ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「イベントムービー」 日本の劇場街に新風

☆cine21.com
<告白>と<悪人>の興行が見せてくれたの変化の流れ
e0109292_20423726.jpg

                        <告白>




スタートは、<告白>だった。
2010年6月5日、日本全国266個スクリーンで封切りした<告白>は封切りの週末の二日ぶりに20万人の観客を動員し、興行収入2億6千万円を稼いだ。 もちろん、ボックスオフィス1位。 3D映画の好調で、外貨が強気だった昨年の日本の映画館で、自国劇映画のボックスオフィス1位は2009年10月<僕の初恋をキミに捧ぐ(僕の初恋をキミに捧ぐ)>以来、8ヶ月ぶりだ。
刺激的な素材や多少の残酷な画面で、国内の15歳以上観覧であるR - 15の評価を受けたが、
<告白>は、小説の主な読者層だった40代の女性はもちろん、女子高生たちの間でも高い人気を享受した。 4週連続ボックスオフィス1位を守り、最終39億円を超える興行収入を上げた。 湊かなえの同名小説を<不良姫モモコ> <嫌われ松子の一生>の中島哲也監督が演出したこの映画は、
2010年の日本の映画館の最大の話題作となった。

しかし、<告白>は、最初から興行が期待される映画ではなかった。 ベストセラー小説が原作という利点と、松たかこという俳優の名前の価値があったが、大多数の日本のマスコミは、当時7週連続1位を守っていたティムバートンの<不思議の国のアリス>を<告白>が押すと思うことができなかった。 配給会社の東宝は開封後に<告白>の予想目標値を何度も上方修正した。 一応<告白>は、多くの観客が気軽に楽しめるな内容の映画がない上に、映画の構造が大衆に親近していなかったからだ。 ナレーションで進行される小説の方法を映画にそのままインポートされた中島監督は、本人のCF演出のキャリアを生かして、映画を簡易編集と色度の高い映像に仕上がっていた(続く記事<告白>を参照)。 家族の観客が特に多くの日本の映画館で、学生に娘を殺害された女性教師の復讐劇
<告白>の興行にはそれほどのニュースだった。

e0109292_20502674.jpg

                         <悪人>

映画界の大きな手であるTVの力ビレッジいない<告白><悪人>
そして、<悪人>が出てきた。 9月11日封切りした<悪人>は、吉田シュイチウイの同名小説を
<フラガール>の以上の監督が演出した作品である。 全国231スクリーンで公開され初週19万人の観客を動員し、興行ランキングの2位に上がった。 <悪人>の最終的な興行などは、19億円である。 <告白>ほどの大ヒットではないが、<悪人>の成功も、ニュースになった。 殺人と殺人者を愛した一人の女の物語、そして悪の本質についての質問。 <悪人>が投げた話題は、日本の大衆映画では珍しい種類のものだったからだ。 日本の映画専門誌<キネマ旬報>は、<悪人>を"観客に何か考えさせる映画"と評した。 <悪人>には、観客を楽しませるのではなく、不快にする。
クローズアップで捕まった主人公妻夫木聡の不安な表情は観客の気持ちを触れる。 苦痛と災難を克服し、幸せな結末を迎える主人公に慣れた国民は、悪の先入観を再考すること、この映画の前で当惑することになる。

<告白>と<悪人>が最近、大衆映画とは異なり、暗い話なので、注目すべきなのではない。 二つの映画の『悪い結末』(Bad Ending)は、2010年の日本映画界では明らかに新しさはあるが、日本映画全体を再確認するだけに、驚くニュースではないからだ。


<踊る大捜査線>

2010年の日本映画を決算しながら、<告白>と<悪人>に焦点を合わせるしかないのは、この二つの映画が放送局の息を超えての作品だからだ。 1980年代後半に製作委員会システム(映画を製作する際のリスクを減らすために、映画制作会社だけでなく、放送局、出版社など、さまざまな企業が委員会を設ける方式)が始まって以来、日本映画界での放送局の役割は引き続き強化された。 2000年以降にはTVドラマを映画にしたり、ヒットした映画をTVドラマとして再製作する式「イベントムービー」にも登場した。 <ごくせん>シリーズ、<のだめカンタービレ>シリーズ、<踊る大捜査線>シリーズなどがすべてのイベントムービーだ。 2000年以降、日本映画界での放送局は、最も大きいソンイラても過言ではない。 特に、<悪人>と<告白>の製作会社の東宝は、
イベントムービーでお金を最も多く回会社だ。

