ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[図書] 韓屋のドアの大きさに秘密が?


<私たちの建築西洋建築で読む>イムソクジェ著/コルチョグラポ社発行
e0109292_15382283.jpg




タイトルが本当に親切な本である。
この本は本当に私たちの建築と西洋建築を一緒に読んでくれる。 国や文化に関係なく、建築物に本質的に存在する空間、屋根や塀、ドア、階段を察して、その存在の理由と、それぞれ別の建築概念の展開過程を観察する。 記事で言及されている、その建築物の適切なスペースが写真で提示されて一見楽なのに、韓国の建築物の資料写真に比べ、欧米の建築物の資料写真の詳細さには救助がある。

迫って頭の中で思っていた韓国の建築物(ここでは、洋風の住宅文化にその座をほとんど出してくれたので、通常の場合、韓屋の構造を論ずるためには、記憶よりも想像力を動員する必要があるほどだ)の隅々をドゥルチュォボはイムソク材の良心とは、エキサイティングな解釈につながってたりする。 ハンオクジプに出入りするとき、最も不便だと思っていた小さなステートメントについて考えてみましょう。 昔の人は小柄で背が小さくてドアが小さかった。 そうではない。 "アムリョミョンその程度の不便なことも知らなかったのだろうか。 それが本当に問題だとドアを少し大きく作成した場合になることだ。 このようなサイズのドアを不快に感じていないことを意味するという意味だ。 ドアを出入りしながら体をOggたて傾向があるたびに、人々は自分の肉体についてもう一度考えさせられる。 何よりも自分の体の大きさがこの程度だな自我の覚醒を一日も列藩ずつになる。 これは、すぐに自分の身の程を知るするすばらしい師の役割として現われる。"縁側の絶妙な高さの感覚もファジェトゴリダ。 膝を曲げてまたぎには、ぴったりの高さ、そして、座っても立っている目の高さを維持することができる高さ。 まさにヒューマンスケールの秘密である。

目が一番楽しいの大木は、第13章「親子研とロマンチックな」だ。 自然がすぐに建築がされている美しさの場面に会うことができる。 建物と人間の関係、何よりも宗教観が異なっていたので西洋の建築物は、他の面で発展してきたが、現代建築では、東洋と西洋のギャップが狭くなったという事実が興味深い。

文: イ・ダヘ 2011.02.10
by kazem2 | 2011-02-13 15:41