ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2011年韓国映画「スリラー」おさえ「コメディ」浮かび上がる

☆news.nate.com
e0109292_209076.jpg






[マイデイリー=ギムギョンミン記者]
『スリラー' - '青少年観覧不可'て'感動、笑い、' - '全年齢観覧'浮かぶ

2008年のナ・ホンジン監督の'追い手'で開始されたスリラーの成功の方式は、今年の映画館では、食われるようになった。

『追撃者』の成功以来、韓国映画界は、先を争って強烈なビジュアルと暗く、残酷な作品作りに没頭した。 その結果、2009年から2010年までに興行の作品は、いくつかのスリラー水となり、昨年には『おじさん』が630万人の観客を動員するほど、その人気はピークに達した。

しかし、その渦中にスリラーのジャンルは、その程度が緩和されるか、または、新しいコードを盛り込むなど、変化を遂げていた。 『おじさん』の場合、隣の女の子を求めるという感性のコードを挿入してスリラーにドラマを挿入した結果、このような興行成績を収めたと評価されている。

スリラージャンルの没落は、『悪魔を見た』以来、取り上げされ始め、「黄海」で、極端を成し遂げた。 イ・ビョンホンとチェ・ミンシクが主演した『悪魔を見た』は、キム・ジウン監督ならではの演出で、海外映画祭で好評を受けたが、国内の一般的な観客には、"あまりにも残酷である"という評価を受け、期待以下の興行成績を収めた。

『追撃者』のナ・ホンジン監督のシンジャクイン「黄海」また、野心満々と公開したが、250万人の観客という制作費に比べ低調な成績表を受けることになった。

「黄海」以後、2011年に映画界には、定石的なスリラーのジャンルを見つけることができない。 パク・ヘイルとキム・ユンジンが主演した『心臓が走る』がスリルロラ言える作品だが、
『家族愛』というドラマがより引き立って見える作品だった。

結局、今年封切りヒット作は、チャ・テヒョン、カン・イェウォン主演の感動コメディ『ハローゴースト』のキム・ミョンミンのコミック史劇「朝鮮の名探偵:トリカブトの秘密」、
シム・ヒョンレ監督のコメディー映画「ラストガトパド」だけだ。

年明けという点を勘案して、家族全員が見られる映画を探す映画館の雰囲気の可能性がありますが、現在制作中の各メーカーのラインナップを見ても、スリラーのジャンルはもう後回しだ。 「7鉱区」、『クイック』などは、アクションに重点を置いたヨウンファゴ、「ゴジジョン」は、韓国戦争を背景にした戦争ドラマの映画だ。

この他にもすべてが太いの作品を見ると、いくつかのドラマに重点をおいた映画がほとんどである。

80年代の『男たちの挽歌』、「チョプヒョルサンウン」などのアジア圏を越えて全世界を搖らした香港ノワールのジャンルは、自らの限界にぶつかって、没落の道を歩むことになった。 韓国の興行の方式だったスリラーのジャンルがこのまま歴史のドィアンギルに消えるか、それとも『おじさん』のような新しいジャンルを作成することにより復活できるか注目される。

[写真=上の朝鮮名探偵 - ハローゴースト、以下の悪魔を見た - 黄海]

(ギム・ギョンミン記者fender@mydaily.co.kr)

記事情報提供および報道資料 press@mydaily.co.kr
- NO.1ニューメディアリアルタイムニュースマイデイリー( www.mydaily.co.kr )著作権者ⓒマイデイリー。
マイデイリー 記事転送 2011-02-11 08:46
by kazem2 | 2011-02-12 20:21 | kim jee woon