ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[電影客桟]運命は、おそらく信頼...あるいは幻想ウディアレンの「幻の君」

☆cine21.com
ウディアレンの<幻の君>とそのカップルたち
e0109292_156335.jpg




ニューヨークを去ったウディ・アレンがロンドンで作成された近作たち(<マッチポイント><スクープ><カサンドラドリーム>)は、男女関係の日常よりジャンル的事件の展開にもっと重点を置いた映画だった。 以来、彼がバルセロナで撮影された<クリスティーナバルセロナ>は、以上に絡み合った独特の男女の関係が再び登場するが、あくまでもそれは旅の中で行われた『事件』のような話だった。 だからここでは、ニューヨークの繰り返される日常のようなものはない。 その後、アランは再びマンハッタンに戻ってきて、まるでアランの流れを思い起こさせる変わり者と可愛い女の子のブラックコメディ<わっエバーワークス>を作った。 誰が見ても、ウディアレンのダウンロード映画と呼ぶに値するが、冷笑的で神経症的に絡まってしまったエルロンシク男女関係の日常に対する省察とは少し距離がありそうだ。 その点、<幻想の君>は、久々にニューヨークを去る前のアランを見るような感じを与える映画だ。 しかし、ロンドンを背景に、英国アクセントのセリフに繰り広げられる、この映画の日常への密着は、彼がニューヨークで作成された作品のそれに比べて落ちるようだ。 昔の映画たちで、ニューヨークという場所性の観察は、そこに住む男女の関係についての記述を分離することができないものであった。 彼らがどこを歩いて、どこを見物して、どこでぶつかるのか、あるいは街のどのような風景に溶け込んでいるのかなどの関係の段階を教えたり、お互いの趣向を移動する時、または偶然を装った必然の機会等だった。 この物語は、ニューヨークの日常でのみ可能だという意味にも見えた。

結婚はすぐに容量の問題

しかし、<幻の君>で、ロンドンは、ただ、どの町であるだけせめて<クリスティーナバルセロナ>で、愛を刺激するエキゾチックな景色にもなることができない。 <幻想の君>は、あえてロンドノ(Londoner)でなくても成立するのだギミョ都市と会話していないウディアレンの映画はなんだか名残惜しい。 男女の関係に再び細かく邁進するこの映画が嬉しくてもきれいだが、70代後半にさしかかったウディアレンの新たな地平とは言い難い。 ところが、映画を見ながら、ちょっと変なポイントで、この映画の場所性について、再度考えるようになったが、それは外以外の(家)の場所性である。 いわばウディアレンの「結婚映画」のジャンソソン、結婚の内部、あるいはその形式、簡単に言っているアパートの内部での夫婦の動きで何度も考えが移っていく。 夫婦の家。 それはホテルもなく、スタジオでもない。 結婚はすぐに容量の問題だとアランはずっと、私たちに見せてくれたが、今回も同じだ。 私は<幻の君>で、サリー(ナオミ・ワッツ)とロイ(ジョシュブローリン)夫婦が慌ただしく行き交う家の構造を見ながら、結婚の日常を扱ったウディアレンの映画は、特に<ハンナとその姉妹たち>と<夫婦の日記>を思い出していた。

今まで我々は、ウディアレンの映画で、夫婦が家の中に入って、次のから、カメラがだいたいカットを分けずに、これらの行路を長く取ることをよく見てきた。 ところが、一フレーム内に男と女が同時に入って来ることはめったになかったようだ。 代わりに、それらのそれぞれは、迷路のように曲がって通路のドアが開いている部屋の間の無秩序の患者のように絶えず行き来してお互いの顔を見ずに言葉をつないでいく。 だからカットを共有しないのではなく、分割することができないと言うのが正しいだろう。 もしカメラが一堂に止まっている場合は、カメラはたちまち人物が抜けた空っぽの空間のみ撮っなる。 彼らが一発でいても、一人は、柱やドアの後ろに隠れていて、真のツショトウン珍しく、たまにツショトウロ取れる時は、彼らが争う時が多かった。 天井をはがして上から!はあは限りなく開かれてつながった構造ですが、大変ひそかで閉鎖的であることができる、ビョクドゥルロ囲まれた空間たち。 ウディアレンが、夫婦の日常を撮る方法は、家の内部の銅線を徹底的に利用するものである。 その夫婦の家は一つの空間であると同時に、決して一つに統合することができるスペースがない。 そこは夫婦の家だが、家と呼ぶにはどこかぎこちない。

