ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[電影客桟]成長、退行のためのアリバイ

☆cine21.com
<グローブ>を使用して調べる、韓国映画に対するどのような展望
e0109292_2282360.jpg











<グローブ>は、あまりにも透明で秘められた場合はない面が完全に映画のように見える。
しかも実話を素材にするという事実は、映画をより透明で見えゲクムする錯視現象を生む。
しかし、実話素材の映画の中で私たちが集中しなければならないのは、実話そのものではなく、彼に生気を吹き込むフィクションの次元である。 だいたいあまりにも透明な映画は、批評的な注目を集めて大変だけど、<グローブ>は限りなく透明に見えるフィクションの次元が、以前の映画の流れからの連続と断絶の軌跡を描くという点に注目する必要があるようだ。 もちろん、それが断絶かより以前の物の回帰かもまだはっきりしていない。 エラーの可能性をムルプスン(あるいはエラーの勝利を望む)韓国映画の見込み。

カン・ウソク監督の映画の演出は、透明さとやぼったい艦の境界に位置したりする。 彼の映画の中で、透明性(またはツバクハム)は、人物の自己主張(それは主に、カン・ウソクの社会的、政治的なメッセージの表明でもある)を込めて出す方法、またはそのような人物と観客の関係を設定する方法で、もっと露骨に表示される傾向があるている。 実際は、カン・ウソクのように人物の顔を直接、それも正面から観客に突きつけ監督は珍しい。 カン・ウソク映画は彼だけの自信がついてナゴンしたが、これは何よりも監督自身がしたい話と観客が聞いて(見て)と思う話が異なっていないという信念から始まったようである。 そのような信仰が直接的に表出される時、カン・ウソクの映画は、やぼったいと透明性の境界線に立つ。

<グローブ>やっぱりカン・ウソクの映画には繰り返しの人物を正面からとる。 群山商業高校との練習試合後、ギム・サンナムが道路の真ん中で、人生の教訓を並べるの場面は、人物と観客を直接遭遇させようと、カン・ウソクの演出方法を端的に示しています。 普通の映画なら、もっと側にカメラを位置させるけど、カン・ウソクは、観客が青磁の席に『もっと近くに』位置することを望む。 もちろん、映画の中でリアクション(または応答)は、特定の人物(たち)の分け前に表示されるしかないが、カン・ウソクは、それが画面に直接出てくることができないしても、実質的なリエクションウイ主体は、観客(の感情)でなければならないと信じる。 <グローブ>で、これらの演出は、学生が自分の意志を表出する瞬間ごとに繰り返し登場する。 だからギム・サンナムの説教に目線で答えているシーンは、両親と校長先生の前でひざまずいて野球部の存続を主張する場面、試合を中断させようとするギム・サンナムにずっと試合をするという意志を伝える場面などで、映画は、野球部員の顔を観客と直接対面させる。

もちろん映画は、カメラのパラメータを介してのみ存在することができるという点では、どのような対象を透過させ、観客と会うことはできない。 しかし、カン・ウソクは、人物の顔と、その視線、そしてセリフなどが、観客とムメゲジョクウロ会うことができると、そして、そのためには、その瞬間だけは映画(カメラ)が透明にならなければならないと信じるの監督である。 もちろん、それが時には映画をやぼったいだというより説教的に見えるようにして、不本意ながら劇の世界を崩すソギョク効果を作成して、失敗の道に入ることがしばしば発生しますが、(<朝鮮半島>は、その最も端的なサリェイルする)、カン・ウソクは、このような信仰を撤回しないようとする。 カン・ウソクがバイパスより直線的に伸びて行くことを楽しむ自分の好みを隠すとき、彼の映画は、透明度とやぼったいの間で、はらはらする綱渡りをする。 もちろん、前作だった<コケ>からのカンウソクは、いくつかの場面を除いては、自分の好みと違う道を行くようボイギンていたが、<グローブ>のカンウソクは、映画が透明にならなければならないと信じる瞬間だけは誰が何をしても、(ギム・サンナムの教えを借りれば)、自分のゴンゾにボールを投げる。

