ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[フォーカス]どのような死、深い悲しみ

☆cine21.com
e0109292_14432032.jpg





シナリオ作家の最高の切ない死...創作者を死に追いやる現実を振り返る

1つのシナリオ作家が亡くなった。 旧正月を控えて去る1月29日自分の家で死んだまま発見された彼女は2007年に韓国芸術総合学校ヨウンサンウォン映画と(8期、シナリオ専攻)を卒業した作家だ。 2006年に直接書いて演出した短編映画の<激情のソナタ>は、アシアナ国際短編映画祭で受賞した。 しかし、後に完成したシナリオは、映画制作までつながらないことができないのに低迷の時間を過ごしたし、さらに歴史的に密接に「残りご飯とキムチをくれ」というメッセージを使用して極端な生活苦が知られ、多くの人々の公憤を買った。 彼女の死をめぐる一連の出来事を
ドゥェジプウミョンソ多くの人々の話を聞いてみた。

1979年生まれの最高は、作家は今まさに自分の能力を誇るの年齢に切ない便された。
去る1月29日、京畿道安養市ソクスドンのある集合住宅の一室で、冷ややかな死体でいた彼女を発見した人は、別のテナントだった。 死亡前には、賃借人の家の門の前に、「これまでいろいろ助けていただき、ありがとうございます。 恥ずかしいが何日目何も食べていません 残りご飯とキムチがあれば私達の家のドアに置いておいてください」と書いたメッセージを張り付けますは状態だった。 メッセージを見て事情をタクハゲ考慮の食糧を準備してきたときの遺体を発見したもの。

その後ヨウンサンウォン在学時代、最も親しくしていた同期の何人かが葬儀推進委員会を作った。 しかし、両親を亡くし、ひとつだけの兄とも連絡が切断されたまま、一人で暮らして来たに、遠い親戚が中心になった遺族も、これといった葬式の値をコストがなかった。 ビデオ係で、彼女に直接教えていたイ・チャンドン監督は、この残念なニュースを聞いてはヨウンサンウォン同窓会に連絡をとったし、しばらくの金額が集まりながら卒業生たちの間にニュースが知られるようになった。 同窓会から集められた費用は遺族に渡され、その費用で化粧を行った。 ヨウンサンウォンキムホンジュン教授も、"忠南燕岐郡にある銀河の公園で、化粧をしたと聞いている"とし"学校側が遺族に学校長に葬式を支払うことを提案したが、遺族があまりにも悲惨な死だと校長が負担になると拒絶した"と明らかにした。

彼女の作品は映画化されていない

チェ作家の死がこの世に知られているのは去る2月8日<ハンギョレ>の記事("'残りご飯ちょっと中央'文を残して無名の映画作家の寂しい死")を通っていた。 この頃から映画をはじめ、数多くの人々が残念なニュースを接したし、その内容は、ポータルサイトのオンラインニュースはもちろん、TwitterやFacebookのブックを使って急速に広まって行き始めた。 青年フィルムのキムグァンス代表はTwitterを使って、"私は、映画(<朝鮮名探偵:トリカブトの秘密>)芸能ニュースに喜んでいるときに後輩監督が残るの米ちょっと違う'というメッセージを残したまま、冷ややかに息を引き取った"と切ない心を表現し、インディプラグゴヨウンジェ代表はまた、"まるでピラミッド構造のようにメジャーの投資だけを大声で待つしかないの製作風土で、『投資』という条件は当然ない手形のようだ。 ヒュジトジョガク手形を持ってどのように生活を営むことができるだろうか? 若い脚本家の死に心が重い"と文を残した。 しかし、『餓死した』という途方もない事実の前に、インターネットをかけられたコメントは、もっと極端だった。 「バイトでもしないそうした」は、人面獣心の悪意のあるコメントから「死を傍観している韓国映画は無条件に違法ダウンロードを見る」という主旨の焦点を外れた怒りのコメントまでの事件は一波万波広まった。 同じ時期、次の'アゴラ'にチェ作家の「のようなと後輩」と明らかにしたあるネチズンの'これまで、本当に言いたいと思った。 「映画製作会社の横暴」という記事も公憤を起こした。