要するに<ハンナとその姉妹たち>で、しばらく記憶をたどってみよう。 この映画を構成する複数の幹の一つは、ハンナ(ミアファロー)の2番目の夫(最初の夫は、ウディアレンが演じる)エリオット(マイケルケイン)が、ハンナの妹リー(バーバラハーシー)が密かに好きな話だ。 エリオットの心があらわれるときは、家族が家に集まり、パーティーを楽しむ日だ。 通路を通る人々の隙間を行き来しながら、彼の粘っこい視線は妻の妹に集中しているが、気づく人はできず、ついには妻の妹に沿って入った部屋で、彼は妻の密かに、顔をブルヒンダ。 そしてもう一つの家族の集まりがあった日、妻の妹は家の中のどの部屋で関係の終わりを宣言する。 ハンナとエリオットは、この空間でずっと生きていくだろうが、すでにここには二人で分けることができない秘密が入ってしまった。 ウディアレンの映画の中で一際深く立体的に見えるのアパートの内部の深度は、夫婦がお互いにバレてるよされていない欲求、けん怠感、罪悪感、表情を映画的に隠したり、偽装するために適している。 相手にではなく、自分だけに正直になることができる空間、最後まで秘密であることはありませんが、Facebookのように感じられるようにするスペースが彼の夫婦の物語を支える。 どんな観客も広々とあいたワンルームで撮影された夫婦の日常を見物したくはないのだ。

一方、<夫婦の日記>はどうなのか。 妙にドキュメンタリーの形式を引いてきて夫婦たちがカメラの前で返事をしたり、時々夫婦は、自分の日常に入会したカメラを意識するように見せるため、この映画は、多くの場面がハンドヘルドで撮られた。 要するに結婚して20年になったジャック(シドニーポラック)とサリー(ジュディデイビス)が親友夫婦ゲイブ(ウディアレン)とジュディ(ミアファロー)の家を訪問することによって分離することを決定したと言うとき、あるいはそれ以降のゲイブとジュディは、空虚な心を隠して家の中で個人的な話をするときに、カメラは、人物の動線に沿って夢中で動く。 本棚、訪問、シンクなどで区切った家の内部を賑わして動き回る人物たちの心理や表情に密着するためには、携帯以外の方法はなさそうだ。 ところが、この方式は、人物たちの動きをカメラがそこまで追いついてできなくて一人だけ撮るしか存在しないか、人物たちが素早く消えた空っぽの空間に対面するだけの夫婦関係の苦々しい断面を捕捉し出す。 フレームに集まることができない場所の二人の間をカメラがコトオプイスイスイやり取りするときに、まるで夫婦は、映画的に無理に接続している関係のように非常に不安定な状態に見えるのである。

ショート - ヨクショトウイ歓迎

<幻想の君>やはり夫婦の家は、ぬくもりや安らぎとは距離が遠い。 既存のアレンの映画を連想しながらも、これらの夫婦の関係を圧縮的に形象化したシーンはもちろん、ここにもある。 サリーは片思いしている職場の上司が自分の友人と恋に落ちた事実を知って腹を立てた状態で家に入ってくる。 医師をやめて妻がお金を稼ぐの間小説を書いて渡って建物に住んでいる若い女ディア(フリーダピント)にパジョドゥンロイは、出版社からの拒絶の電話を受ける。 夫婦それぞれに、最悪の時であるセムインデ、折からサリーの母親ヘレナ(ジェマジョーンズ)が、これらの家を訪問する。 ヘレナは、夫のアルフィー(アンソニーホプキンス)が40年間の結婚生活を清算し、若者を求めて去り、僕の占い師の言葉を盲信し、喪失感をなだめて、この日も、占い師の予見を聞かせてもらいに娘の家を訪ねた。 ロイは、自分自身を冷ややかするヘレナと仲が良くないが、家の家賃をヘレナがデジュゴていてむやみに屈指ない。 この場面での人物たちがそれぞれの最悪の境遇の方を書斎やリビングルームを出入りしてニヤニヤ、時には相手を追いかけてプールのときに、この狭い家で、彼らの安息のための独立したスペースは一箇所もないように見える。 そして、その瞬間だけは、原因も解決策もなく、この家をぐるぐる回る口論の動線が永久に続くように見える。 ついにロイがヘレナのグラスを奪って壁に投げて衝突した後、家を出ると状況が終了される。 残酷な真実。 この戦いの唯一の解決策は、誰かが家の外に出るのだ。 そして、帰ってこないのだ。