それなら<告白>と<悪人>にはどのように作ることができただろうか。 二つの映画を企画した川村元気プロデューサーは、2つの小説を映画にすることを決心した後、最初から放送局への参加は排除したという。 <告白>と<悪人>は、それぞれの出版社のフタバシャーと朝日新聞社と東宝を中心に製作委員会が設けられた。 "原作の内容が最近の東宝の映画とは正反対のパターンだとTVとの連携は不可能だ"と思ったからだ。 実際に<告白>のR - 15の評価は、東宝の映画としては2007年の鶴橋康夫監督の<愛のタイプか>以来3年ぶりのことだ。 スタジオジブリのアニメーション、
<ドラえもん>シリーズのような一般向けのTVアニメシリーズ、そして、<踊る大捜査線>等のイベントムービーに代表されるのが東宝の映画だ。 実際に製作委員会の会議では二つの映画は、"とても暗い"という意見にぶつかった。 しかし、川村プロデューサーは、2つの小説を娯楽として成立させることができると判断した。 "韓国の<殺人の思い出><追撃者>は、アメリカの<ダークナイト>が成功したように、日本の観客も『バッドエンド』を収容する時が来た"と思ったからだ。
"2000年<バトルロイヤル>以来、日本の観客は、長く待っていた。"川村プロデューサーは"今後も継続して『悪い結末』の映画を企画みたい"と話した。

2000年以降の絶対的な権力のイベントムービーのフンヘンリョク弱体化

<のだめカンタービレ最終楽章後編>

一人の若いプロデューサーの野心的な挑戦で始まった<告白>と<悪人>ですが、実は東宝が二つの映画を製作したのには2010年のイベントムービーのやや低調な興行成績表のせいでもある。 東宝が、昨年最も期待をかけた映画の1つは、<のだめカンタービレ>のシリーズだ。 2006年の
<フジTV>で人気裏に放映された同名ドラマを東宝は、前編と後編に分けて製作した。 2009年12月<のだめカンタービレ最終楽章前編>が公開され、2010年4月の続きが公開された。
しかし、両作品とも期待に及ばなかった。 前編は、41億円を、後編は37億円を稼いだ。 悪くはない数字だが、当初50億円以上を最低目標にしたの東宝としては不満足な結果だった。 2009年にも同様の映画があった。 織田裕二主演の<アマルフィ女神の保守>(アマルフィ女神)と仲間由紀恵主演の<ごくせんTHE MOVIE>(ごくせんThe Movie)。 二つの映画は、それぞれ36億円と34億円を稼ぎ出すにとどまった。 30億〜40億円という数字。 映画ジャーナリストオタカひろ来る"があいまいな数字はまだ微妙なバランスを備えているがTVの宣伝映画が今までの影響力を見せないことができずにいるという証拠だ"と述べた。 つまり、イベントムービーの効果が、以前のようではないということだ。

2010年4月に公開された<矢島美容室THE MOVIE夢をつかまえてネバダ>(矢岛美容室THE MOVIE夢をつかまネバダ)も、イベントムービーの興行力を疑うような作品である。 <矢島美容室THE MOVIE夢を捕まえてネバダ>は、<フジTV>の娯楽番組<とんねるずのみなさんのおかげです>(とんねるずのみなさんのおかげでした)の企画で結成されたグループ矢島美容室を主人公に立てたコメディー映画だ。 開封前後<フジTV>は、放送を通じて、膨大な電波攻撃をして、スクリーンにも比較的多くの154個を取った。 しかし、映画は4億円を下回る成績をおさめた。 TVの宣伝力が期待ほどに発揮されていないのだ。 イベントムービー求心力の低下。 そして、東宝の新しい動き。 その後、2011年の日本映画は、新しい章を迎えるだろう。 残念ながらまだそうだと答えにくい。 興行力を備えたTVドラマ、10年以上も続く長寿アニメが放送局の倉庫に積まれているからだ。
3大配給会社の東宝、東映、松竹、主要放送局<フジTV><朝日TV><日本のTV><TBS>などは、今年もスシプピョンに至るまで、イベントムービーを制作すると発表した。


