ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[キムヘリの映画の日記]あわただしく去っていった'ワンソ'という名前の星

☆cine21.com
e0109292_2342445.jpg




1月14日
<ピナバウshのデンシンドゥリムジュ>はムヨングク<メウムグル>(Kontakthof)の2008年の公演のメイキングドキュメンタリーだ。 1978年に初演された<メウムグル>は、2000年に65歳以上のアマチュア役者たちによって再び舞台に上がったのに30周年を迎えた2008年には14歳以上の青年たちが共演する3番目の版に復活した。 人間と人間が肉マトデトウルときに起こる、懐かしさと搾取の風景を、ダンサーたちの肉体に示す<メウムグル>の世界で、10代の少年少女たちがもじもじして歩いて入ると、異性との初めての官能的な接触を象徴するの初恋が新しい主題に寄り添うだった。

"ウルリョドンものではなかったですね"少女演技者のうち一人が、ドキュメンタリー監督のカメラの前で話す。 そうだ、あんなものだったんだ。 スクリーン上の彼女を見て、演技を学びたいと思った10代最後の年の夏の私をハッと覚えてやった。 当時、私は自分でも分からないもしかしたらあるかも知れない私の中の良いものを誰か引き出してくれる、私を見つけることができないの発動を、外部の手が噴き出して周期を待っていたようだ。 演劇や舞踊を一つにしたピナバウshのタンチュシオト(Tanztheater)は、高難度の動作を達成するための芸術というより、私たちが忘れていた本来の身振りを回復させる戦いに近く見える。 誰もが到達すべき最高の目標があるのではなく、俳優ごとに理想的な姿勢が異なっている点が特にすばらしい。 一人の少年が賢く核心を指摘する。 "僕にはガールフレンドがありますが、恋愛をする時にもピナの作品のようにお互いに触れてはいない。"眼鏡をかけた少女、肥満の男の子、トレーニング服を着た少女、だぶだぶのスーツを着る少年。 ドキュメンタリーの中の10代の俳優/ダンサーたちは走りながら笑っ、向き合って一コプルシク服を脱ぐの練習をする。 自由に動かすと、気が付いて自由になる。 舞台に立った俳優/ダンサーたちの間の間隔と偶然の表情との衝突、すべての任意のローンのことを意味で分類されます。

1月16日
少なくともメイキングドキュメンタリーは、完成した作品に照らして無意味な記録を省略して、創作の因果関係に焦点を合わせて編集することができる。 つまり、メイキングの成果物との間に相違が心配が少ない。 一方、創作者が手を使うことができない状況で行われる、テキストの解剖と、編集には、どこかきまりのコーナーがある。 例えば、昔死んだ画家の絵をX線と赤外線で撮影して、元のスケッチの形状を透視して、どのような迷いを経て、修正していることを一つ一つを言うとき、作家が生前に公開しないことを決心して引き出しの奥深くに埋めておいた原稿を、遺族が一歩遅れて本ピョネルときにそうだ。 最近では、<帰ってきた子供ニコラ>を読みながら一人で訳もなく自らダラーだった。 単なる軽い記事に過ぎないが、私は締め切りまでに原稿をジョモルラクゴリン過程を、読者たちが一つ一つドゥルヨダボゲと、どのようにきまりが悪かったというか、思わず代入すると、なおさらだ。 正確な文章を覚えて津が、伊藤山口明子の小説<海で待つ>は、現代社会の真の友人は、突然の事故が近づいたときに、お互いのコンピュータのハードディスクを静かに破壊してくれることがある人だという内容があった。 どんなに激しく共感であるかどうか!

1月21日
今までディズニーが<ラプンツェル>を作成したことがなかったか? 新作のニュースを聞いて1秒間ギャウトヘトドレトダ。 そういえばグリム童話のラプンツェルは姫でもない一般市民なのに加え事情も猟奇的だ。 妊娠したまま髪を切られて原野にネチョトギゴ、最愛の人は、いばらに墜落して目がモルダニ。 それにもディズニーの50番目の長編アニメーションは、ミッキーマウスの驚くほどの消化力を証明する。 <ラプンツェル>は<白雪姫と七人の小人>から<美女と野獣>に至るまで、古典的な脚色の伝統の復元であり、1990年代のディズニーのクラシック音楽の帰還である。 パロディのジェスチャーは排除された。 広い世界を夢見る少女のアリアが悪い継母/魔女の脅威の歌と対立して主人公を応援する合唱と群舞が響いて王座のジョクトン(嫡统)は遂に回復される。 さらに姫の頭の上をメムドルミョさえずる青い鳥たちまで帰ってきた。 『意地悪な継母』キャラクターなら、ディズニーのライブラリにガレージあふれるが<ラプンツェル>の魔法使いゴデルウンハーブを栽培するようにラプンツェルを閉じこめておいて、定期的に彼女の体からの利益を取るという点で有利気味悪い。 いくつかのシーンでは、<キャリー>の狂信的な母親まで連想させる。 人里離れた塔に監禁されたラプンツェルが髪を解いて魔女を引き上げる場面を繰り返し見て、逆に窓枠に髪を束ね、ダウン状態になったし、仲良しの友人のパスカル(カメレオン)に結び目を解いてもらえばいけないだろうちょっと疑問を抱いていたが、慌てて埋めていた。

