ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[エディトリアルチーム]希望がある戦いは幸せよ

☆cine21.com
冬になる前 服を整理しているとしわくちゃになったメモを発見した。
広げてみると2004年の初め、私が働いていた映画のスタッフの緊急連絡網だった。




何人かはぼうっとしても、彼らの顔と現場での行動が生々しく思い出した。 6ヶ月ぶりに途中放棄したりしたが、最初の現場に行く時の『大きな夢』も新たに浮かんで恥ずかしくなった。 考えてみれば7年前に映画の現場の雰囲気は今とは全く違った。 当時、制作部末っ子として受けた全体の賃金が300万ウォンだったから、経済的な側面では、今よりもよいものでしたが、活気という次元では大きな差があったようだ。 結論をあげて言えば、その差は、未来への希望の有無から始まったようだ。 私に似級(イラゴンしても、年齢はヨルミョトサルシク小)初心者のスタッフたちといろいろな話を交わしてみると、彼らにとっては、比較的明確な将来像があることを知ることができる。 要するに同時録音チームの一人の友達は、現場に入ったから2年くらいになったから5年くらいの資源と、ファーストクラスになることであり、もう少し努力すれば、録音の記事になることがあるとしており、撮影チーム最年少の友人は、4〜5年に懸命にプレーした後、ファーストがになってイプボンの準備をするとした。 ミスルチム末っ子はちょっとガプガプヘハヌンそうだったが、"それでも利用性の高い分野だから"と言いながら、この道を一度行ってくれると言った。

今回の特集記事に掲載されたスタッフたちの様々な被害の事例を見ているとため息が出る。 もちろん、当時とこんなことが起きていないはずはない。 多分映画の労組が存在しなかったせいでスタッフたちの被害は、より多く大きかったかも分からない。 それでもその時は漠然とそういえばしても、未来への希望があった。 もちろん、スタッフがまさにその希望を担保につかまったまま、一方的な犠牲を強いるに遭った可能性も高い。 その流れをずたずたに蹂躙あったとも、結局、希望はあった。 自分が映画のスタッフとして成長すること、監督級にもなってやりたかった作業をして馬のことという、このゴミのような慣行を覆してしまおうという希望が。

しかし、時代は変わった。 特集記事の末尾に掲載されたトークショーを見ていたら、今の若い映画人たちには希望がないように見える。 映画で食べて暮らしてけどまったくそんなことはなさそうだが、未来への悲観が、彼らの心に染み込んでいるのかもしれない。 いくら偽りされて漠然とであっても希望を与えることができない環境では、彼らが映画の現場についている名分や意味や理由はない。 上は、氏の死に触発された、この議論の終結点もまさにその『希望』にならなければならないと思う。 若い映画人たちが覇気と意志と情熱を持って未来にチャレンジできる環境をつくることは、おそらくそれがヘクシムイルだ。

7年前に、初心者のスタッフとして働いていた彼らはどのように過ごしているだろうか。 今ではファーストクラスに成長したのだろうか。 それとも2007年以降、険悪になった映画界の雰囲気に適応できず、夢をあきらめてしまったのだろうか。 彼らが当時の希望を実現したが切実に望む。

文: ムンシク(編集長) 2011.02.21
by kazem2 | 2011-02-21 22:43