それ以降のビデオ員は教員と学校側が緊急会議を開き、「今後これに関連しどのようなメディアにも接触していないこと」を公式的な立場で整理した。 そして、先週12日にはヨウンサンウォンシナリオの実習室でチェ作家を覚えているささやかな追悼式が開かれた。

過去の某映画会社で彼女と一緒に働いたことのあるインディーストーリージョギェヨウン広報チーム長は、崔の作家が高卒だった2006年のジョ・チャンイン原作の<灯台守>を脚色していたとした。 "両親が二人とも、お亡くなりになったのかハンブンマンていらっしゃったのか正確に覚えていませんが、<灯台守>自体が母と息子の話だとその時、自分の両親を懐かしむ話をたくさんした"とする。 それとともに、"作業しているオフィス内のすべての壁にポストイットとメモ紙をぱっとつけて物語の構造を非常に細かく分析していたのが印象的だった"とし、"操作方法がとても几帳面で緻密にした"と記憶を思い出させた。 "目が大きくて顔がいつも笑顔でも見る人それぞれ好感を持つ人"だったともした。 しかし、最終的に<灯台守>は、映画化されていない。 そして、チェ作家の過去5、6年の時はずっとそのようなプロセスの繰り返しだった。

失業扶助制度が認識された場合

現在のチェ作家がどのような不当な待遇を受けており、事件と直接の因果関係を問うことができる契約があったのか明らかになったことはない。 しかし、生計の死角地帯に集中していたことは明らかである。 2005年の映画産業労組が発足し、産業システムと一緒に、政策当局に対する批判はずっと繰り返されてきた。 映画産業労組は、去る8日の声明で、"最低限の生活のために繰り返される失業期間の失業祝儀を支給することができる方法を探してみようは、要求を何度もしたが、今までに執行された映画の発展基金の数%にもこのような目的にスヨトヌンジ息苦しいだけでするだけ"と言いながら、"もし、失業扶助制度が現実化され、故人が恩恵を受けていたら、昨今の状況は起こらないはずだ。 これは、明らかな他殺"と主張した。

このように無惨な事件が起ったの次には初めて'議論'に触発されている現実が残念だが重要なのは、いつもの時限爆弾のように抱いていた、具体的な問題だったという事実である。 映画の生態系の安定的な循環というか、映画産業の労働組合発足後の合理的な変化への模索など、どこか停滞いた疑問に対する無関心を覚醒させた事件であることは明らかである。 だから事件へのアクセスと分析は、これから本格的に開始されなければならないものとみられる。 去る10日、ソウル九老区ドンウアニメ社屋で開かれた'のコンテンツポリシーの国民の業務報告』で、チョン・ビョングク文化体育観光部長官はこれについて、"大臣に就任しながら、約束されたもののうち一つが「文化のセーフティネット」の構築である。 アーティスト処遇改善のための制度的装置を用意するために最善をつくす"と述べた。

"8、9年目までの生活苦に悩まされているプロの生理学"

ノ・ヒェヨウン:シナリオ作家<シングルス><美女はつらいよ>
なんとゴリプドェいたからそのような状況までにおみせになったのだろう、という考えにとても腹が立った。 そのようなメッセージを残したの程度ならともかく生きようとする意志があったはずなのに、本当に残念だ。 実際に新人作家の場合は、契約条件をよく考えてみれ自分の利益をきちんと取りそらえる難しい。 契約をしてもキャスティングが出来なければ無期限に待機する時間が垂れて、投資が確定するまであてない時間が過ぎることもある。 他の仕事をしようとしても、『君の任務は尽くして行かなくてはならないという暗黙的な圧迫を受けることもある。 しかし、いざシナリオを『払い』と、それで終わりな場合が多い。 現場を訪問しても、『あの人は誰だ?』という視線で見ると、孤独確実に歌ってくれる人もいない。 急に部外者がされているというか。 撮影、照明など、他のスタッフはどのような『ライン』でもありますが、作家たちは、徹底的にゴリプドェている場合が多い。 私も『シナリオ作家』というタイトルで、無難に生活してきたようだが、8、9年目になるまで、生活苦に苦しんだ。 それが伏せられる作品含めて、普通に生きてともそうだったということだ。 そして、どの時点でも「受けたドン」より受けるお金のほうが多いのがシナリオ作家たちの現実でもある。 個人的な事情はさておいても、彼女がひどい生活苦にも映画人として残ったのが自発的な選択なのか、不公正な契約を結ばれるのか気になる。 一歩遅れてこの話を接しては、一人で作業している後輩の女性のシナリオ作家たちにぱっと文字を向けた。 いつでも大変ならばお姉さんに話をするように。 私も無力感を振り切ることができず、本当に心が痛い。

