
新しいインターナショナルとユリョンロン
e0109292_20342927.jpg




「死んで格式を備え、地中に埋められた遺体が、なぜ数を裂いて現れたというのですか。 君を楽に祀った墓がどうしてその重い大理石の唇を広げて体をベトオノトアトダンのですか。 うん、君の体がそう再おぼろな月明かりの下で表示され、この夜をそうひどく作成する理由は何見よ? ああ、自然の法則に取られて身動きもできない人間たちが呆れるものだ。 人間の知恵では緩めることができない問題を投げて、私たちの雑談を冷ややかにして曲折が何なのですか。 て言われて見てください、一体何のパロディ? どのようにしてくれというのですか」

マルクスの亡霊たち

ベルリンの壁崩壊しばらくしてデリダは、<マルクスの亡霊たち>(1993年)という本を発表した。 ここで、『幽霊』はもちろん、<共産党宣言>のあの有名な詩と関連がある。 「幽霊がヨーロッパを徘徊している。 共産主義という幽霊が。」旧(旧)、ヨーロッパのブルジョアたちは、この幽霊を追い払うために、"神聖同盟"を結んだ。 この退魔の意識(exorcism)が効力があったのか? 実際に共産主義は崩壊し、そのうちに、世界は、ネオコンと新自由主義者たちが呼ばれる戦勝がで騒がしいした。 しかし、デリダは、この陽気な雰囲気に水を注ぐ。 「マルクスの精神は、未来にも幽霊のように出没しよう。」

もちろん、デリダが言う『幽霊』(spectre)は、墓から飛び出してきた司令(死灵)ではないのだ。 マルクスとエンゲルスが<共産党宣言>を書く時、"共産主義という幽霊"は、過去ではなく未来から飛んできた鬼だった。 すなわち、それは過去から戻ってきた(revenant)の存在ではなく、これからの未来の到来(a venir)の存在だった。 まだ実体はないが、明らかに現実の面上にオンヒョソアルンゴリヌンあらゆる形状。 存在もないがそうだと不在となることができないからソムトゥクハゲマン(unheimlich)感じでは、この形状が、ヨーロッパのブルジョア階級を恐怖の中に追いこむのだ。

今日はまだ誰か『共産主義』を言うのなら、その幽霊の正体を頼まなければならない。 それは未来から来たの形状ですか? もしそうなら、それは(デリダが、今後もチュルモルハルだと予知)』、マルクスの幽霊』である場合もある。 それとも過去からの形状ですか? この場合、それは『ルブナン'あるいは'ゾンビ'である可能性が大きい。 もちろん、過去のものだとみんなベチョクハルではない。 ただし、相続財産は、デリダの言葉通り、『与えられたもの』(given)ではなく、『託されたもの』(task)。 マルクスの遺産も'必要に応じて急進的に変形させることで、再確証されなければならない'。 それ以外のことは理念的ウェソルイルだけだ。

デリダは、<ハムレット>のセリフ2か所を引用する。 一つは、'Time is out of joint'というハムレットの嘆きだ。 邦訳本を見ると、'time'を'世界'と移した。 関節がずれそうに世相が間違っているという話だ。 弟が兄を殺し、兄嫁との情を通じる世界。 ハムレットは嘆く。 「ああ、呪われた運命だね。 私はそれをすぐに取ろうと生まれたなんて。」しかし、その文章を文字どおり移動することもあるはずだ。 この場合、その言葉は時間が転覆される時間錯誤(anachronie)を指すのだ。 たとえば、過去に属している先祖が、現在に表示されるのは時間の関節がずれたの現象ではないか。

もう一つの引用は、「To be、or not to be」というハムレットのゴヌェダ。 あえて『生きるか、死ぬか』という訳の正しさに関する議論に割り込む必要はない。 デリダは、この文章を何よりも「存在しなければならないものが存在するのか」、あるいは『起きなければならないことが起こるのか』という意味で読む。 世相はずれた(out of joint)。 私はそれをすぐに取ろうと生まれた運命。 世の中をきちんと立てるためにすべきこと、そのことをやらかすのか、いないのか。 それが問題だ。 ここで注目すべき点は、'存在しなければならない、それ'、'起こらなければ、それ'、'する必要がある、その日'がまだ現存して(present)という事実である。