<パートナー - 劇場版2>

日本の映画界としては、TVの力をプリチギ難しい。 日本のTVを通じた映画の宣伝では、特定の映画番組、主演俳優たちの番組出演等に限定されている国内の事情とは天と地車である。 封切り前の特集号のドラマを制作して放映すると、昼間の時間帯を利用して映画のメイキング映像などをトゥルギもする。 放送局が関与した映画とそれ以外の映画の宣伝効果は当然大きな差が出るしかない。 東映が配給1月18日現在、観客200万を突破した映画<パートナー - 劇場版2 - 警視庁占拠! 特命系の最も長い夜>(相棒 - 剧场版II -警视庁占拠!特命係の一番長い夜)は、2002年以来の
<朝日TV>で放映されている人気ドラマ<パートナー>のシリーズが原作だ。 2編が上映されている2011年1月現在、TVでは原作のドラマの第9シーズンが放映中で、<朝日TV>は封切り一週間目の1月1日のスペシャル版を放映した。 興行において、TVの役割はいまだに無視できない。 例として、1月23日、日本のボックスオフィスを見ると、2位草薙スヨシウイ<ぼく>(仆)シリーズを原作にした<私と妻の1778種類の物語>、8位が木村拓哉主演の<SPACE BATTLE SHIPヤマト>へ、外貨を除いて10位の中の映画の中の放送局が関与していない作品は、ただ一方でもない。

好奇心刺激された案件として、若い観客たちの劇場で
それなら<告白>と<悪人>は、2011年の日本映画界をどのように動くのか。 この質問に対する答えは、二つの映画の興行の分析で調べることができる。 日本の映画評論家の寺脇げんさんは映画専門誌<映画芸術>の<告白>と<悪人>の興行を、それぞれ"『<告白>現象'、'<悪人>現象』"と表現した。 つまり、映画の完成度と楽しさが観客を呼ぶのではなく、映画が一つの話題となり、大衆の関心を受けたということだ。 寺脇評論家は"今の観客は映画を映画として見るのではなく、ゲーム、アニメ、漫画を見るように受け入れる"と述べた。 <告白>は、刺激的な素材のユニークな映画で、<悪人>には主演俳優深津絵里のモントリオール国際映画祭主演女優賞受賞、そして妻夫木聡のイエロー髪変身で注目を受け取ったのだ。 <告白>は、多くのメディアが、女子高生の口コミを興行の原動力で挙げている。 若者の間で話題となり、観客動員に成功したということだ。 実際に<告白>の興行収入は、初週よりヅルチャトジュ、セトチャトジュ、ネトチャトジュガ高い。 日本の文化的なトレンドや大衆の関心の流れが二つの映画の成功を導き出したわけだ。

2000年以降、日本映画界では新たな映画ファンがないという言葉がよく出てくる。 現在の劇場を追求する映画ファンは皆、80年代の映画のテや単館劇場を探しながら映画を楽しんだ40、50代の中年で、20代の若い映画ファンはないというジャジョダ。 幼い時に劇場に通いながら映画を見る楽しさを体験した前の世代とは異なり、今の若い世代は、DVD、TV、ゲーム機を使って映画を直接または間接的に接するので、見る映画も、大衆娯楽映画に偏っ走ったと言う。 実際、日本では若者たちを劇場につけるため、2008年の夏から1年間、『映画館へ行こう実行委員会'が'高校生友情プライス』を実施した。 高校生3人以上の場合は観覧料が1千円に割引される制度だ。 しかし、このキャンペーンは効果をおさめることができなかった。 鶏が先か卵が先かの問題だが、イベントムービーに満ちた日本映画界は新たな映画ファンを作って出すことができなかった。 そして、若い映画ファンが行方不明になった状況では、イベントムービーの制作はさらに加速化された。 映画ファンを失った日本の映画界は、トレンドや話題に敏感な普及を狙うしかない。