模倣1、カン・ウソクの教育や自己反映

劇的障害や葛藤を、最終試合で克服し、解決することは、スポーツ映画の典型的慣習である。
また、このようなジャンルで意欲を失った過去のスター選手が情熱だけでいっぱいの選手たちを指導しながら、忘れていた初心に帰るという設定が重なったことも不慣れではない。 お決まりのものの安定的な組み合わせが常に成功を担保することはないという点で、<グローブ>はお決まりのものの食傷することを勝ち抜いて、観客の感情を掘り下げるかなり巧妙な商業映画だ。 このような面<グローブ>が最も似ている映画は、<マラソン>である。 実際に<マラソン>のコーチと選手の関係は、<グローブ>でギム・サンナムと野球部員の関係でそのまま繰り返される。 しかし、この二つの作品の類似性は、お互いがお互いを模倣し、一段階成長する一種の成長の塀を見せていることにある。 <マラソン>の人物との間の模倣関係は、映画の核心だった。 自閉症の息子と、いつのまにか、その子に似てしまった母親の模倣が一方にある場合は、もう一方には『草原の足は百万ドルという母親の教えを自分たちの生活に統合することに成功した草原(チョ・スンウ)の模倣がている。 そして、それがまたしても母の模倣を生んながら、家族の統合が完成する。 <グローブ>が<マラソン>同様に模倣という設定が劇を豊かにすることに成功したかどうかについては疑問もありますが、この映画も、人物の間で行われるのは、『相互模倣』が彼らの成長に最も重要な契機として機能するほどは明らかである。

一方で、<グローブ>はギム・サンナムを模倣する、または彼の教えを内面化する野球部員たちを盛る。 この関係で、<グローブ>が定義される模倣は、とても現実的だ。 <グローブ>は、模倣を次のように定義する。 模倣:漏らすのがあれば無条件で下に潜っては漏らすんだペモクヌンこと。 これが<グローブ>が提示する模倣のセギェゴ、カン・ウソクそれなりの教育である。 <グローブ>は、相手DFの足に向かって突進してでも生き残らなければならないか、それとも勝敗に関係なく楽しむことが重要なのか、という問題についての判断を直接に現わさない。 二塁ベースランニングを身をもって教える過程でギム・サンナムとナ・ジュウォン(有線)が対立するときに、映画は回収(チョ・ジヌン)の登場によってこれに対し、結論を下すことなく、その状況を完了する。
しかし、<グローブ>は、「どのようにしても」生き残らなければならないと力説する映画に近い。 カン・ウソクが見たときに、与えられた状況を楽しむというのは、生き残るために余力を持っている人たちの余裕のくちばしの命日だ。 <グローブ>はギム・サンナムが主人公であるにもかかわらず、野球の試合の描写にあって監督の介入を概ね自制する。 ギム・サンナムは一緒にトレーニングしながら、野球部員たちより前に立って走って、彼らよりも一回りより動くことを身をもって示すだけだ。 野球部員たちの試合で1勝の世界で生き残ることを学ぶコースの場合は、監督の介入なしに、彼ら自身が競技を解いて行くようにすることは最善の選択である。 そしてそれは(たぶん)カン・ウソクがボディに体得した生活原則である。

<グローブ>の試合の場面はどんな映画よりも誇張で淡泊な味がある。 ギム・サンナムは、練習試合の相手だった群山商業高校野球部に言う。 踏んで好きなだけ踏まえると、ちょうどガヨプゲ表示したり、同情することはなと言われる。 そして、その後の映画は、誠心学校野球部が群山商業高校にどのようにバルヒヌンジ詳細に示す。 この場面は、やや感傷的な音楽が敷かれていても概ね事実である。 映画は、グラウンドにごろごろと転がる姿があまりにも透明に観客の視界に露出させ、彼らが美しくないかとでるように見える。 彼らに一試合一試合が世の中の偏見と戦うことであろう侮れないこの世界で生き残るために身震いなら、カン・ウソクにこの場面は、同情の対象ではなく、美の対象であり、それが長い上映時間にもかかわらず、この場面を簡潔に処理されていない理由だ。 <グローブ>は、最近主流の韓国映画の流れをドゥンジミョ生き残ろうとする人物(たち)のもがきを「どんな皮肉もなく、美しい」と言われる。 <グローブ>が、カン・ウソクそれなりの教育ハクイルすることができるなら、それはこの映画の監督であり、プロデューサーとしてのカンウソク自分自身を反映する作品という意味である。 だから、拝謁がコルリミョン自分の下に入ってきて漏らすことがあればすべてペモクオボラは、模倣の要求はギム・サンナムではなく、映画の後輩たちのカンウソクの教育学というわけだ。 カン・ウソクこの例で後輩の映画人たちは、自分から生き残る方法をもっと学ばなければならない。 拝謁がコルリドラド。