ところが、無茶にも<幻想の君>を見て、ウディアレンの映画をサンギヘボだが、ある瞬間ふと、ジャンリュックゴダールの<軽蔑>が浮上した。 正確に言えば、特定のシーケンス、つまりカミユ(ブリジットバルドー)とポルジャベル(ミッシェルピコルリ)夫婦がシナリオを書くために、一時的に移住してきたアパート(彼らは、"ホテルよりもまともな(!)のアパート"と言う)の内部で行われる二人の間の光景これらのことを思い出した。 お互いの愛を疑う夫婦がそれぞれの言葉どおりの部屋に入って出てきてお風呂に入って出てきて、リビングルームを前後に動かして口論をして会話を交わしては、お互いに質問を投げる瞬間をずっと追って非常に長く持続する、このシーケンスは、夫婦のみ可能な趣のあるゲームのように見える。 アレンの映画のように日常的でないし、作為的だが、夫婦の危うからずしゴンジョヘジン関係が家の中を歩き回るの戯画化された、あるいはとても悲しい銅線を使って象徴化されているようだという印象のために、私はこの映画を思い浮かべたのだ。 これらの動きは重ならない。 これらのよく寄せられる質問もお互いに呼応しない。 ここでも、二人は、絶えず動き回って、カメラは流麗に、これらに沿って行くのに、これらがフレームに取れる場合は、どちらかが裸のスペース、扉を開いているお風呂場で何の圧力でいる時だ。 夫婦が互いにずれるリズムと方向に小さなアパートの内部をぐるぐる回ると、まるでこれらの式は、心、少し残って成績の圧力は、まだメマルジな期待感のようなものが閉鎖していたがヨルリギル繰り返しながら、それ自体で息をするだけだ。

ところが、このシーケンスの後半に二人は最初に向かい合って座る。 夫は"どうして私を愛していないんじゃないか"と重ねて頼んで妻は"愛していない"と答える。 ゴダールは、これらのどのシーン分けずに両脇を水平に行き来しながら撮った。 言い換えれば、これらの視線がお互いに行き来するほぼ唯一のこの瞬間をツショトドではなく、ショットとヨクショトウロド撮らないという点が重要に見える。 これらのどのシーンを再よりは、ウディアレンの夫婦が会話を交わす時もショットとヨクショトウル見た記憶がないということを悟った。 もちろんハルリオドゥシク典型性に抵抗するゴダルゴ、アランだから、と簡単に移ることがあるかもしれないが、ふと、夫婦の会話をショート - ヨクショトウロ撮るのが、実はなんとコミカルなことなのか、いや、どのように嘘をつく行為なのか、という気がしたのだ。 <夫婦の日記>で、ジュディは、夫との関係が徐々に崩れて来ているということを感じる時にこんな言葉を投げたようだ。 "お互いに離れた部分が、必ず全体をなすものではない。"彼女がどんな文脈でそんな話をしたのかはよく覚えていませんが、私はこの言葉が、少なくともアレンの映画で、夫婦の間でショート - ヨクショトイ楽しんで使用することができない理由の説明のように感じられる。 ショート - ヨクショトウイ歓迎、だからお互いを覗き込む完璧な凝視、自己完結に向かうの疎通、二つの心の統合、アランの夫婦にそんなことは歓迎だ。 ゴダールが水平トラッキングに会うことができずに平行線を引く夫婦の話を行き来している場合は、アレンは、さまざまな空間で合わせず話している。 あるいは一フレーム内にあっても、なんとなく不安定な姿勢と、他の場所に向かう視線で言葉を投げるようにする。 この時、これらのツショトウン'横'とも、'向き合って』とも距離が遠い。 ハスミしげ生駒は、小津安二郎の<麦秋>を評して、老夫婦が向き合って会話をしている途中、突然目の前に現れた対象に視線を移すときの動作の同時実行性がどのように感動を与えるかについて述べている。 彼はそれを"ただ一つのことを二人が同時に入れる身振り"と表現する。 そのような並んでの視線の崇高さが来るまでの歳月をアランの夫婦は、突っ張って出さないことができなくて、むしろ冷笑してしまう。