映画ファンの失踪、そしてトレンド、トピックによる興行。 これは、2011年の日本映画界には否定できない事実である。 いや20年以上にわたって培われた製作委員会システムを考慮すると、当然の結果なのかもしれない。 映画製作会社をはじめ、放送局、出版社、ゲーム会社などが同等の立場で制作に参加する製作委員会方式は、様々な分野での文化的なトレンドを反映して映画を製作するしかない。 しかし、これは必ずしも悲観的だが、ではない。 以前までは、TVの重量が科するように載って、画一的なイベントムービーが量産されたが、2010年の日本映画界では<証明>と
<悪人>に加えて新しさを検出するに値する作品が行き届いていたからだ。 <君に届け>(君に届け)と<ハナミズキ>(ハナミズキ)が提案された新しい青春映画、<武士の家計簿>(武士の家計簿)、<13人の刺客>(十三人の刺客) 、<雷の木>(雷桜)、<最後のチュンシンジャン>(最後の忠臣蔵)で復活した時代劇は、2011年の日本映画の動向をジョムチョボルすることができるダンソダ。 多様な文化とトレンドを泳いだ日本映画が2011年の<告白>と<悪人>のような別の魚を釣ることもできる。

大衆のトレンド捉えた青春映画の時代劇復活
e0109292_22113311.jpg

                     <ハナミズキ>
東宝の配給で8月21日に公開された<ハナミズキ>は、女性歌手の一青敷布団の2004年の同名のシングルをモチーフにした青春映画だ。 大学に進学し、東京に上京した少女と漁師の仕事を助け、田舎に残った少年が10年かけて愛を共有するという内容だ。 一見陳腐な青春恋愛ストーリーのように見えますが、この映画は、ヨジュンゴ生たちの間で爆発的な人気を呼んで27億円を超える興行収入を上げた。 ドラマ<オレンジデイズ>や映画<涙そうそう>を演出した土井裕泰監督は、出会いと別れの間で繰り広げられる感情の続繊細で現実的に描く。 ありきたりの美談に陥ることなく10代の若さの現実を愛の物語に込めてきれいに包装する。 <キネマ旬報>は、<ハナミズキ>特集記事で、この映画を、"従来のメロドラマ、恋愛映画、アイドル映画とは別の場所に置きたいと思う。 J - Pop映画だと呼ばなければならないのではないか"と少なく、映画評論家森直人は、"既存のアイドル映画を更新した"と評した。

既存の10代対象の恋愛映画は、物語の枠に縛られ、慣習を脱することができなかった場合は、
<ハナミズキ>は、現実を反映して女子中高生との疎通に成功した。 そして、<君に届け>は、まるで女子高生たちのおしゃべりに参加することで、興行に成功した。 熱いファンが多い椎名粉号の同名漫画が原作の理由で製作陣は、ファンの声を集約するという趣旨でホームページを通じて伝えよう! 心のキャンペーン'を繰り広げた。 合計1万5チョントンウイメッセージを集め、その試写会の席で公開した。 原作の名場面、名台詞使徒そのまま生かした。 封切り前にTVアニメとして放映され、TVの力をたくさんボギンしたが、<君に届け>はヨジュンゴ生たちの間の原作の人気をそのまま継続して14億円以上の収益を稼いだ。 女子生徒たちのバックパックの中を盗み見ような二編の映画<ハナミズキ><君に届け>は、2011年の日本の青春映画をガヌムヘボは良いジャトデダ。


<大奥>

下半期にモルアダクチン時代劇ブームも注目に値する。 東映<ピルサゴム道理住まい>(必死剣鳥刺し、7月3日)と<桜田ドア以外の変>(桜田門外ノ恋、10月16日)、松竹とアスミクエースの<大奥>(大奥、 10月1日)と<武士の家計簿>(武士の家計簿、12月4日)、東宝の
<13人の刺客>(十三人の刺客、9月25日)と<雷の木>(10月22日)、そして、ワーナーブラザースの<最後のチュンシンジャン>(12月18日)など、2010年の日本の映画館では、多くの時代劇が観客と会った。 そして、大多数の作品が興行に成功した。 嵐のメンバー二宮和也が主演した<大奥>は22億円を超える収益をあげ、三池崇監督の<13人の刺客>、森田義満演出、仲間由紀恵さん、堺雅人主演の<武士の家計簿>は、それぞれ13億円、12億円の興行成績を収めた。 <映画芸術>には、"2010年は日本映画の財産である時代劇を再び注目するように一年"と指摘した。


