ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[外信記者クラブ]ポップコーンを食べて哲学の勉強を

☆cine21.com
パリの大劇場では6年目の哲学の講義が進行される
e0109292_2334190.jpg




それは、毎週パリのある大型映画館で行われる。
映画館は、男女の高校生たちでいっぱいになって、ここにその率先ソクダクうなる音、キドゥクゴリは、音、操作をかけるかわいい場面もたまに見えるのが、まるで<トワイライト>試写会に出席した感じだ。 照明が鈍って持って白いワイシャツに魅惑的な微笑を浮かべてハンサムボーイオリビエフリーヨルが登場すると、みんな大急ぎで食べ残しのチョコレートをカバンに用意入れ筆記具を取り出す。 これで、哲学の授業の開始である。

オリビエフリーヨルは、この哲学を話しながら映画館に観客を呼び起こしたのか、もう6年目だ。 小説家であり哲学者である彼は、すでに短編映画をいくつかの編作成され、現在、初の長編映画を製作中だ。 文系のサポートの学生たちが哲学の科目ではよくないの得点を得た場合、彼らの将来までも危険にさらされることがいたので、フランスの代入の資格試験バカロレア予備受験生たちの哲学は、恐怖の科目である。 フリーヨルは、映画の抜粋シーンをもとに、学生たちが、複雑な理論にもっと簡単にアクセスできるように手伝ってくれる。

フリーヨルは、まず、<マトリックス>の一場面を示しています。 大型スクリーンで、ネオと建築家として出てくる人物が向かい合っている。 二つの世界が互いに対立する場面である。 哲学の先生が言葉をつなぐ。 その場面は、神の異なる2つの概念を示す場面だ。 ライプニッツによると、神と持つことができる、世界の中で最も良い世界を選択する前にすべての可能性をガヌムヘボは、徹底的に計算的な神である。 このような神がこの映画の中で建築家として表される。 逆に、デカルトによれば、神はそのような計算なしでひたすら自分の意志だけで世界を創造する。 この思いを作品で表現される人物がネオダ。

哲学の授業は継続される。 今回は悟性と頼るという2つの概念の違いについて言及するようですが、先生はこれを<フォレスガンプ>を使って説明する。 ガンプは、制限された城を持った存在が、彼の意志は、米国全域をファルボハルことができるので、無限のものだと、学生たちに言う。 映画館の近くの小さなカフェで、彼は私には彼の指導方法について説明してくれた。 "私は<アバター>が哲学的な作品だと思っているわけでもなく、ジェームズキャメロンが、21世紀のカントと主張するものでもありません。 ちょうど映画のシーンを教育の手段として使用するだけです。 これは教授がどのような概念を説明するために、黒板にたまに円を描いて見られるようになります。"だからフリーヨルは、授業で引用する場面を、青少年がよく知っている<タイタニック>や<アイスエイジ>のような作品で選ぶのだ。 フリーヨルは、そうだと論述試験での<ハイランダー>を述べてはならないと明確に注意を払う。 主題が「時間」とも言われる。

かつて教師だったフリーヨルは、教職をやめた後、学生たちにもっと自由な哲学との関係を作るために、今は映画館だけで講義していると言いながら、"哲学者エミール=オーギュストシャルチエ(別名、アラン)は、教授の仕事と処罰される日の2つを同時にすることができないとしています。
「 私は、『映画館の哲学』を使って教育と評価を分離させることができました」と語った。 彼の教授法に対する好意的反応も興味深いです。 哲学の問題を離れて、彼の発想自体が一つの都市の中で映画館の役割を再究明してくれるからだ。

最近、フリーヨルが講義をする大規模な映画館の中には、バレー、オペラ座のライブはもちろん、
スポーツの試合を再放送してくれるところもある。 プリヨルやはりこのような映画館の新たな用途に結構驚く表情だったが、「映画館では、ギリシャ時代のアゴラ(広場)を発見した感じ」と言いながら楽しんでいた。 授業は終わって、観客は徐々に映画館を去った。 プリヨルアゴラの観客席の座席下には、空のポップコーントンドゥルイ捨てられていた。

文:アドリャン公報( 正の記者、映画評論家 )2011.02.16

翻訳スミ
by kazem2 | 2011-02-16 23:03