ANEMA E CORE


by kazem2

映画「血闘」 パク・フィスンインタビュー

☆newsen.com
"希望は、多くの人を騙して、今必要なのは勇気"
e0109292_18374133.jpg




[ニュースエン=文ギムボムソク記者:写真イジェハ記者]

パク・ヒスンは喜劇と悲劇の境界を自由に行き来する信頼感指数の高い数少ない俳優のうちの一つだ。 感情 を握ってチャミョ' 過剰 'しなくても、彼の演技には、自然に感情移入することになる何かがある。

まれに「10億」のように時計を見て作る映画もあったが、彼が出てきたほとんどの映画は、
新しく興味深いという交差点が発見される。

スエの横っ面を殴って人の観客の億枚を崩れるようにした『家族』(04)を皮切りに、映画界にスリラーブームを巻き起こした『セブンデイズ』(07)『バカ』(08)『作戦』(09)に続いて素朴な奇跡を見せてくれた『裸足の夢』(10)まで、パク・ヒスンは、通常の俳優たちと5ドチュム別の歩みをかけてきた。

★男湯の映画チャンヒジン降る日祭ぼ

そんな彼が、恐ろしいシナリオ作家として浮き彫りになったバクフン定義演出デビュー作『血闘』(制作シルクロード)で観客と会う。 デビュー後初の史劇である『血闘』で、彼は権力欲に目がくらんで(彼は劇中で目を痛めて失明することになる)の友人を裏切る朝鮮最高の着用ホンミョンイダ。 満洲原野戦場で千辛万苦の末に生き延び、友達ドヨン(チング)、脱走兵ヅス(ゴ・チャンソク)と客桟で、敵よりも恐ろしい味方に会って血みどろの戦いを繰り広げることになる。

パク・ヒスンは"王と臣下、女が主要人物として出てくる既存の史劇とは違ってセロウォトゴがっちりしているドラマとフュージョン の感じ まで加味されて引きずられた。 『悪魔を見た』『不当な 取引 』を書いた朴作家様の文なので、やはり一気に読まれた。 かつては漫画家として活動し、入手コンテ の概念 もはっきりして驚いた"と話し始めた。

"三人の主演キャラクターが一様に良くて、 監督の 厚『なんでもする ように する。 何でもしてください』と言った。 それでも内心ホンミョンの役割が 最も クルリョトヌンデそれをさせてくれるれた。"

満州の荒野を思い浮かべて、ブルーのマットの前で撮影することが思うようには容易ではないはずなのに。 彼は"『 南極日記 』にもソグムバトの上で『ここは雪原である『想像して撮影してみたが、今回はより高域だった"とし、"今度は塩が溶けて肌や目が回るほど口に入って深刻な脱水症状を経験したりした。 最初に脱力して、点滴を打たれた"と話した。

けがを防ぐためカルサウム場面を控えて、徹底的に銅線との合計を合わせたが最後の客桟を出るときに神宮と争う場面はまるでゲサウムウル彷彿させた。

"ソグムバト転がるシーンを撮った後、徐々に持ち運べるほどのエネルギーを全部書いた数日後、斧や棒を振り回さなければならないして眠れないしてきた。 部署になれ身を投げなければし、首まで休んでいて、その感じが逆にリアルだと同時録音までした。"

撮影現場の雰囲気が男湯だったちゃいけないとすると、彼は大きくため息をついて、"それが一番の問題だった。 毎日の士気が落ちたが、チャン・ヒジンさんが撮影した日はお祭りのるつぼだった"と笑った。

"私たちの撮影時はレフ板を、ほとんどの書いたヒジンさんが来るからスタッフたちがお互いに大規模な反射板を資金を供給すると戦うよ。 照明チームも、どんなにセッティングを熱心にしていたか。 そのような雰囲気の女性スタッフがとても嫌っていた。(笑)"

★同い年ゴ・チャンソクシ見れば『夜』が出てこなくて

『裸足の夢』に一緒に出演したゴ・チャンソクと欠点がないようだったが、意外にもお互いに尊称を使うとした。 1970年生まれの犬年と同い年だが、大学、相次い倍馬むやみに置かないことの説明。 "それよりはその方の顔を見れば'夜'が容易では出てきます。 ご存知でしょう(笑)"

