ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ダヒェ里の最近何読む?]フレンチフライの為に悩みます

☆cine21.com
<ファーストフードの帝国>エリックシュルロソ著:エコリブル社発行
e0109292_22212577.jpg




1。
新聞にサプジに含まれている町内のスーパーマーケットの割引チラシを読むお母さんの目つきは、『没頭』という言葉では足りない。 世の中のすべての割引のご案内チラシについて、多そうだ。
どこで何を安く売っているかという話題は、疲れることなく、口に上がる。 当然のことながらこの前にはトンクンチキンが話題にのぼった。 ハルインポクが大きいのは、ほとんどの大型ディスカウントショップです。 なんでも満員売れる。 マートやファーストフード店で、『1+1というフレーズ、プレゼント贈呈のイベントを見るときは、自動的に視線が行くのは私も同じだ。

2。
7年ほど前だったのか、ニューヨーク旅行に行った時にマクドナルドの店舗が足しげく出入りした。 一人旅だから立派なレストランの地位も手に入りにくいし、何よりも食べるお金に表示したり、買うという気持ちだった。 足が痛くなった時は、いつもタイムズスクエアメクドノルドゥエ席を取っていた。 別の言い方をすれば辺境礼儀之国から来たタン野原旅行者にもマクドナルドは夢であり希望でありジプイジャ救いだったわけだ。 どこでも、その価格のテーブルまでを占めて食事をテウルことはできなかった。

3。
問題は、「安いのがビジトク」という言葉が果たして今も通用するのかという点だ。 味がない場合はメクドノルドゥエ行かなかったのものであり、買って脱がしことが常だと1 +1や割引の広告を見てもホクハジだろう。 実際には安くておいしい。 しかし、最近になって好みの疑問点は、それで果たして正しいのかという点だ。 途方もなく、地球のためだと言う人もいるだろうが、それよりももっと素直には、私の体のために正しいのか、そしてこの価格を合わせるために、異常な人材運用が加わるかはいないのかという点に心が使われる。

かつて韓国を含む全世界を震撼された<ファーストフードの帝国>を今回の連休中に読書に決めたのはそのような悩みだった。 モーガンスパーロック監督の子が生体実験ドキュメンタリー(?)
<スーパーサイズミー>を見た人なら、ファーストフードについての批判的なノンフィクションという言葉に栄養不均衡の問題を扱ったことを推測することができますが、<ファーストフードの帝国>はそれよりも、リチャードリンクルレイトの劇映画<ファーストフードネーション>に近い。
ファーストフード業界を取り巻く多くの人々の話を取り上げる。 没落する牧畜と自殺するカウボーイたち、代を継いで貧しさを受け継いで、ファーストフードのコンフォートフード(comfort food)とみなすようにされている十代々、ファーストフード店のカウンターの仕事を転々とし、職人になるチャンスを一生持っていない人々 、機械のように屠畜し、(過度に多い)、機械の犠牲者がドゥェゴヤてしまうと畜工場の移民労働者たち。 他の人たちも読んだ本を遅ればせながら読んで後の祭りを打っているような感じですが、価格競争は、この本が初めて披露した時よりさらにひどくなり...まだ読んでいない方は、ぜひご一読するのを。 この分野に関心の高い解析の編集長を添えてお勧めの本は<Omnivoreのジレンマ>や<食品株式会社>であり、私は、貧富の格差に伴う食事の運用の現実のことなら<死の食卓>を面白く読んだので注意柱。

文: イ・ダヘ 2011.02.17
by kazem2 | 2011-02-17 22:21