"集団的に一般化されることはマルギル"

ウォン・ドンヨン:リアライズレコードピクチャーズ代表韓国映画祭作家協会副会長
数日前、後輩の監督を使って最作家の悲報を聞いた。 心からご冥福を祈る。 映画界では特に、作家たちの処遇がより一層難しいことを痛感する。 多くの方々が憤慨して、円筒形にしてして悲しむ心も同感する。 私自身が被告席に座っている気分だが、このような悲劇を終わらせるためにも私たちは映画をしなければならない。 そのように憤慨し、円筒、悲しい気持ちガヌル道が、正確なファクトを確認することが優先のようだ。 実際に誰かからの不当な詐欺を受けたり理不尽な扱いを受けたことがある場合は、厳密に言わなければならないだろうが、ファクトチェックなしで、映画界全体を売却し、不当、不合理な集団に一般化することはいけません。 今回のことで、韓国映画も、不法に入手することだ、制作会社、投資購入の悪意軸は、式の文章は本当に胸が痛い。 もちろん、不当な契約をした制作会社や不合理な待遇を受けた作家、スタッフの方もあるだろうが、映画界全体がそのようなことはないと信じる。 もう一度故人の死に頭下げて哀悼の意を表し、冥福を祈る。

"スタッフのための失業給付の必要性"

チェ・ジンウク:全国の映画産業労働組合委員長
人々が政治的に利用する目的で分かるか心配で躊躇した。 しかし、映画産業の構造がこのまま行けばどうせまた別の死が起こる可能性がありますので、正式には、積極的に対応しなければならないと考えた。 現在の産業システムは、投資会社のみに責任があるわけではない。 製作会社も、俳優でも一定の責任がある。 悲しいが、例外として、現場の映画人たちの人権、労働時間、賃金の支払いなどをすべて守らなければならない。 現在、韓国の映画産業のシステムに何が大切かどうかを現場の映画人と一緒に心配してほしい。 投資会社や製作会社が利益が出ない、私たちも大変だという話だけではなく、『スタッフのためにお金をあげられなくて大変だ』という気持ちを持ってくれたらする。 チェ作家の残念な事件以前から、全国の映画産業の労働組合との韓国映画祭作家協会(以下ジェヒョプ)は、文化体育観光部と交渉を建てる計画だった。 内容はまだ継続協議中ですが大幅に現場の映画スタッフの最低賃金、労働時間の遵守など労働者の人権と関連したいくつかの法律条項を議論する考えだ。 もう一つは、やはりジェヒョプグァ一緒に議論している部分だが、『映画のスタッフの雇用福祉委員会'の形で法人を設立しようとする。 民間団体の方式である。 一言で言えば、民間から資金を調達してスタッフに失業給付を支給する内容だ。 なぜ公的法人を設立しないかと? その役割を、映画振興委員会がしなければならないのに、現在の映画振興委員会がそれをするだけの力量がなるのか。 そのような役割ができないから、私たちとジェヒョプイするということだ。 一応、来週に最終合意に入り、時間が多少かかっても着実して慎重に推進する。


文: ジュ・ソンチョル
文: キム・ソンフン
写真: チェ・ソンヨル 2011.02.14
by kazem2 | 2011-02-15 14:41 | Comments(0)