場で起きて、観客たちがお互いにどのような話を送受信することようなのかは、質問には"どうしても方が変わるはずなのに三人の男の立場から、誰が正しいグルンジ議論が付くのは作品に参加した俳優として幸せなようだ"と答えた。

"『血闘』は『自分自身をアッラー』は、 簡単 なメッセージが込められている。 私達が生きながら忘れてゆく大切な何かを喚起してみることができる映画だ。 誰のための戦いなのか、 誰か のために鐘はウルリナような意味を思い出して欲しい欲しい。"

- 一緒に演技して見たチングはどうだったか。

"初めての作業をしていたが、 年齢の 同じ年齢のうち最高のようだ。 とてもリラックスしながら集中力が優れていた。 休みの日も一人でセットに記載されて剣の練習をして、本当に周りの人々を リラックス して作るのが得意があったよ(笑)"

- けがはなかった。

"まあ、傷あとは日常茶飯事であり、撮影前に二ヶ月間練習して、俳優同士の信頼が生じた。 一度は竹槍に突かれる場面があったがイミテーション小物がブロジョソ本物の竹槍で撮った。 武術監督が何度も自分だけを信じだというのにどのようにミトゲトナ?(笑)結局、神宮出た'ジングヤ、君だけを信じる』と言ったが、一気に[OK]を受けた。"

- ハンドヘルド(持って撮ること)で撮影した場面が多いが。

"主人公の不安定な心理と躍動感を示すための撮影 テクニック である。 現場でカメラも戦っているんだ。 『血闘』のような映画ではアクションが一種の言語だから"。

- 現場での食糧のために苦労はしないしたことがあります。
"私たちは与えるようによく食べる。 まあ東チモールも行って来たのに。"

- 客桟で、三人の男がお互いの命を狙う状況が緊張感を誘発していたが。

"睡眠を寝ながらお互いを警戒している。 ナイフを握ったままブスロク距離は音だけ聞いても、眠りからむっくり破るした。 一番自分の演技が指の演技なのに注意して見てください。 さて、発煙祈り出てくる。"

★婚期逃した運命表示されること

パク・ヒスンは努力と実力に比べて興行運が従わないという言葉に"それは人力でどうすることもないようだ"と述べ、"ボムバンハクグァ新学期を迎える学生たちが『血闘』に多くの関心を持って欲しい。 プロデューサーの兄、監督除数さんのように側近たちの「デバクナルようだ」という話はもう信じてみたい"と大笑いをした。

最近、新作映画『依頼人』を撮影しているという彼は、"『作戦』『裸足の夢』に出演し、ゴルフやサッカーを学んだが『依頼人』ではテニスのシーンが出て熱心にテニスを学んでいる。 このように一つの作品を終えるたびに、新しいことを一つずつ身に着けるようになって気持ちがいい"と話した。

- 劇場演出にも才能があり、もしかしたら監督欲。

"ちょっと心配していることがあったが何度も他人の物を気使うようになって私の体質ではないようだったよ。 今はさせるように演技やジャルハジャ、余計な欲張らずノルカリジヌンモッタナバ心を空けた。"

- 『血闘』とってダンスの実力が増えたという音は何か。

"学習の感情をうまく調節して使うのが重要だが、今回の映画ながら、そのようなことへのストレスが多かった。 集中しようと共振糖度入手して食べたがいつからか、思わずに積極的になっていたよ。 鋭敏さを押すのが重要なのに過去には、現場で静かに私を支配していた場合は、今度は踊って回った。 日々 パラパラとダンスを踊る知らない人が私を見た場合は、各説であると思っていたのだ(笑)"

- 最後に結婚の計画は。
"婚期を逃したので、むしろお早めにしたいという気持ちが消えた。 かどうか、そう考えると、むしろ良い縁が表示されないんじゃないかと。 希望は、時によって人を騙す。 だから私たちに必要なのは勇気ではないかと思う。 勇気は人を絶対に裏切っていない。 私が作った信念だから。"

김범석のkbs@newsen.com /이재하rush@newsen.com[2011年2月23日12時02分15秒]
기사제보및보도자료のnewsen@newsen.com
by kazem2 | 2011-02-23 18:38