席替え、ペアの変更

それなら夫婦の家を逃れたいんだし、最終的に外れてしまうアレンの人物たちはどうなるのか。
<幻想の君>で、ロイは、前の建物の窓から赤い服を着てギターを弾く美しい女性を盗み見楽しみに住んでいる。 ところが、けげんなのは、彼の行動をのぞき見的に感じられないという事実である。 のぞき見は、私は、ターゲットに直接関与していない한에서成長する幻想と同時に動作する場合がほとんどですが、一応彼は窓から彼女に直接声を掛けても、自分が盗み見ていたことを明らかにして関係を発展させていく。 しかも皮肉にもアランは、場面の配置によって、この幻想の未来を予知する。 要するにロイが窓から、この妙齢の女を初めて見たのシーンの後に、彼の妻サリーと初めて会って愛をささやいたのフラッシュバックがすぐに来るか、彼は窓際の女が恋人との愛を分かち合うことをうっとりと盗み見しには、妻の母ヘレナが娘のサリーに"占い師が言うはいパパがどんなに新しい女性と恋に陥っても、結局僕ほど愛していないことができないと言っていたよ"と言う場面を付けるといった具合だ。 幻の現在の繰り返すだけの未来を介入させて幻想の魅惑的な差別化を少しでも押すのだ。

それでもアランの人物たちはペアを変える。 彼の映画の中で、その場の変更が重要でないことは一度もなかった。 しかし、問題は、これらのペアの変更がずっと物理的にも精神的に、あるいは物理的に過度に近い席への移動という点だ。 要するに<ハンナとその姉妹たち>で、ハンナの二番目の妹は、ハンナの前夫との結婚をして、ハンナの夫は、ハンナの末っ子の妹との恋を夢見て、<夫婦の日記>のジュディは、親友サリーとのかつての愛陥っていた男性と再婚する。 <幻想の君>でもロイは、妻と離婚し、結局、前の建物の彼女と恋に落ち、彼女の家に引越してくる。 ところが、その瞬間、アレンは、少しは不気味で他人の場面をすっと押し込まのに、自分がずっとチョダボドン窓のその場に立ったロイは少し前までは、自分が立っていたの向こう側の窓の中でサリーが服を脱いでいる姿を説明することがな表情で見守っているのだ。 彼は何を考えているジュンイルカ。 ペアを変更するのは、小心な移動は、新しい人生のスタートではなく、自分がこれまで存在していたその場が、今は空っぽであることを目撃する可能性だけだと、最終的にマッチ変えるとは、自分の空っぽの席のリストだけに追加するものだとアランは、話している中のかもしれない。 なぜなら、ペア変えとは全体が、つまり、構造が変わるのではなく、ただ、その中の個々だけやかましく移動するギョチェイルばかりだからだ。 <夫婦の日記>で、夫との結婚期間中にオルガスムを感じることができなかったサリーは、夫と別居後に出会った、新しい恋人とのセックスをする。 しかし彼女は満足のいくセックスをする中でも常にこのような考えをしようとしては十分に感じることができなかったと告白する。 "要するにセックスで、夫は、ヤマアラシの場合、この男は、柔らかなキツネだ。 今までの友人Aはヨオイルであり、Bは、ヤマアラシ、Cは、孤...。"結局ペア変えるとは、あるいは結婚とは彼だとしてもハリネズミで主演に、あるいはその逆への移行、または交換するということだ。

