ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

チウンの「この頃時々頭の中に思い付く考えなのに話が...」

☆cine21.com
他人のインタビューを読むのが好きだった少女は、自身のインタビューにもがく時
e0109292_20371079.jpg

尾ではなく胴を見てください










アルバムが出てきて再びインタビューのシーズンがやってきた。
インタビューは、それは正確に2008年からの日
嫌がらせの主題として、私は、このため、遠く北海道まで飛んで一周して考察しなければという信じようと信じまいとした物語。

私はインタビューが好きな人である。 正確に言うとの「インタビューを読む」を好む。 小学生の時から新聞を読む(エヘン、私は新聞を読む小学生であった)のいずれかウォンのインタビューが出れば知らない人の話でも、精読をした。 おそらく、内膜は、私は新聞を見てエリート小学生必要ですが、広げては、記事は固くて面白くない暁難しくするタイミングに出てくるのインタビューページには、言葉も容易ホルロンヘソ懸命に読んでいたのではないかと思う。 そして、少しカーソル中学生になった後、膜に創刊されたファッション誌をサモウギ始めて、そこに掲載された女優やデザイナー、建築家、芸術家たちのインタビューに熱狂した。 この偉そうな人々はいったいどうそうなったか、普段何を考えて住んでいるかをそっと知ることができるということでとてもよかった。
その次にはヨウンファジのインタビューを読んだところ、オオ、ここはもう一つの世界だった。 ファッション誌よりももっとインタビュアーとのインタビューがが駆け引きをしていたよ。 たまにあるインタビューではお互いにくるくる尾漁だけだ終わる感じだった。 私は十代だったので、そう考えた。 一体なぜそうなのか! そのまますべて話しては、どれだけ好き! それが何の分離と! 精々それ見せてくれると自分の魅力がダルウルカ! 馬の床には、どうせ限界があるはずなのに、できるだけ紙の向こうの人に自分をよりよく伝えようと努力してもなるんじゃないか!(当時、このように具体的に考えるわけではできなかったはずだが読まれる方々の理解のために)

インタビュアーになった日

そうしてジャプジチョクアルバイトをしながら、実際にインタビューの現場で仕事をすることになった。 わあ、わたしがインタビューの現場にいるなんて。 物事に熱心に準備をしていた。 小説家吉田修一インタビューを成功させるために、吉田修一エゲ直接発生で、3枚組ソンピョンジルル書いたほどだ。 <文藝春秋>の編集長が私には彼の住所を知らせしました(私は、ストーカーには、どうしろと...)残念ながら、私はストーカーではないのでおとなしくスケジュールをとって渋谷のカフェでインタビューをすることになったが...。

まだ鮮やかなあの日の記憶。 彼はなんとインタビューの現場に30分早く到着した。 私の担当記者は、40分ほど早く到着して、事前に写真を撮っているところも見て面接の準備ももう一度しようとしたがなんと、今登場したその人は吉田シュイチガではないのか。 呆気にボンボンハンまま彼を迎えてインタビューを開始した。 彼はサンニャンヘトゴ、真剣だったし、賢明しており、その中に
ユーモアもあって、最終的に真心スロプギカジした。 どんな質問にも慎重に考えて答えており、
愚問にもヒョンダプウル出した。 なんてことだ、私は挫折感を感じた。 あなたは痩せてて、軽くて、騙して、硬く、誠意なくてもなるのに一目見て馬の若い外国人の通訳になぜこんなにサンニャンハプニカ。 大きな山に会ったような、私の人生にあった最も強烈な経験の一つだった。 それは彼が『日本人』であり、『作家』なのに背も高くて、肩も広く、ハンサムだったのでドヘトヌンジド分からない(日本の方々と作家たちにひどい偏見をお詫び申し上げます)。

そのようにずっと仕事をして見ると今は通訳や進行中のロールではなく、記者として、一人でインタビューを進行することさえできた。 ああ、緊張と挫折と達成と苦労の日々よ。
らない人に会って彼の緊張を緩めて、話を引き出すのは当たり前だが、本当に大変な仕事だった。 最もひどい時は、話の流れが切断される時であった。 頭の中はセハイェジゴ、次の話をしなければならないのに舌は固くて...。 多分、自分の器よりも大変なことを引き受けて緊張したせいも大きかっただろう。 しかし、もっと返事をしてあげても良いはずだし恨みもあった。 ああ、私ならではなのに、べちゃべちゃ答えを上手にするはずだし、心の中で思っていたが、その時は私が実際にインタビューをさせられる人になるとはモルラトジ。

