ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

遅い呼吸で...死んでいた時間が目を覚ます

☆cine21.com
キム・テヨン監督、ヒョンビン·タンウェイ主演の<晩秋>どうみるか
e0109292_19193744.jpg









秋の最後の物語が、冬の終わりに訪れた。
キム・テヨン監督の2番目のジャンピョンイン<晩秋>は、彼の最初のメロウ化だ。
イ・マニ監督の原作を、シアトルとは、空間、ヒョンビンとタンウェイラン俳優に移植された
<晩秋>は、繊細に調整されたセリフと演技で織られた前作とは異なり、彼らが置かれた都市と、
彼らの顔を息を殺して見つめる映画として誕生した。 一方、これまでキム・テヨン監督がチャンの断片を使って伝えて来たにしているとのコミュニケーションの奇跡についての映画だという点も、興味深い作品だ。 リメイク映画で、キム・テヨン監督の作品として、<晩秋>が持つ映画の魅力を調べた。 キム・テヨン監督に直接聞く演出のビョンド一緒に伝える。


冬が来る。 秋には行っている。 殺人罪で服役していた中国系アメリカ人の女性アナ(タンウェイ)が7年ぶりの休暇は、よりによってイテダ。 彼女が行かなければならないのは、また何故雨や霧に覆われた都市シアトルです。 実はアナは休暇を楽しみにしていない。 刑務所の外世界に対する拒否感は、彼女の体が先に知っている。 久しぶりにコトアボンイヤリングは、かゆみを残して、新しい服に着替え粒子とすぐにかかってきた刑務所の電話は彼女の空想を起こしてしまう。 <晩秋>は、ある女性モボムスの休暇を追い付いたが、肝心の彼女はこの休暇を楽しむ余裕がないように見える。

彼女の時間が再び動き出した

イ・マニ監督の<晩秋>と、これをリメークしたキム・テヨン監督の<晩秋>は、同じ季節を背景にしていますが、別のイメージの季節を盛り込んでいる。 (見ることができないため、シナリオで確認)イ・マニ監督の<晩秋>の中で、秋には、まだ多くの日光と涼しい風を抱いている。 しかし、キム・テヨンの秋は、ただ湿った物寂しい。 映画が含まれている晩秋の風景は、やがて40年前のヘリム(ムン・ジョンスク)と40年以来、アナの目に映ったセサンイルだ。 彼らは、同様の傷を体験したが、それぞれ別の治療の方法を選択した。 ヘリムにうずくまっては見知らぬ男に新聞紙を上書きしてくれる余裕と彼の提案を好奇心で受け入れるほどの渇望があるが、アナは、初めからすべての刺激からの感覚を遮断したまま、ただ死んでいるふりをサクイゴているだけだ。 ヘリムとアナが迎えた休暇の性格が違うということも説明しなければならない。 ヘリムの休暇がモボムスとして受けた賞だったら、アナの休暇は、予想しなかった外出である。 事実つまり、アナは自分の時計を止めて、何も起こらないまま、よく生きてきた。 そんなある日、母の死がアナの休暇をもたらす。 7年ぶりに訪れた町には、まだ雨が降って、久しぶりに会った家族の大騒ぎは見慣れない。 再び刑務所に戻るにしようかと思うとき、一人の男が現れる。 一見ホストバーの従業員に見える彼はお客さんの夫に追われて逃げるくん(ヒョンビン)である。 アナへの交通費を借りた彼は、その代わりに時計を任せる。 くんの時計がアナの手首にかけた瞬間、彼女の時計が再び動き出す。

"女性が刑務所から出てくる。 一人の男に会う。 そして、再び戻る。"原作が付いている3つの命題を置いてシナリオを書いたキム・テヨン監督は、ロマンスには関心がないように見える。 彼はひどい傷が付いている一人の女性が自分の傷を知らない(しかも知ろうともしない!)、人に会うの間の変化を注意深く観察する。 アナは、キム・テヨン監督が描いてきた別の女性にも同じ傷を持っている。 短編<走るチャウン>のチャウンがと<家族の誕生>の仙境とミイラ、無。 <女子高怪談二番目の物語>のヒョシン(パク・イェジン)まで。 彼女たちの恋人たち(古い恋人。同級生の男性や女性、もしくは、非常に若い男であるか、または弟)は、一様に弱され、卑怯だという彼女たちを去った。 そして、それらはどのような出会い、あるいはどのような旅行、またはどのような会話を使って癒しの奇跡を行わせる。 国籍や言語が異なる男女が、異国の空間で持つ<晩秋>の出会いは、奇跡の風がより一層ガンジョルハルだ。

アンナとくんは、いくつかの遊びで一日を過ごす。 演劇を提供する方はもちろん男だ。 くんは夫婦を装ってアナの名前を調べ、彼女をボムポカに乗せて、一緒に走る。 無表情なアナの顔は、その都度、少しずつ違った表情を浮かべる。 映画は、訓を介してアナからのプルアップというのが彼女の表現であるように見える。 物語の最初から最後までアナには、いくつかのショック療法が処方される。 家に行くバスで、しばらく目をブトイドンアナはジフンがバスを打つ音で目を覚ます。 自分にかかるようにフンとセックスをしようとしていたアナは、むしろくんの手でソースラ打つ。 ピェグァンドゥェン遊園地を徘徊していたアンナとくんは幽霊の観光をするとここを訪れた人々のために、より大きくて驚く。
e0109292_1920189.jpg