<グローブ>は、もう一方でギム・サンナムが野球部員を模倣し、失ってしまった自分の初心を回復する過程を示す。 ところが、このような模倣の関係は、<グローブ>をもっと広い文脈に位置するようにする。 これで、私たちが頼まなければならないのは、<グローブ>の透明性が何を欠落させた見返りに可能か、というものである。 これは、映画が本質的に透明な媒体であることができるか、という質問ではなく、<グローブ>は、聴覚障害者を観客と透過的に対面にするか、という質問が必要だということだ。 これは、(実話の透明性がフィクションでドィトバトチムドゥェル時)フィクションが果たして正しいこと、および公正な方法で実話と結合されているが、質問と相通じるものでもある。

模倣2、トゥェヘンジョク共同体主義

<グローブ>は、韓国映画に蔓延するという確信を失って彷徨する個人に共同体というの垣根をプレゼントしようとする。 <グローブ>は、昨年の韓国映画では主要な問題意識だった生き残らなければならないという生活の問題を敷いているという点で、過去との連続線を持ちながらも、それが隔離された個人の記述から脱して、特定のコミュニティの注意を模索するという点で、断絶のポイントを内包する。 <グローブ>の共同体主義は、人物たちの成長を担保する。 野球チームという共同体を介して誰かは、初心を取り戻して、誰かは、人生の動力を得る。 しかし、聴覚障害者の野球部を媒介とする共同体主義は、何をベースに存立可能なものだったのだろうか? <グローブ>は、特定の環境との戦いの野球部員たちの姿を透明に映すように見えますが、実際には彼らのうち誰も自分たちを取り巻く環境についての質問しない(これに疑問を抱いていたこれは、野球部を去る)。 <グローブ>は、常に外部から彼らに何かを強制されることを批判しながらも、そこから自分自身と自分を取り巻く環境についての質問を省略させたのは、この映画が持つ二重的態度だ。 <グローブ>は、聴覚障害者の主体ではなく、対象とする映画に近い。 <グローブ>は、彼らの体験の中に溶け込んでいる音の無い野球を示さない。 聴覚障害者が体験する音の無い野球ではなく、野球する人々を観客である我々が望むだけだ。 これは、<グローブ>が世界を感じている聴覚障害者の映画ではなく、彼らを見つめる観客の想像のための映画という意味でもある。 つまり、<グローブ>は、私たちが忠誠心学校の野球部員から、模倣することは、彼らの純粋な情熱と言うようだが、(ギム・サンナムがそうであったように)、そのために誰かは問いませんも計算もなく、共同体の中に無条件に統合されなければならない。

<グローブ>は、聴覚障害者のための映画なら、それはあくまで校正主義的な観点からだけそうだ。 だから聴覚障害者のための映画の態度は、彼らの物の言えないと呼ばれる人たちに『聴覚障害者』が正式呼称であることを示す以上のことはない。 もちろん、これらの校正の注意にもかかわらず、彼らに対する社会的関心を呼び起こしたという点で、無用のものではないが、それが共同体の純粋無垢な情熱を保つために、自分自身と世界について質問する主体の座を奪っているという点は、<グローブ>が先頭に立つ(可能性のある)社会主義に内在危険である。 (表面上は<グローブ>とはまったく別の世界を描いた映画のように見えますが)そのような共同体主義の悲劇的な最後は自殺の身振りで一貫していた<シルミド>の共同体が証明している。 <実尾島>の盲目のコミュニティの宣伝は<グローブ>で、純粋無垢な共同体主義で外見だけ変えただけだ。 コミュニティのメンバーの主体性が削除された純粋無垢な共同体主義が与える感動は、観客のトゥェヘンジョク感情に依存するものだ。 <グローブ>は、自分(またはそれらが属する共同体)についての質問を投げていない少年たちの共同体からの再俳優と、彼らを模倣し、初心を回復するために、そしてそれが人物の成長だと言う。 韓国映画の中で失われた何かを回復しなければならないと言うとき、それは男の子に表象されている質問していない無知の視線への回帰であり、それが社会主義を可能にしていた。 この時、成長は退行のためのアリバー一泊二日だけだ。 問題は片化された個人にそれらを遅らせることができる希望に共同体が、(財)に登場したという事実にあるのではなく、そのような共同体が再び退行と盲目のテクストゥジョク兆候の中で、私たちの前に出現したという事実にある。

文:アン・シファン( 映画評論家 ) 2011.02.10
by kazem2 | 2011-02-10 22:28 | Comments(0)