インタビューになった日

最初のインタビューの依頼を受けてはただシンナトダ。 うわー! 私にインタビューだなんて!
私はいったいどう描かれるか! 外国のファッション誌の女優のインタビューと、初めて会った瞬間からは、記事がドゥェドンデ! 例えば、早い人だ。 「彼女は、日差しの良い原木のテーブルに座って白ワインを一口飲んで特有のヌンジュルムいっぱいの笑顔で私を迎えた。」私には何が気になるのか、熱心に質問しなくてはならないと念をおした。 私は何時間でも楽しく話していた。 かを尋ねてみると熱を答えた。 唯一大変なのは写真撮影だった。 自然にありって言われてるのに、カメラの前にいるという事実自体が自然ではないのにどのように自然に存在するのか、それが疑問だった。 だから、常に前に撮影された30分の分量は、捨てられ31分ごろ、圧力にも疲れた私は、しばらくモンヘているとき、良い写真が出てきた。 ああ、秘訣はモンヘジは、なんだね! それ以降は撮影が始まるやいなやモンウルテリョトドニ結構賞賛まで聞くようになった。

写真にだんだん要領が増えた一方、インタビューでは、どんどん難しくなって行った。 親しい記者のお姉さんにこんな話を聞いた。 『君はあまり声をかけて。 そのような相手はインタビューウェイとしての魅力がない。 神秘感がなくなって、次の再みるという気がドゥルジャンア? ショックだった。 こんなことが。 優しい子は魅力なく、そのような脈絡のか!? この世の中そんなに無邪気にむざむざに行われていなかったのか?! 私が幼い時に嫌いだったのインタビューがのようにグルオヤするのか、私は、恋愛もミルダンウルでいる人なのに、こんなことが。 しかし、その次に来るショックに比べれば、これはショックでもなかった。 あなたは、このような人ですよね! 語ではないんです。 ふん! マトジャンアヨ! あっ、ないんです! エイマトジャンアヨ! 反復的に行われたインタビューを何度も経験して私は混乱に陥った。 インタビューは、真心を送受信する時間がない、虚空に刃物の使い方をする時間だったのだろうか。 なぜ彼らが尾を取れないようにしてページの中の逃走をダニョトヌンジ初めて理解した。 最初から胴以外コリマン追うゲームであり、尾は取れないことが美徳だった。

その次からは悲観的だった。 一生を考えても分かるかどうかという問題に、私はどうして答え雑談。 自分の無意識を、私はどうしてアンダム。 そうするうちに北海道に行って新鮮に会って、平和を得...ははなかったし、なんとなく大丈夫になった。 目つきだけ見ても通じる人がいて、昼夜を話しても平行線に乗る人がいる。 ゆえに、このインタビューもあって、あんなのインタビューもある。 電子を検出すると幸運なものであり、後者に会えば少し大変なのだ。 自分のどの部分にルーペを置くとれ方によって内容は変わるもので、拡大鏡だからある程度の歪みはあるが、事実、それもすべて私の体です。 吉田修一兄を思い出してみるとされる。 自分たちが優しくて真摯で賢明な、ユーモアあり、真心、よく分からなければ、すべての問題は解決されているのだ。 おっスィプネ!

この前に<シネ21>のようなインタビューは、私がここで連載してではなく、(実際なのになぜに記してみ不思議では)一番良かったのインタビューのうちの一つだった。 鋭い質問をしながらも、答えは開いたままだったし視線に温もりがあったと思いますが、もちろん、私の勘違いだったこともある。 写真を撮ってくれた写真記者も本当に最高だった。 ういいいいといった雰囲気で写真を5分で撮ってはところで、後に結果を見るとおお、この叙情性は何ですか。

私はまだ男のインタビューを読むのが好きだ。 私のインタビューを読むにはまだ嫌いだが、それでもたまには、インタビューが楽しい。 尾はなく、胴体をいきなり捕らえてくれるインタビュアーがいるからだ。 そのようなインタビュアー手からパダクイヌンtartnessは私だけ好きなんですか?

文:チウン( ミュージシャン )2011.02.11

イラスト ガンボナ
by kazem2 | 2011-02-12 20:39