心が開かれる瞬間をカメラに収めることができる場合は、
出会いの奇跡は、そのような刺激が加えられて加わった後になって起こる。 ボムポカに乗っていたアナとくんは、別の2人の男女の姿を舞台のように見つめる。 くんは、彼らの口に声をドトイプヒョ別れようとする男と彼を再び取ろうとする女性の話を描写する。 くんが"それは愛じゃない。 思い出でありジプチャクイルだけだろう"と言った後、女性の口に次のセリフを揃えるには、刹那にアナが割り込む。 "私をそんな目で見ないで。 なぜそのように変わったのですか?"人に懇願するアナの声は、彼女の事情を込めてますますギョクヤンドゥェゴ、アナはついに涙まで演技する。 この時、『舞台』の男が再び女性に駆け寄って一緒にダンスを踊る。 このシーンは、キム・テヨン監督の前作から母親の愛情を一歩遅れて実現するか、または、新しい家族の誕生を発表したときに(<家族の誕生>)、恥ずかしいだけなのお母さんがある日、親友になった時に(<動くチャウン>)登場したファンタジーとはまた別の面である。 一見センツンマトアに見える彼らのダンスは、監督の風ではなく、アナの本音だ。 アナは急に操業開始し、ランニングを停止した後、ようやく自分の事情を打ち明ける。 英語で始まった物語は、中国語に変わる。 この時、中国語を聞き分けることができないくんヌンチコト'浩'(良い)と『夷』(悪い)と答えている。 言語の限界を超えて、これらの話は深く響く。 グーグー切々とした説明と明確な理解がなくてもコミュニケーションが可能だという監督の信念であり、<晩秋>の物語が本当に望んでいるパンであろう。 また、海外ロケや外国の俳優が露出する異国性をグローバルなプロジェクトの戦略的なだけで消費させなかった模範事例として記録されるそうな場面である。

<晩秋>は、単調なエピソードをゆっくり呼吸に続いていく映画だ。 しかし、目を離すことができない不思議な光景を展示する映画でもある。 キム・テヨン監督は"誰かの心が、自分も知らないうちに開催される時、その心自体をカメラに収めて見たいと思った"と話した。 この時、雨や霧に濡れたシアトルの風景とタンウェイウイスェジャンハンの顔は『心』という概念の実体を描くキャンバスとして機能する。 アナが生まれ育ったところがシエトゥルインことを知らないくんは彼女に観光ガイドを自任する。 思わずくんタラナソン瞬間アナの目に映ったのシアトルは、もはや自分に慣れている町内ではない。 じめじめした空気に包まれていた場所に急にアヒルの音を出しなさいと勧めている滑稽な観光バスが通って、彼らが訪れたレストランは、日差しが照らす。 シアトルは雨や霧を蹴りながら、彼女の本当の休暇、本当の旅が始まるわけだ。 この時くんが提案した演劇、くんをはじめとする周囲の状況がアナに与える刺激に応じて、タンウェイウイの顔は『無表情』というカテゴリーの中で数々の表情を浮かべる。 一緒に一日を過ごした二人の男女がここでお互いの道を行かなければならないとき、くんは言う。 "笑う。 私はあなたの笑顔がいいですよ。"キム・テヨン監督の演出は、観客もフンマンクム彼女の顔から笑いが表れを切に願うようにする。 キム・テヨン監督は、"セリフの前と後に、事件の前と後など、映画的に見るときは、死んでいる時にコアを持っているようだった"と話した。 いわば<晩秋>は、観客がほしいと思い、待っているだけに見える映画だ。 アナは明らかに笑って、驚いて、ギョッとしたり、嘆く。 タンウェイウイ顔は死んでいる映画の時間を生かしている。

彼女が微笑んだ瞬間

新天地の<晩秋>が二人の男女の短く切ない恋愛談なら、キム・テヨンの<晩秋>は、一人の女性が支える一日を描く映画だ。 言い換えると、アナの感覚が再び存続するまで、その無表情な彼女の顔に新しい表情が現れるまでを描写する。 だからたった一日という時間がヤソクハン原作とは異なり、アナとくんの出会いは、タイマーが回っていない。 映画は、愛の日も、そうでない場合もあるあらゆる感情を共有する二人の男女がここでどのように生きていくのかを期待していない。 アナの顔を執拗にタラブトドンカメラがついに彼女の笑顔をとらえた瞬間、一人の女性の止まった時間が再び流れるようになったという信念だけで十分だからだ。 これらが送信された日の思い出は、短くて残念だったのではなく、それ自体に与えられた賜物です。

文: ガン・ビョンジン 2011.02.22
by kazem2 | 2011-02-22 19:17