<13人の暗殺者>

2010年に再び表示される一連の時代劇は、観客の好みに合わせて適切に調理されたのが特徴だ。 『日本版<ロミオとジュリエット>』というコピーをつけて出てきた蒼井優、岡田将生主演の
<雷の木>、フィクションが多く加味され、ほとんどファンタジーに近い三池崇の<13人の刺客>、高山ヨ某ノラと呼ばれる会計の武士の日常を描いた<武士の家計簿>などは、時代劇は重いという先入観を若々しいアイデアで突破した作品だ。 <13人の暗殺者>の脚本を書いたデンガン大輔は、"歴史的な知識がある人がどんどんなくなり、今、時代劇の様々な変奏は、私たちの世代がしなければならない"と話した。 日本映画の資産である時代劇を、2011年の大衆の嗜好に合わせて製作する必要があるということだ。 一方、<最後のチュンシンジャン>は、60年代の日本映画の味を忠実に生かした作品である。 江戸時代最高の忠臣といわれるエコナンサドゥルウイ電源切腹事件を題材に死ぬことができず、生き残った二忠臣の物語を描いたこの映画は、下級武士の使命を密度あるように描き出した。 日本の脚本家の床内の都市の一日は"映画的な興奮を感じさせる作品だ。
<7人の侍>よりもおもしろかった"と評した。

新しい映画を作るには、2011年も継続される
2010年の日本映画のTV依存は相変わらずだった。 放送局が主軸となって企画を立ててPRを展開する方式は、すでにしっかりとなった日本映画の興行の方式である。 しかし、隙も発見された。 イベントムービー一色で壁貼りされた日本の映画館での観客は、玉石を選別した。 楽しみがある作品は成功したが原作、シリーズ、TVの力だけを信じて作られた映画は失敗した。 そして、TVの力を借りずれていない映画の二編が現われた。 東宝は、膨大な資本力でイベントムービーを相次いで製作するとともに、首回し、観客をつかむの準備にも乗り出した。 <告白>と<悪人>の登場は、東宝の今後の動きを判断する重要な作品である。 そして、日本の映画界は、大衆のトレンドを捉え、新しい青春映画を提示したり、日本映画の伝統の中で時代劇を再び取り出して、コンテンツを多様化したりした。 少しはしまってきたTVの席を代わりにしようとする試みであった。


<ノルウェイの森>

もちろん、否定的な声もある。 東宝の独走体制が日本の映画を画一化することだ。 今年の東宝は、合計748億円の興行収入を記録し、2008年の739億円の過去最高値を更新した。 東宝、東映、松竹の3大メジャーの配分のサラが、実は最近数年間の市場の面は、東宝の強体制に近かった。 しかし、2010年にその恐れの東宝独走体制で新しい映画が登場した。 川村元気プロデューサーは、<悪人>と<告白>その後、"着信企画の内容が変わった"とした。 他の両方の配給会社も弱くなったのイベントムービーの空席を埋める新たな映画を模索して出た。 発表された3社の
2011年のラインナップは、まだイベントムービーが圧倒的に多いが、2010年とは別の試みも見られる。 東宝は、<告白>に続いて、もう一度『本屋大賞受賞作<ノウーの城>と<神のカルテ>を映画化して、松竹は山田洋次監督のデビュー50周年を迎え、小津安二郎の<東京物語>の山田洋次の演出でカバーする。 2010年の期待に達していなかった映画を日本映画界がどのように取り出すことが注目される。 東宝の2010年最大の期待作ヅピョンイン<SPACE BATTLE SHIPヤマト>と<ノルウェイの森>は、それぞれ1月18日現在、35億円、11億円の成績を出すにとどまった。 二つの映画の膨大なマーケティング費用を勘案すると、制作費の回収も壮語できない数値だ。 東宝は、この二編の不調をどのように受け入れるだろうか。 予想外の成功と予想外の失敗。 2011年の日本映画は、試行錯誤の中で起こっているの追いつ追われつのドラマではないか。 確実に言えるのは、2011年の日本映画界が少しはおもしろくなり始めたということだ。


文: ジョン・ジェヒョク 2011.02.17
by kazem2 | 2011-02-19 22:12 | Comments(0)