<ドラゴンを飼いならす>のようにドドゥラジジンも<ラプンツェル>には、3D技術をソンヨンハン場面がヅセトている。 一つは、ラプンツェルが初めて外の世界の土を踏む歓喜の瞬間。 <アバター>で歩かないノベルティサムウォディンターンこのアバターの身体を借りて、最初に思いっきり走るシーンと劇的な点も、説得力の理由も同じだ。 もう一つは、主人公のカップルがボートを漕ぐ間、4万6千のチョロンブルが飛び立つ場面である。 危うく目の前にプカプカトオヌン燃燈に手を差し伸べるところだった。 主にアクションの速さとの落差を実感させることに集中してきた3D技術が繊細な感情を刺激する目的でどのようにグサドゥェルことができるかのヒントを得るに値する。

1月22日〜25日
パクワンソ先生
e0109292_22475129.jpg

                故(故)パクワンソ作家、1931〜2011。

"その年の冬は厳しくした"と後日書いていないことをできないようです。 たまには四方が死であるの量に感じられます。 睡眠チョンハリョ横になってからドゥセンウェプンに布団をトクカジドラッグして引っ張れば、ずっと地に埋め込まれる獣の鳴き声が聞こえてきます。 どのくらい長く渡らなければ春のふもとが見えるでしょうか。 私たちが先生を女医だったニュースを午前に接しました。 癌を抱えていらっしゃるの行は全く知らないことができなかったし、近年の文章にもスェハン気配がなく、延世でも忘れていました。 インタビューで尋ねたことがダソトヘジョンイニ八十イショトねぼんやりと察してみました。 鈍く頭で今日することに決まったことを順番にこなす間、昼に行き、夜にしてきました。 再び家に帰って一人になると、椅子が不便でした。 習慣のように狭い部屋の四隅をぐるぐる歩いて回りました。 JDサリンジャー、エリックロメール、そして先生。 いつからかに飛んでくるおくやみの調子は確実に変わりました。 育つ間、第の中に流れ込み、と私の一部になった世代が、この星をあわただしく去っています。 それはこの宇宙で私が所属する大陸が徐々に風化されているという意味でしょう。

小説を読んでいない時間にも先生が、ますますこの思い浮かぶ瞬間がありました。 大き目のリングをかければ、ブグンケプレゼントされて50年をテノトジていないのに、年を取って、指が細い筒イルオボリショトと言っていた先生の貴重な指輪を思い出しました。 寝転んでキジョクゴリヌン休日の午後には、書斎がなかった時代の身体障害者の机や肘について横になったの底からの原稿を書かれるという先生のリコールが覚えてそっと笑いました。 複数の人の前で話す機会があれば、カクヅクソルギかのように"...です"とダンジョンヒトルオジドン先生の話し方をパターンサムウリョしました。 私が尋ねた先生は柔らかいが背きするのが難しい分、誰に会えば、そのブスの下に入ってみたくなる方だったが、また、簡単に母開かれていないすっきりとした女イショトスプニダ。

私が持った先生の本のほとんどは、数年前から、両親の枕元のヒョプタクに移されて小さな塔を遂げています。 母と私はこれからも、先生の小説が裏山ポプラもされている量の多くの場合、それを握り、一緒に笑って涙をチクオネルです。 私の本棚に残っている本の中に<その秋の三日間>と<幻覚の蝶>には'著者との協約による省略'の代わりに白いジョンイトジョガクエ'ワンソ'二つの文字を赤塗装に押して撮影されたかどうかがついていますね。 先生の小さな兆候だと考えられて嬉しかったです。

特に笑顔の写真が多いと申し上げたら、"そうよウトジンよ。 複数枚撮影すると、のうちの笑顔が乗せられそうです。 決心をし、内部の笑ったこともあります"と言いながら、また笑いんです。 しかし、再び拾い読みその日の写真の中で、先生は、やっぱり世界中笑っていらっしゃいますね。 だから、今日は先生の後ろ姿を選びました。 私はこの写真がお勧めです。 先生の背中をそっと降ろしをクリックし、歳月の重さが良く、惜しんドルボショトドン書斎や庭がイトダトアのある風景がよく、私と先生が同じ方向を見つめていてお勧めします。 では、またお会いしましょう。

文: キム・ヘリ 2011.02.18

先日取りあげた小説家がお亡くなりになったのですね
by kazem2 | 2011-02-19 22:53