彼の映画の中で、あえて想像を受け入れる必要がある場合

とにかく、自分の空っぽの席を目撃したり、別段新たな救いのチャクウンないという事実をわかっているアランの人物たちは、その行動を繰り返しながらも、罪悪感と不安と虚しさに苦しめられ、満面に、その先には死への恐怖がある。 <ハンナとその姉妹たち>で、アランが直接演技する人は健康ヨムリョジュン者に死に対する恐怖のために、ユダヤ人であるにもカトリックとヒンズー教を覗きせる。 しかし、彼は結局ニーチェも、フロイトも、ソクラテスも与えていない答えの詩人から探す。 "結局、愛がダプインジしれない。"だから、アレンの人物たちは それにもかかわらず、常に新しいペアで行うか、または、昼厚くも<幻想の君>のアルフィーのように自分を捨てて旅立った元の位置に戻ろうとしたり、創作への執着と、その恐怖を最大限に押し出すように見える。 この映画のロイのような芸術作品の生産にこだわりを見せるアランの人の人物たちは、通常、自分の生物学的な分身を生んで望んでいない。 2歳の過度の拒否と恐怖は、言い換えれば、それに対する欲望のジンフイルである。 アランはこの夫婦を登場させる映画に必ず避妊、不妊のトラブルが出てきて子供たちが存在しないか、あっても重要に扱われていないのは単なる偶然ではない。 結局、それらすべては、現実の中でもがいて打つ。

ところが、<幻想の君>に至れば、現実でのボヅンゴリムウル一瞬に飛び越えてしまう運命という話題が前面化される。 最初はただ笑いのコードであると思ったが、後ろに行くほどの映画もその話題を捕獲しているようだ。 いや、信じていたいているようだ。 この映画で、占い師の言葉に望みをかけて生まれ変わりを信じてしまうヘレナ、そして最終的に、複数の人物の中で唯一の彼女の予想だけを満たしてくれる映画のバレルはもう死を避けることを避けることができない年齢になったアレンの心情を仕方なく反映しているのだろうか。 この映画のナレーションも、そのような脈絡で、気になる。 要するに<ハンナとその姉妹たち>や<夫婦の日記>のナレーションは、登場人物、自分のことをしたり、顔には出てこないか、または映画に存在する者のものであり、その人物たちの日常と事件に密着したナレーションは、状況と心の変更の可能性を抱いていた。 しかし、<幻の君>で、"シェークスピアは、かつての人生は、わめくと怒りに満ちていて、結局何の意味もないと言った"という言葉で始まって、映画の外での人物の内面や状況を見下ろして固定していたナレーションが、"たまには想像が気に安定剤よりもよい時がある"とし、切り上げと同時に、ここには生活や関係のわめいても、怒りも、不満と毒舌もすべて削除されている。 いわばアレンの映画を生きるようにしていた要素は、現実の不条理な時間たちの代わりに、まるで平和な未来の生命の時間が機能し始めているように感じられる。 卑屈になって卑劣になってもなんとか現実で地位を確立のためにエスミョヘレナの信頼に毒舌を解いて得ているサリーとロイは、映画の中で消える瞬間の顔のクローズアップは、この映画の中で最も暗く、奇妙な場面だ。

カメラは、成功を目前にして失敗した地獄に落ちるか分からない刹那不明のどこかを凝視して恐ろしく凍える人々の顔をかなり長い間見つめる。 まるでその叫びを打っていた現実の時間が急に停止したようで、彼らがそのように非難していた占い師の予知たち、あるいは空の意味の勝利に屈したの表現のように見える。 その表情の変鮮やかな対決のせいかそれ以降ヘレナにのみ与えられるハッピーエンドではグィヨプギンですが、ちょっと不気味な面もある。 真剣に前世について論ずる古来の新しいカップルをめぐる明るすぎる気がアランが作成する悲観的な神経症者たちのオーラと同じように病的に感じるからか。 もし、アレンの映画の中で、あえて想像を受け入れる必要があるなら僕には"再住んでまたしても生きるのがどれだけ良かったのか"と、運命の必然性を信じる古来のカップルの想像よりも、"一年後"という字幕が出た後、誰が見てもいつか壊れることは明らかだ目に見えるカップルが結婚しても、その瞬間だけは幸せだと信じて、すでに皮肉が内在した幻想を見せては、アランが先頭になるようだ。 少なくとも今はそうだ。

文:ナムダは( 映画評論家 )2011.02.17
by kazem2 | 2011-02-17 15:06 | Woody Allen