<ハムレット>の両方の引用は、それぞれ'存在'と'時間'に関連していて、この二人は再びハイデッガーの有名な著作(<存在と時間>)を連想させる。 ハイデッガーのことを含めて、既存の存在論は、現在、現存、現前(presence)の形而上学的だった。 幽霊は異なっている。 それは不在ながら存在し、死んだくせに生きている。 それは、デリダが言う『年度』や『痕跡』の視覚的な形状に近い。 デリダの意図は、伝統的形而上学で言う『存在』が存在しながら、不在の『幽霊』に変えるのは、一言でOntology(ontologie)をユリョンロン(hantologie)に代替するものである。

エクソシストマルクス?

幽霊をチョトアネリョしたのは、ブルジョア階級だけではなかった。 飼い葉桶ヨーロッパのブルジョアたちが懸命に共産主義の幻影を追ってしまう退魔儀式を行う時に、マルクス自身も実は幽霊との戦いをしていた。 まさに資本主義という名の幻影である。 彼の目には資本主義的な現実そのものが幽霊にビチョトドン形態である。 そういえば、使用価値よりも交換価値を追求し、貨幣が労働の具体性を消してしまって、人間ではなく、資本の自己増殖のために生産が行われる資本主義社会のfetish性こそが不在のものが存在するかのように表示される可能、つまり、幽霊ではないか。

もちろん、資本主義の仮想性に対する彼の科学的批判を、右翼の反共主義の退魔の酒と比較することはできない。 しかし、'仮想'に対する彼の批判は依然としてOntology(ontologie)の限界に閉じ込められている。 デリダもすすめ述べたように、今日の私たちの現実は、マルクスの時代とは、生産と技術の条件が全く異なっている。 仮想が実際に取って代わり、(シミュルラクル)と、複製やオリジナルの区別が曇って(遺伝子工学)、不在、存在するもの(テレマティック)は、既に物理法則と同じように堅固な現実である。 ウィレムインフルエンザ書の言葉通り、すでに『仮想は、実在ほど安定して、実際には仮想ほど幽霊だ』。

'時間'の面でも同様の話をすることができるだろう。 今日の時間は、関節がずれた(out of joint)をクリックするだけで、過去は現在に表示されます。 コンピュータグラフィックは、未来を現在に持って来る。 現在の上にはいつでも過去と未来の幽霊が徘徊する。 これらの技術的条件の効果は、大衆文化の中でも難なく発見される。 たとえば、『ポストモダン』の象徴に通じる映画<ブレードランナー>の中の現実では、過去と現在と未来がめまぐるしくドィソクインダ。 メタルとパンクとゴシック様式の美しさが入り混じった、デビッドボウイの音楽は、しばしば「ユリョンロン」(hantologie)と呼ばれるのはこのためだろう。

「新しいインターナショナル」というデリダの政治的な回避策にもかかわらず彼の哲学的な企画に劣らず、急進的である。 「新しいインターナショナル」とは、"マルクス主義あるいはマルクス主義の精神のうち、少なくとも一つの要素に共感する人々の間の同盟"、つまり"位相も、座標でも、糖度、国も、民族共同体も、市民権、特定の階級に一緒に属していることもないビシガンジョクリンクである"。 ただし、政党や労働者のインターナショナルなどの制度的な形をとりはしませんが、この同盟は、国際法の状態、国家と民族の概念などを批判することに連携しつつ、マルクスの批判を新たにし、過激化する。

階級に属しても、政党の形態を取ってもしない、この同盟がどのような人々には『幽霊』と思われるかも知れない(例えば、キャンドル市民たちを眺めるの伝統左派の視野を考えてみてください。興味深いことに、右翼たちも、この視野を共有する) 。 その同盟は、部材が、同時に、現在する。 実際はそれはびっくりだ(spectral)。 デリダも、それを意図したのだろう。 この幽霊の前で退魔の儀式をボルイリョは理解できない場合はハムレットの話を聞かせてくれるのがどうかな? "この鬼の大事なお客さんに扱っても歓迎ヘジュセ。 この人よ、世の中には私達の哲学では想像もできないことがあまたな品揃え。"

文:ジン・ジュングォン( 文化評論家 )2011.02.25

イラスト:ジョンウォンギョ
by kazem2 | 2011-02-25 20:40 | Comments(0)