ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「血闘」 バク・フンジョン監督インタビュー

☆tvreport.co.kr
「観客の陣を引く映画を作りたいと思う」
e0109292_19165069.jpg




[TVレポート=イ・ジェフン記者]
近所のビデオ屋二つのビデオを全部片づけたの男の子があった。
ビデオ店の主人は、新作が入ってくると、この少年に最初に渡した後、他のお客様にお勧めをしてくれるように指示もした。 後日、この映画ファンが書いた二編のシナリオは一気に大韓民国映画界を熱くした。 一本がチェ・ミンシク イ・ビョンホン主演の『悪魔を見た』(キム・ジウン監督、ペパーミントアンドカンパニー制作)だったし、もう一方のほうが、ファン・ジョンミン、リュ・スンボム、ユ・ヘジン主演の『不当な取引』(リュ・スンワン監督、フィルムトレイン製作)だった。

シナリオ作家の出身バク・フンジョン監督がメガホンを取った。
映画ファン時代に熱望していた監督になったのだ。 『血闘』(映画社シルクロード制作)という
タイトルのこの映画について、監督は格別な愛着を持っている。 この作品だけはぜひ実際に作ると思ってとっておきの作品だからだ。 パク・ヒスン、チング、ゴ・チャンソクなど、映画界の演技派俳優たちを集めた『血闘』は、来る24日封切られる。

マスコミ試写会当時、『残酷な映画を釘を見る』と言っている多くの人が驚いた。 本当にできないのか?
本当に釘を見る。 スラッシュの映画もそうだし、ホラー映画もよく釘を見る。 書くことは私の想像の中の仕事だから可能だが、それを見る自分はない。

シナリオのうち、最初に映画化した『悪魔を見た』も釘ブワトゲトダ。
ではない。 その映画が好きだ。 全五回見た。 実は試写会の時に初めて見て衝撃を受けた。
キム・ジウン監督が映画をあまりにもよく作った。 彼の深さに驚いた。

『悪魔を見た』は、監督の基準で残酷な映画じゃないイェギンガ。 それでは、本当に釘みるには映画は何か。
『ソウ』シリーズのような映画。

『 血闘』まで三本のシナリオの両方の状態が極限に駆け上がる。 見てからは力が抜けるほどだ。
実際に意図した面もある。 『血闘』は見てからジーンが抜けるようにしようとした。 人々の間の関係について話す時は行く方だ。 特に、『血闘』の場合は、妥協点を有することがない話だ。 昼に見て寝る時も思い出すような映画を好む。 ソンヒャンイルこともできる。

映画について様々な解釈が可能だが、三人の男の間の階級的あるいは階層的な葛藤が浮き彫りにされている。 他の作品たちでも明らかになった部分である。
程度の問題に関心があるのは事実だ。 この映画には、いくつかの話を入れようとした。 程度の問題を含め、政治権力の属性は、人間関係の不信などがそれである。 朝鮮時代や今もこのような問題点が全く変わっていない。 観客たちは『血闘』のさまざまな層を代表する3人の人物の一人には感情が移入されると思う。

最初から『低予算史劇映画'を強く残すことを決めてスタートした。 より多くの予算をかけて表現の領域を拡大して見たい欲はないのか。

韓国型ブロックバスターが必要ですが、お金の戦いで、ハリウッドに敵わないと思う。 私が書いたほとんどのシナリオでは、そのジョイェサンイミョンソ商業コードが含まれている。 今よりもっと多くの予算はシンインガムドクイン私に耐えられるのではとなりそうだ。

客桟という空間が非常に重要な背景として登場する。

客桟は、人物たちの墓である。 やっと生きてきたと思って入って行くが、結局、その中で熾烈な戦いを繰り広げる。 低予算で作ったので客桟という限られたスペースを想定した。 人物たちをその空間に縛って配置するには外の状況が良くないことを確認する。 だから激しい吹雪を考えた。

客桟の姿は、具体的な部分までのシナリオの段階では想像しただろうか。

細かい部分はミスルチムが作った。 ピットは最初から構想している。 基準はあった。 国籍不明だったら良くて、存在するような気もしながら、幻想のような感じで行きたいと思った。 ミスルチムが難しい仕事をやり遂げた。

チングは、元のドヨンではなく、パク・ヒスンが演じたホンミョン役を演じてみたかったとした。 キャスティングプロセスはどうだったか。
私は最初から「ドヨンはジングダ」を決定して開始した。 ドヨンが表現しにくいキャラクターであるため、そのナイテ演技力を備えた俳優として彼を考えたのである。 結果的にキャストは、すべての資格だったようだ。

時代劇のジャンルの中で新しい試みをたくさんしてみるナトソルオする観客もいるようだ。
観客への配慮が少ないよう合うようだ。 その代わりに私の立場ではしてみたかったことを全部試みたので満足している。 慣れていない観客たちもきっとそうだ。

今後もこのような『強い映画』を継続するつもりなのか。
次回作は、より軽く行くつもりだ。 犯罪の水ですが、愉快な映画だと思っている。
既に書いていたシナリオのうちいくつかの片道作りの議論の中にある。

イ・ジェフン記者 kino@tvreport.co.kr /写真=イセロム記者


記事の日付:2011 - 02 - 22 14:22:39
by kazem2 | 2011-02-23 19:28 | Movie | Comments(0)